私たちは、かって同じ民放の職場で働いた者と現役でつくった「民放9条の会ふくおか」です。2007年3月に結成しました。私たちの目的は、「9条の会」呼びかけ人の主旨に賛同し、その趣意をひろげ戦争に反対するためです。それが憲法9条を守ることだと思います。

*********************************************************************
本ページの主な内容  
  ・5・3憲法記念日つどい  2015.4.17
  ・憲法講演会のご案内 2015.3.20
  2015 福岡県民大集会のご案内 2015.3.20
  憲法違反の集団的自衛権に反対する市民集会 2014.11.17
  沖縄県民に連帯する11.12福岡県民集会 2014.11.5
  2014憲法フェスタin天神 に参加を 2014.10.21
  9月9日「平和の鐘」鳴り響く 2014.10.21
  「原子力マフィアと原発再稼働」講演会のご案内  2014.9.21
  「集団的自衛権行使を許さない福岡市民集会」のご案内  2014.6.15
  ・メーデーでビラまき  2014.5.7
  ・第85回メーデー  2014.4.27
  ・九大入学式でビラまき  2014.4.11
 福岡県民集会のご案内  2014.4.11
  ・さよなら原発3.9!福岡集会  2014.3.5
  ・九州地連 あっせんを申請  2013.11.29
  ・2013憲法フェスタin天神のご案内  2013.10.10
 Tプロ、新たな派遣先を提示 2013.9.28
 原発の再稼働を許さない─「 さよなら原発!11・.10九州沖縄集会 2013.9.19
 9月9日、県内100カ所で「平和の鐘」響く 2013.9.19
 宮﨑裁判、 最高裁 上告不受理を決定  2013.8.22
 「業務実態の精査」を要請  2013.6.26
 憲法講演会のご案内 2013.6.17
 TNC宮崎裁判 最高裁要請行動・・・6/20 東京  2013.6.12
 テレ西40条の会(派遣法)総会のご案内 2013.6.11
 第84回メーデーでビラまき   2013.5.10
 TNC正社員化裁判原告 宮﨑さんの「新たな派遣先」就労について  2013.5.5
 宮崎裁判 最高裁へ要請はがきのお願い  2013.5.3
 「憲法記念日のつどい」の案内  2013.4.14
 九大入学式でビラ配布  2013.4.14
 最高裁へ「理由要旨」を提出  2013.3.24
 派遣13人を正社員と認定 マツダ「派遣切り」裁判  2013.3.16
  3.10さよなら原発!福岡集会  2013.3.3
  ・西日本新聞社でビラ配布  2013.2.27
  ・TNCは宮﨑さんへの直接雇用の申し込み義務を果たせ  2013.2.6
  ・民放労連大会 宮﨑争議の早期解決及び宮﨑君の雇用を守るための決議を採択  2013.2.1
  ・高裁判決の評価と最高裁闘争にあたっての課題 (弁護団主任 弁護士 井 下 顕) 2013.1.2
  ・放送この1年/ 民放労働者のたたかい  2012.12.31
  ・宮﨑裁判、最高裁へ上告  二審での前進面を運動に  2012.11.30
  ・一審突破も控訴棄却 請求却下  2012.11.23
  ・さよなら原発!11.11福岡集会のご案内 2012.11.3
  不当にも控訴棄却、直ちに上告  TNCの派遣法違反は明確に認定  2012.10.31
  正社員化の請求を棄却 テレビ西日本訴訟 2012.10.30
  ・11・3憲法フェスタin福岡のご案内  2012.10.27
宮﨑裁判 29日判決  2012.10.26
   ・オスプレイ沖縄配備反対、集会とデモ 300人参加  2012.10.22
   「オスプレイ沖縄配備に反対する集会」の御案内  2012.10.19
   公正な判決を要請しますー裁判所前で宣伝行動  2012.10.10
   TNCの雇用責任を問う宮﨑裁判に支援を! 2012.9.29 
    さよなら原発集会に2500人2012.9.29
   ・基地と憲法を考える集い 2012.9.20
   配転命令撤回と福岡支店への配置を命令 9月3日福岡県労働委員会 2012.9.18
   ・TNC社員化・宮﨑裁判 「公正判決要請」団体署名のお願い 2012.9.17
   ・ 23日さよなら原発!福岡集会2012.9.14
   ・九州地連定期大会、宮﨑裁判の支援決議採択 2012.9.13
   ・宮﨑裁判、控訴審 結審 2012.8.26
   ・「TNCに対し派遣切りの撤回を指導せよ」 福岡労働局へ要請行動 2012.9.1
   ・九州総合通信局で宣伝、要請行動 2012.9.1
   ・テレ西40条(派遣法)の会 総会の案内 2012.7.19
    宮﨑さんが12年も働いてきた実態を考えよ―裁判長2012.6.29
   宮﨑裁判 控訴審6月18日 2012.6.2
   第83回メーデー開催  2012.4.21
   裁判所前で宣伝行動  2012.4.11
   2012憲法記念日のつどい 2012.4.7
  ・「入学おめでとう!平和な未来は、君達の手で!」九大入学式でビラまき  2012.4.6
   ・宮﨑さんの派遣切りに抗議の宣伝行動 2012.4.3
   3・11さようなら原発!福岡集会 2012.3.5
   ・不当判決に控訴、宮﨑裁判勝利まで闘い抜くー「テレ西40条の会」 2012.3.4
  「正社員化」裁判をたたかうーテレビ西日本で働く、宮﨑幸二さん 2012.2.26
 
  ・宮﨑裁判 請求棄却の不当判決ー支援共闘会議が声明 2012.2.12
   
派遣法判断避け棄却 テレビ西日本、正社員化認めず 2012.2.10
   ・裁判勝利で正社員に- 福岡で決起集会  2012.1.25
   ・宮﨑裁判いよいよ判決 2012.1.8
   ・新たなる前進に向けて-テレ西40条(派遣法)の会  2012.1.8
   ・日航は不当解雇を撤回せよー福岡で決起集会開く 2011.11.29
   ・さようなら原発 福岡集会に1万5千人が参加 2011.11.24
  さようなら原発!福岡1万人集会 2011.10.29
   ・2011憲法フェスタin福岡  テーマは「原発と憲法九条」 2011.10.18
   ・格差容認しない判決を TNC正社員化裁判が結審  2011.10.1   
   「TNC社員化裁判」結審 ~宮﨑さん、切々と意見陳述~ 2011.9.30 
   宮﨑裁判結審に当り宣伝行動を開始  2011.9.26
   民放業界の違法派遣ただす 正社員化裁判28日結審  2011.9.12
   宮﨑裁判 9月28日 結審、 年内判決も  2011.8.2
   ・テレ西40条(派遣法)の会 第3回定期総会開催  2011.8.2
 
 会社側の事実誤認明らかに  「宮﨑裁判」本人尋問終わる  2011.7.11
   原告・宮﨑さん堂々証言-Tプロ宮﨑裁判 2011.7.6
   原告・宮﨑さん本人尋問・・・6/1福岡地裁 2011.6.16
  TNCは「社会正義」を実現せよ-「宮﨑裁判支援共闘会議」議長 白垣詔男 2011.5.13
   TNCは正社員化を、福岡地裁 原告側証人が弁論 2011.5.2
   2011年憲法記念日のつどい 「映画と憲法の話」 2011.4.30
   ・5月1日第82回メーデー開催 2011.4.30
   あす宮﨑裁判 証人尋問  2011.4.26
   読売「押し紙訴訟」真村裁判・平山裁判判決  2011.3.11
   宮﨑裁判、証人尋問決定 ~4/27、6/1、大法廷で集中審理 2011.3.7
   ’11春闘、集会と講演のご案内 2011.3.1
   「NTT労働者を支援する会」第9回総会を開催しま 2011.2.20
   「宮﨑裁判の公正判決を求める」署名のお願い 2011.1.14
   西南大学でビラまき 2010.12.5
  証人尋問は来年2月以降に-「宮﨑裁判」原告側は4人申請へ 2010.11.30
   「憲法フェスタin天神」に300人 2010.11.30
   宮﨑裁判、来春証人尋問  2010.11.27
   「支援共闘会議」発足が各団体の機関紙に掲載される 2010.11.4
  「支援共闘会議」結成後 初の口頭弁論 次々回から証人尋問予定 2010.10.28
  '10憲法フェスタin天神の案内 2010.10.25 
   「宮﨑裁判支援共闘会議」を結成~運動の強化発展へ~ 2010.10.23
   民放労連九州地連が 「宮﨑裁判闘争」支援を決議  2010.9.20
   「NECセミコン争議団」原告・柴田さんが傍聴ー宮﨑裁判第7回口頭弁論 2010.9.9
   次回宮﨑裁判(第7回口頭弁論)のお知らせ 2010.8.24
  日本国民救援会  「宮﨑さんの正社員化を求める決議」を採択 2010.8.18
   民放労連 「宮﨑裁判闘争」支援を決議 2010.8.6
  支援の強化、運動の強化を--テレ西40条の会 定期総会開催 2010.8.2
   最小不幸社会、菅首相の哲学信じたい 朝日新聞  2010.6.30
  ・テレ西40条(派遣法)の会 第2回定期総会開催のお知らせ 2010.6.26
   裁判長、被告側に「3点への回答」を指示宮﨑裁判第6回口頭弁論 2010.6.18
   会社側、「無線業務日誌」と「勤務表」を提出  2010.4.20
   「入学おめでとう、平和な未来を皆さんの手で」 九大入学式でビラまき  2010.4.15
   9条の会福岡県連絡会が「いのちと憲法を語る」講演会開催   2010.3.8
   裁判長、初めて「無線業務日誌」に言及ー宮﨑裁判、法廷・内外に71人の傍聴 2010.2.12
   ・宮﨑さん、「ひと」欄で紹介ー「しんぶん赤旗 2010.2.6
  宮﨑裁判提訴この半年ーテレ西40条(派遣法)の会会報  2010..1.15
  傍聴者満員で向かえた、初の大法廷ー宮﨑裁判第3回口頭弁論  2009.12.5 
   TNCに社員化を求める「宮﨑裁判」 第3回口頭弁論 傍聴のお願い 2009.11.27
   九条の会第7回憲法セミナー開催 2009.10.24
   ・'09憲法フェスタin天神の案内 2009.10.24
   宮﨑裁判、「労働者派遣契約書」の提出を会社側に指示---裁判長 2009.10.18
  ・TNC宮﨑裁判 14日に第2回口頭弁論 2009.10.8
  ・派遣切り寸前正社員に  労組の支援受けた2人 KBS京都カメラマン 2009.9.29
  ・
「九条の会福岡県連絡会」が新聞意見広告で賛助金を募る 2009.9.25
  ・溢れる傍聴席「廊下で32名が待機」  宮﨑裁判第1回口頭弁論始まる 2009.9.4
   「宮﨑裁判」 訴状 2009.8.11
   「宮﨑闘争」を理解するために  「テレ西40条(派遣法)の会」の「見解」 2009.8.8
  宮﨑裁判、第1回裁判9月2日に決まる 2009.8.6
  ・宮﨑さんの提訴、新聞で大きく報道される 2009.7.23
   宮﨑さん,提訴の新聞報道(6/27付)  2009.7.13
  多くの支援者が見守る中 宮﨑さん、提訴2009.7.3
  ・
「TNCプロジェクト」の宮﨑さん 福岡地裁 提訴日決定 ー  6月26日2009.6.20
   西南大でビラまき 2009.6.11
   80回メーデーでビラまきをしました2009.5.6
  09憲法記念日つどいの案内 2009.4.21
   ・九大入学式でビラまきをしました 20009.4.12
   TNCプロジェクトの宮﨑さん、地裁提訴を決定 2009.4.1
  ・Tプロの宮﨑さん、地裁提訴へ  「テレ西40条(派遣法)の会」臨時総会 2009.3.2
    民放労連争議支援統一行動でTNCプロジェクト労組争議支援集会が開かれる 2008.11.30
  ・第3回交流集会に900人余 9条の会は7,294に 2008.11.27
  ・
九産大でビラまきを行いました  2008.11.6
  舛添厚生労働大臣は職責を果たせ! 福岡労働局前で抗議のビラまき 2008.9.28
  ・宮﨑さんの社員化を要求し、TNCで初の朝ビラ 2008.8.22
  ・「テレ西40条の会」、舛添厚労大臣に要請文を送付 2008.8.13

 イラク帰還兵 アッシュ君と語る平和の集い 2008.7.25
   ・ 「平和のための戦争展ふくおか」開催の案内 2008.7.25
  福大で3回目のビラまきを行いました  2008.7.2
  厚生労働省は、派遣法違反のテレビ西日本を直ちに指導せよ 2008.6.26
  ・第6回「九条の会憲法セミナー」開催と参加者募集について  2008.6.19
   TNCプロジェクト・宮﨑幸二さんを支援する「テレ西40条(派遣法)の会」、発足 2008.5.31
  西南大の門前でビラ500枚配布 2008.5.27
   ・9条世界会議開催
 2008.5.10
  ・「テレ西40条(派遣法)の会」結成総会のご案内 2008.5.5
  ・メーデーでビラまきを行う 2008.5.1 
  ・08憲法記念日つどいの案内 2008.4.21
   ・「民放9条の会ふくおか」に名称変更しました 2008.4.12
  ・九大入学式で宣伝行動 2008.4.8
   ・「テレ西9条の会」第2回定期総会開催のお知らせ 2008.3.20
  ・九条の会が講演会 小田 実さんの志受けつぐ 2008.3.10
   ・宮﨑さんの「TNCへの直接雇用要求」のたたかいを支援する 2008.3.3


 憲法記念日のつどい

戦後70年 とめよう戦争への道

 日 時:5月3日(日・祝) 13時30分~16時30分(開場13時)

 第一部 九州交響楽団のメンバーによるコンサート
 第二部 「戦後70年 マスコミを問う」
     講師:青木 理さん(ジャーナリスト・ノンフィクション作家)
 会 場:福岡市民会館(大ホール)
 主 催:九条の会福岡県連絡会 参加費 1,000円
   
チラシはこちら
                                                                                                 2015.4.17
        トップへ                                                                               

憲法講演会のご案内

○ IS「イスラム国」問題と平和憲法を考える
 ―インドネシアのイスラム社会体験から―

 ・講師:木村 公一(牧師)

 日時:3月25日(水) 18時30分

 場所:福岡国際ホール(西日本新聞会館16階 志賀の間)
 主催:九条の会福岡県連絡会 参加費 500円
                                                                                                2015.3.20
        トップへ                                                                               

2015 福岡県民大集会の案内

福岡県民大集会の内容
 日時:3月22日(日) 13時00分開会、14時15分デモ出発、

                          15時30分デモ終了

 場所:冷泉公園 博多区上川端町7
 主催:福岡県民大集会実行委員会
 雨天決行です。
                                                                                               2015.3.20
        トップへ                                                                               


 憲法違反の集団的自衛権に反対する市民集会

  日 時 : 11月22日(土)
  集 会 : 13時30分~  デモ16時30分~須崎公園→天神
  内 容 : ① 基調講演「集団的自衛権閣議決定の問題点」
          ・青井 未帆氏(学習院大学教授)
          ・小林 節氏(慶応義塾大学名誉教授)
        ② パネルディスカッション
         「私たち戦争にいかねければならないんですか?」
          地元高校生代表、地元大学生代表、憲法学習市民グループ代表、
          青井 未帆氏、小林 節氏、毛利 倫(弁護士)
  場 所 ; 都久志会館
  主 催 : 福岡県弁護士会
   ○チラシ表 チラシ裏
                                                                                             2014.11.17                           トップへ                                                                               

 沖縄県民に連帯する11.12福岡県民集会 開催

11月16日(日)の沖縄県知事選挙を控えた12日,18時から警固公園で沖縄県民に連帯する集会とデモが取り組まれます。多くの皆さんとともに参加しましょう。


沖縄辺野古新基地建設反対!沖縄県知事選挙での翁長さん勝利!、
【沖縄県民に連帯する11.12福岡県民集会】
  日 時 : 11月12日(水)
  集 会 : 18:00~ デモ19:00~天神周辺
  場 所 ; 警固公園(福岡市中央区天神2-2)
 ○ よびかけ人 (五十音順)
  青柳行信・石川捷治・石村善治・西表宏・江口謙二・岡野隆・大村綾子・岡本茂樹・後藤富和・酒井嘉子  高柳英子・橋口俊則・春口和子・福澤利子・福田光子・渕上貞雄・前海満広・宮村みつお・村井正昭
 ○チラシ表 チラシ裏
                                                                                             2014.11.5                                トップへ                                                                               

 2014憲法フェスタin天神に参加を
  11月3日は憲法公布日です。
毎年、九条を世界に広げようの想いで文化イベントが開催されてきました。
今年は、安倍内閣が集団的自衛権行使容認を閣議決定したので、その発動を許さないために、集会とデモが取り組まれます。「戦争する国」にしないため、ぜひ多くの皆さんが参加しましょう。
チラシはこちら

      集団的自衛権行使 許さない全国統一行動
  日時 :11月3日(月・祝) 13時30分開会
    会場:須崎公園(天神5丁目) 
  主催:九条の会・福岡県連絡会 
  内容:オープニング 青年の平和への祈り
      第1部 文化アトラクション
           沖縄で活躍(福岡出身)のミュージシャン 歌と語り
           沖縄からのメッセージ KEN子
       第2部 若者と地域からの訴え
       第3部 デモ行進 15時00分・会場から市役所西広場前
                                                                                                2014.10.21  
    トップへ                                                                                                    

 9月9日 「平和の鐘」鳴り響く

9条の会が寺院や教会の鐘を鳴らす「平和の鐘」が、9日午前9時9分から県内各地で鳴り響きました。
福岡市内の光円寺では約30人が参加し、平和への思いを込めてかわるがわる鐘をつきました。
民放9条の会ふくおかは、光円寺の取り組みに8人が参加しました。
参加者は、午前8時すぎに福岡・郵便局前で、ビラまき宣伝を行い、通勤中の人に「憲法9条を守ろう」「集団的自衛権反対」を訴えるリーフレットを配りました。
   
                                                                                                     2013.10.21                                   トップへ                                                                                


「原子力マフィアと原発再稼働」講演会のご案内
 
日時:9月26日(金) 開場18:00 / 開始18:30
  講師:小出裕章(京都大学原子炉実験所助教)さん
  場所:福岡市立中央市民センターホール 
  主催:原発とめよう!九電本店前ひろば
      さよなら原発!福岡...
     「原発なくそう!九州玄海訴訟」福岡地区原告団・弁護団
  参加費: 800円
                                                                                            2014..9.21  
    トップへ                                                                                                      

 「集団的自衛権行使を許さない福岡市民集会」のご案内

  集団的自衛権の行使容認へと突き進む安倍政権のもとで、いま憲法をめぐる情勢が重大局面を迎えています。 この緊迫した情勢を受け、福岡では次の通り緊急の集会が開催されます。
皆さんお誘い合わせの上、是非ご参加下さい。

「集団的自衛権行使を許さない福岡地区市民集会」
  ・日 時 : 6月20日18:30-20:00 
  ・場 所 : 警固公園
  ・集会は30分間、 終了後 1.2キロほどデモ行進 
    警固公園→渡辺通り→パルコ→明治通り→西通り→岩田屋前交差点解散
  ・主 催 : 九条の会福岡県連絡会
                                                                                            2014..6.15  
    トップへ                                                                                                      

 メーデーでビラまき

  福岡地区のメーデーは1日、福岡市博多区の冷泉公園で開かれ、市民や労働者ら950人が参加しました。集会では、緒方満実行委員長(県労連議長)は「安倍首相の暴走を止め、安全で安心して暮らせる社会の建設を目指そう」と団結を呼びかけました。そして、すべての労働者の賃上げや長時間労働の是正、安定した雇用の確保などを求める「メーデー宣言」を採択しました。
  集会後、参加者は思い思いのプラカードを掲げ、明治通りから天神をとおり市役所前までデモ行進をしました。
 メーデーに参加した「民放9条の会ふくおか」は、開会前の9時からビラまきを行い、「安倍政権の暴走を阻止しよう!解釈改憲・集団的自衛権行使を許すな!」というビラ720枚を配布しました。参加者は10人, ビラの内容はこちらです。                                                                                      2014..5.7  
    トップへ                                                                                                      

 第85回メーデー
 5月1日、福岡地区のメーデーが冷泉公園で開かれます。第85回メーデーは、私達の生活と権利を破壊し、平和と民主主義を踏みにじる安倍「暴走政治」にストップをかけるメーデーです。
 4月からの消費税増税や社会保障改悪が生活を直撃し、雇用不安と長時間過密労働を強いる労働法制の改悪が進められようとしています。 労働者、国民の要求を掲げてメーデーに参加しましょう。

メーデーのチラシはこちら

        日 時: 5月1日 9時45分~アトラクション、10時開会、11時30分デモ
       会 場: 冷泉公園(福岡市博多区川端町)
       主 催: 第85回福岡県中央統一メーデー実行委員会   後 援:福岡県・福岡市
                                                                                        2014.4.27 
  トップへ                                                                                                            

 九大入学式でビラまき

 
 「民放9条の会ふくおか」は4月7日、九州大の入学式でビラまきの宣伝行動を取り組みました。伊都キャンパスに完成したばかり椎木講堂前で、新入生に「入学おめでとう!平和な未来を君達の手で!」と題したビラ700枚を配布しました。 九大入学式でのビラまきは毎年取り組んでおり、今年で8回目。10人が参加し、当会のビラのほか「福岡県9条の会集会」、「脱原発講演会」チラシを合計1700枚配りました。

  『平和と民主主義の発展を願う私達は、安倍政権の「戦争の出来る国」への暴走に深刻な危機感を持っています。暴走の先に何が待っているのか、是非若い皆さん達に考えて欲しい』とビラで訴えました。
               ビラはこちら                                                                                                                                                                                                                                                         2014.4.11  
    トップへ                                                                                                      

福岡県民集会のご案内
  
このままだと本当に日本が戦争する国になるのではの不安が一層募ります
九条の会福岡県連絡会では、つぎのような集会を開催します。
同じ不安をおもちの県民のみなさんぜひ参加ください.。  チラシ
 
      壊すな憲法 活かそう九条
 特定秘密保護法廃止・集団的自衛権行使許さないず
  福岡県民集会
  4月19日(土)13時―14時  終了後 デモ行進
  福岡市天神 警固公園
   主催 九条の会福岡県連絡会
                                                                                                           2014.4.11     
   トップへ                                                                       

さよなら原発!3.9福岡集会

  
 事故から3年 核の火を消すために
 
   3月8日から15日を「NO NUKES WEEK『福島を忘れるな!再稼働許すな!』」として全国各地で講演会、集会、デモなど多彩な行動が取り組まれます。  福岡都市圏では9日、下記のとおり集会とデモが行われます。  原発再稼働を許さない集会に一人でも多く参加しましょう。


    さよなら原発!3.9福岡集会

     日 時 : 3月9日(日)午後2時集会開始、午後3時デモ出発
     場  所 : 須崎公園 
福岡市中央区天神5-8
   *集会は雨天決行です。
     チラシ表  http://tinyurl.com/mjzu7ft
   チラシ裏 http://tinyurl.com/ml5okhv
                                                                                                                  トップへ                                                                                      2014.3.5            

 九州地連 あっせんを申請
 「TNCに社員化を求める」宮﨑裁判は、最高裁の上告受理申立て不受理決定(7月4日)により終結しました。これまで5年有余に亘り裁判を支援し、闘ってきた「テレ西40条(派遣法)の会」は11月15日、総会を開き、会を解散することを決めました。 今後は、産別組織が中心となって「宮﨑さんの雇用を守る」闘いが進められます。 

 民放労連 九州地連は11月21日、福岡県労働委員会(県労委)に、宮﨑さんの不当解雇撤回を求めて、あっせんを申請しました。被申請者はTNCプロジェクト(代表者、甲斐義徳 社長)です。会社側があっせんを拒否することもありますが、あっせんに応じる場合は、早ければ年内に第1回 期日が開始される予定です。

  九州地連の各単組は、「宮﨑さんの雇用を守る」支援スト権を確立しています。TNC労組も60%を超える賛成率でスト権を確立しました。  
                                                                                      2013.11.29  
    トップへ                                                                                                      

 2013憲法フェスタin天神のご案内
  11月3日は文化の日、日本国憲法が公布された日です。
いま日本は、憲法九条を壊し、集団的自衛権を行使できる道にすすんでいます。また日本が戦争のできる国になるのではないか、そんな思いが日々強まっています。
 憲法を壊すのではなく、「武力行使しない九条の道こそ」の願いを込めて、憲法フェスタの集会に参加しましょう。 チラシはこちら

       2013憲法フェスタin天神
  日時 :11月3日(日・祝) 午前11時ー午後4時
    会場:福岡国際ホール(西日本新聞会館14階) 
  主催:九条の会福岡県連絡会  参加費:500円(高校生以下無料)
  内容:第1部 12時30分 ミニコンサート オカリナ・フルート・沖縄三線の演奏
       第2部 13時15分 青年からのメッセージ
       第3部 14時15分 憲法トーク、福岡から発信
          ・集団的自衛権と9条 斉藤文男さん(九州大学名誉教授)
          ・女性と憲法 林 弘子さん(宮﨑公立大学学長)
           ・宗教者と平和 木村公一さん(牧師)
   
                                                                                                2013.10.10  
    トップへ                                                                                                    

 Tプロ、新たな派遣先を提示

 Tプロは8月28日、宮崎さんに対し、現在の派遣先との派遣契約が9月末で切れることから、10月からの派遣先を提示してきました。 

業務内容はガスレンジ・エアコン・洗面所給排水管の点検修理、草刈、留守番等で、基本給は15万4千円、その他手当2万円、一時金なし、派遣期間は3ヶ月。これを本人が断れば9月末までに他を探すが、見つからない場合は雇用契約を打ち切る、つまり、雇い止め、解雇すると通知してきました。(9月18日基本給を18万円に修正、他の派遣先はないと通告)
 
宮崎さんの生活破壊を狙い、無線従事者(一技)としての誇りも切り捨てる、いやならヤメヨといわんばかりの許し難い解雇の脅しと言わざるを得ません。

                                                                                              2013.9.28  
    トップへ                                                                                                      

 原発の再稼働を許さない─「 さよなら原発!11・.10九州沖縄集会」

 9月15日、国内で唯一稼働していた関西電力大飯原発4号機が定期検査に入り、「原発稼働ゼロ」が再び実現しました。この日、大飯原発がある福井県では「もう動かすな原発!福井集会」が開かれたのをはじめ、全国各地で「原発ゼロ」「再稼働反対」の行動がとりくまれました。
  九電をはじめ4つの電力会社は、7月、「新規制基準」にもとづく再稼働申請を行い、来年初めにも再稼働を企んでいます。 いま再稼働阻止のとりくみが全国で計画されていますが、 福岡では11月10日、下記の通り、九州沖縄規模の集会が開催されます。  チラシはこちらへ

       さよなら原発!11・.10九州沖縄集会
   
   ○日時:11月10日(日) 10時00分 オープニング/前段集会/お祭り広場
                  12時45分 本集会  15時00分デモ
     ○ 場所:舞鶴公園(福岡市中央区城内1丁目)
     ○ 主催:
さよなら原発!11.10九州沖縄集会福岡実行委員会 

                                                                                         2013.9.19  
    トップへ                                                                                                      


 9月9日、県内100カ所で「平和の鐘」響く

「九条の会福岡県連絡会」は「憲法9条の日」と決めている9月9日、同県内100カ所以上の寺院やキリスト教会で「平和の鐘」が鳴り響きました。7年前から行っている運動で、年々、参加寺院、教会は増えています。
 この日はまず、午前8時すぎから福岡市中央区天神の福岡中央郵便局前で、「9月9日は9条の日です。平和の鐘が鳴り響きます」、「戦争はいやです」と印刷されたチラシを通勤者らに配り、マイクで訴えました。続いて、近くの光円寺に移り、午前9時9分、「連絡会」の石村善治代表が「憲法9条が全世界に輝くように」などと述べた後、初めに「平和の鐘」を打ち鳴らしました。その後、8人が次々に鐘を打ちました。

石村代表らは同市南区の油山観音へ移動、午前11時からは同観音の鐘を鳴らしました。同観音は「美空ひばり観音」として建てられたもので、これまでで最多の40人が参加し、まず、美空ひばりの平和を訴える歌「一本の鉛筆」を斉唱、続いて5人が「子や孫に戦争をしない日本を残そう」などと訴えました。(9条の会HPより転載)
                                                                                          2013.9.19  
    トップへ                                                                                                      


 宮﨑裁判、 最高裁 上告不受理を決定

 TNC社員化・宮崎裁判の「上告受理申立」について、最高裁は7月8日、「不受理決定」(7月4日付)を代理人弁護士宛てに送付してきました。これにより2審の福岡高裁判決(TNCの正社員としての地位確認、損害賠償いずれも棄却)が確定することになりました。
 残念ながら、2009年12月の松下PDP最高裁判決の壁を乗り越えることが出来ず、司法の場での正社員化認定の判断を得ることは出来ませんでした。

 
しかし、2審では、「TNCが宮崎さんに直接雇用の申込みをしなかったことは、派遣法40条の5に違反する」との認定がなされています。 現在でもTNCは直接雇用の申込み義務を履行していません。

宮﨑さんは、現在、TNCプロジェクトが提示した派遣先で就労していますが、この派遣契約は9月30日までであり、10月以降の派遣先は未だ決まっていません。8月末までにはTNCプロジェクトは、何らかの意思表示をしてきます。
 
  一方、宮﨑さんの雇用問題については、7月27日、28日の民放労連定期大会で、TNCおよびTプロが違法を認め行政指導などを受ける前に自主的に解決し、宮﨑さんの雇用を守るために支援していくことを決議しました。
                                                                                                      2013.8.22  
    トップへ                                                                                                      

 「業務実態の精査」を要請

 ~最高裁に31名が結集~

  6月20日、最高裁に「TNC社員化・宮崎裁判」の上告受理の決定と弁論開始を求める要請行動が取り組まれました。福岡からは当事者の宮崎さんと「テレ西40条の会」世話人会から3名が参加しました。在京からは27名の参加があり計31名が結集、あいにくの雨模様でしたが当日の要請行動を無事終えることができました。
 
   当日は13時15分から最高裁東門で事前集会を行い、経過報告、原告の決意表明後、次の6団体の代表から激励と連帯の挨拶がありました。
 ・全労連  ・MIC(日本マスコミ文化情報労組会議) ・民放労連 ・JCJ(日本ジャーナリスト会議) ・JAL不当解雇撤回裁判  ・客室乗務員原告団  ・明治乳業争議団
  集会では最後に最高裁要請団15名を選出し、要請団と報告会場(700メートル離れた都道府県会館)で待機する組に別れての行動となりました。
  
  14時からの要請面会には最高裁訟廷主席書記官補佐が対応。面会は30分と限られた時間でしたが、はじめに宮崎裁判支援共闘会議から、“宮崎さんは電波法で常時配置が義務付けられた無線従事者である。無線従事者の業務は、労働力の需給調整を目的とする一時的・臨時的業務を原則とする派遣労働とは相容れない業務である”。このことを説明し、九州総合通信局への要請書、労働局への要請書、高裁での和解の経緯等を記した書面・資料・ビラを提出。次に、「40条の会」から、最高裁が無線従事者としての彼の正しい業務実態と労働の態様を改めて精査するために、上告受理の決定を早急に行い、弁論を開始するよう要請しました。
  続いて民放労連、全労連、MICをはじめ各団体代表全員から最高裁が司法としての役割を果たし公正な判断を下すよう要請。
  最後に、宮崎さんが、派遣法違反を訴えて労働局および裁判に訴えたことに対する「TNCによる派遣切り、報復攻撃の実態」を訴え、団体署名(450団体)を提出。併せて、民放労連から「臨時大会決議」、40条の会から「定期総会決議」を提出し要請面会を終了しました。

14時50分からは要請団が都道府県会館に合流し、要請面会の報告と宮崎裁判闘争の経過と現状の報告を行いました。この中で、JAL不当解雇撤回裁判原告団からは「TNCのやり方はJALと同じで組合潰しが狙い、悪質だ。原告として共に闘いたい」と改めて連帯の言葉があり、また、東京地方争議団共闘会議の議長団体でもある明治乳業争議団からは、「東京での行動をやるときは東京争議団としても対応する」と、ありがたい呼び掛けもありました。

13時15分から16時までの東京でのはじめての行動でしたが、無事に終えることが出来ました。雨の中この行動に参加いただいた皆さん、準備段階からご協力いただいた皆さんに感謝いたします。ありがとうございました。

参加団体は以下のとおりです。
民放労連⑥、関東地連②、関東シニアの会⑥、全労連、MIC、JCJ②、明治乳業争議団④、JAL不当解雇撤回裁判原告団、国民救援会、出版労連、全農協労連、宮崎裁判支援共闘会議、テレ西40条の会②、原告、個人(元KBC)(数字は複数参加人数)。  
                                                                                                      2013.6.26  
    トップへ                                                                                                      


 憲法講演会のご案内
 九条の会福岡県連絡会は、次のとおり講演会を開催します。参議院選挙と憲法「改正」問題について斉藤文男さん(九州大学名誉教授)がお話します。お気軽にご参加下さい。 チラシはこちら

  ○日 時: 6月22日(土) 13時:30分~15時00分
  ○テーマ: 参議院選挙と憲法「改正」問題
  ○講  師: 斉藤文男 九州大学名誉教授(憲法学)
  ○会  場: 西日本新聞会館16階国際ホール
  ○参加費: 500円(高校生以下無料)    
  ○主   催: 九条の会福岡県連絡会
                                                                                                      2013.6.17  
    トップへ                                                                                                      

 TNC宮崎裁判 最高裁要請行動

最高裁要請行動」 ・・・ 6月20日東京で

昨年10月29日の福岡高裁判決(控訴棄却)をうけて、現在、最高裁に上告受理申立中となっています。福岡高裁は控訴棄却ながらも「TNCが宮﨑さんに直接雇用の申込みをしなかったことは、派遣法40条の5に違反する」とTNCの派遣法違反を認定しました。

しかし、TNCは今日まで「申込み義務」を履行していません。そのため、無線従事者の宮崎さんは、昨年4月にTNCの職場を追われたまま、今年4月からは遠隔地(北九州市)での建設業の営業職へと、全く未経験の業務への派遣を余儀なくされています。

この度、昨年11月9日の上告申し立てから半年が経過したのを機に、最高裁への公正判決要請、そのための上告申立の受理、弁論開始を求める要請行動を下記のとおり行なうことになりました。皆様の参加をよろしくお願いいたします。


       NC宮崎裁判「最高裁要請行動」

           ・日時:6月20日(木) 13時15分開始
           ・集合場所:最高裁 東門(皇居の堀側)東京都千代田区隼町4-2
          ・行動スケジュール
                  13時15分、事前集会「要請団選出」
                  13時45分、要請団入門
                  14時~14時30分、要請面会
                                                                                                      2013.6.12  
    トップへ                                                                                                      

 テレ西40条(派遣法)の会 総会のご案内
 テレ西40条(派遣法)の会は、次の日程で第5回総会を開催します。
会員をはじめ支援者の方の参加をお願いします。

    テレ西40条の会第5回総会
  ○日時:6月14日(金) 13:15~14:45
  ○会場:福岡市中央市民センター    
                                                                                                      2013.6.12  
    トップへ                                                                                                      

 第84回メーデーでビラまき

  福岡地区のメーデー集会は5月1日、福岡市の天神中央公園で開かれ、市民や労働者ら920人が参加しました。集会では、「テレ西40条の会」からTNCへ正社員化を求める宮崎裁判のたたかいの現状報告がなされ、引き続くご支援を訴えました。
 集会に先立って、宮崎裁判支援共闘会議と民放9条の会ふくおかは、午前9時から1時間、会場入り口でビラまきを行いました。この行動に11人が参加、ビラ350枚を配りました。また、3日の「憲法記念日のつどい」でも350枚のビラを入場者に配布しました。
ビラは、「憲法改悪を阻止しよう」「TNCは法律を守っていません」の2種類です。       
                                                                                                      2013.5.10  
    トップへ                                                                                                      

 TNC正社員化裁判原告 宮﨑さんの「新たな派遣先」就労について 

福岡高裁は、昨年1029日の控訴審判決で「TNCが宮﨑さんに直接雇用の申込みをしなかったことは、派遣法40条の5に違反する」と、TNCの派遣法違反の事実を認定しました(他にも、TNCの事前特定行為禁止違反、Tプロの専ら派遣禁止違反を認定)。

しかしながら、TNCは昨年3月末で宮﨑さんを派遣切りしたまま、今日まで「直接雇用の申込み義務」を果たしていません。

その中にあって、宮﨑さんと派遣元Tプロとの雇用契約が、先月3月末で期限切れとなることから、Tプロとの契約更新が当面の課題として、年明けから精力的に取り組まれました。これには、Tプロとの団交に毎回入ってもらうなど、民放労連九州地連からの指導、援助がありました。その結果、宮﨑さんは4月1日から新たな派遣先で就労することになりました。本人にとっては厳しい局面での苦渋の選択でした。就労に至る経緯と問題点については概略、以下のとおりです。

    Tプロ4月以降の派遣先を提示

TNCの派遣切りを理由に、昨年4月から宮﨑さんの就労を禁止し「自宅待機」処分としてきたTプロは今年に入ってから宮﨑さんの派遣先探しを始めました。しかし、実態は派遣先探しとは程遠く、数回、宮﨑さんを会社に呼び出し、数万件もあるハローワークのインターネット求人情報を渡し、「この中から好きな派遣先を探しなさい」と、嫌がらせとしか思えないやり方でした。

2月になって初めて提示した派遣先はサッシの組み立て会社で、通勤不可能な遠隔地でした。しかも、月額賃金は現行から9万円低く一時金はなし、派遣期間は3ヶ月と、住居を移し生活するのは不可能なものでした。これを断った宮﨑さんに対し、Tプロは3月8日に「新たな派遣先」を提示してきました。それが今回、就労することとなった派遣先です。

    「雇用期間は6ヶ月」を譲らぬTプロ

「新たな派遣先」は、北九州市八幡東区にある「総合建設業」の会社で、宮﨑さんの業務は「営業職」、派遣期間は4月1日から6ヶ月、宮﨑さんの月額賃金は現行と同一(一時金は支給、額は今後の交渉事項)というものでした。

交渉が難航(最終的には決裂)したのは、Tプロと宮﨑さんの雇用契約でした。宮﨑さんはこれまで、TNCプロジェクトの契約社員として10年以上に亘り1年間の労働契約をTプロと結んできました。しかしながら、Tプロは新たな派遣先との派遣契約が9月30日までという理由で、雇用契約期間も9月30日までとするという、これまでの反復更新を反故にする契約案を押し付けてきました。しかも、契約書案の中には「新たな派遣先が見つからない場合は契約更新は行わない」との文言もありました。

宮﨑さんは一般的な「登録型派遣」ではなく、雇用が保障された常用型の「特定派遣」です。派遣先との契約が930日までであっても、宮﨑さんとの雇用契約を同じ期間にする必要は何らありません。昨年8月10日に施行された改定労働契約法からも、従来どおり1年の契約更新を行うべきです。Tプロの新たな条件提示は、12年間の反復更新の実績をゼロに引き戻し、今後の雇い止めの意思を露にするものであり、宮﨑さんにとって到底容認できるものではありませんでした。

      Tプロに異議申立し、就労

以上の経緯から宮﨑さんはTプロと雇用契約について合意に至らず、下記の異議申立書を内容証明郵便でTプロに送付し、4月1日から新たな派遣先で就労しました。

 [異議申立の主旨]
「宮﨑さんが文書および団交にて労働契約の更新の申込をしたことにより、従前と同一の労働条件で労働契約が更新・成立している (労働契約法19条)。これと異なる労働条件にて就労するよう指示されることについては承諾出来ない。宮﨑さんは、今回のTプロの就労指示が、従前と同一の労働条件で更新された労働契約に基づくものとみなして就労する」

     雇用不安の元凶はTNC
     ~TNCは、宮﨑さんへの直接雇用の申込み義務を果たせ~

宮﨑さんは就労しましたが、●派遣先探しにあたってはハローワークの求人情報に頼っていたTプロがどうやって新たな派遣先を見つけてきたのか、●従業員8人の派遣先が、建設業の営業については全く経験のない宮﨑さんを受け入れて、Tプロが宮﨑さんに現行と同額の賃金を支払えるだけの派遣料金をTプロに支払うのか、●それとも宮﨑さんが常用型の「特定派遣」のため、当然のことながらTプロが宮﨑さんの賃金を補填するようにしたのか、●だとしたらTプロはなぜ雇用契約を派遣期間に合わせて半年にしてきたのか、これらの検証が必要です。

このように判然としない点が多い中、当面6ヶ月はTプロの雇い止めを封じることが出来ました。しかし、10月以降の雇用保障は何らありません。Tプロとの雇用継続問題は、宮﨑裁判闘争ではいわば場外での闘いであり、本筋ではありません。宮﨑裁判の真の相手方・当事者はTNCです。

  放送局・TNCにとって不可欠の無線従事者(一技)が、派遣法違反の是正(社員化)を求めて労働局へ申告および裁判に訴えたら、派遣切りし職場から追い出す。高裁から派遣法違反の認定を受けたら、法違反の是正をするのではなく子会社(Tプロ)を使って雇い止め(解雇)を画策する。このTNCの不法は一日も早く改めさせねばなりません。

TNCが宮﨑さんの雇用責任を果たさない限り、宮﨑さんの雇用不安は解消されません。

裁判闘争を進めていく上での生活資金確保のために、今回やむなくTNC以外の派遣先で就労することとなった宮﨑さんに対し、引き続くご支援をよろしくお願いします。(4月12日付「テレ西40条の会」会報17号より)

                                                                                                      2013.5.4
トップへ                                                                                                      

宮崎裁判 最高裁へ要請はがきのお願い
  TNCに正社員化を求める「宮崎裁判」は今年1月、最高裁へ上告受理の申立を行いました。
昨年10月29日の高裁判決は、宮崎さんと派遣先であるTNCとの直接の雇用関係は認めませんでしたが、3点に亘ってTNCの労動者派遣法違反を認定しました。派遣先TNCに対しては、「直接雇用申し込み義務」を定めた派遣法40条の5に違反する。同時に「事前特定行為(事前面接)禁止」にも違反する。派遣元TNCプロジェクトには、TNCのみに派遣する行為が「専ら派遣」に該当する違法行為があると、3つの派遣法違反の事実を認定しました。
 しかし、TNCは、高裁判決を無視したまま、今日まで宮崎さんに対する「「直接雇用の申し込み義務」を果たしていません。一方、派遣元Tプロは、先月4月から、宮崎さんを北九州市の建設会社の営業職に強制的に派遣しました。これは、宮崎さんが派遣法違反の是正を求め裁判に訴えたことに対する「TNC構内からの追い出し」の報復攻撃です。

 現在、支援共闘会議は、最高裁へ「上告受理申立と弁論の開始を求める要請はがき」を取り組んでいます。別紙文書のはがきを印刷し、一言書き添えてご投函下されば有り難いです。
団体署名は4月26日現在、369団体からご協力いただいています。ありがとうございました。
宮崎さんの正社員化裁判を勝ち取るために、引き続くご支援よろしくお願いします。

要請はがきの印刷は次の文字ををクリックしてください。
  ・「要請文」  ・「宛先」
                                                                                                      2013.5.3
トップへ                                                                                                      

 「憲法記念日のつどい」の案内

 日本国憲法は、アジアの人2000万人、自国民300万人の命を奪った戦争を反省し、戦争放棄・平和主義をアジアと世界の人に宣言しました。しかし、改憲の声が急速に高まっています。改めて、憲法の持つ意義を考え学びあいましょう。ぜひ、お気軽にご参加ください。(チラシ
と き  5月3日(金) 開場:13時00分  開演:13時30分
ところ  福岡市立早良市民センターホール
第一部 コンサート 九州交響楽団メンバーを中心とした管弦楽
第二部 講演 テーマ「東アジア新時代の憲法平和主義」
      講師 出水 薫先生(九大大学院法学研究員・教授)
主催  九条の会 福岡県連絡会
                                                                                                      2013.4.14  
    トップへ                                                                                                      

 九大入学式でビラ配布

 「民放9条の会ふくおか」は4月9日、福岡国際センターで行われた九州大学の入学式でビラ配布しました。恒例の九大入学式ビラは今年で7回目、この行動に9人が参加し、9条の会ビラ670枚と「憲法記念日のつどい」の案内ビラ520枚を配布しました。
現在、憲法改憲の動きが急です。安倍政権は、まず憲法96条の発議要件を「3分の2以上」の賛成から、「過半数」に緩和したあと、9条を改定しようとしています。
参議院では改憲派が3分の2を占める状況にはなく、国民の過半数は9条改訂に反対、改憲派は小数です。「9条の会」をはじめとする草の根の運動と力をあわせ、9条改憲をくいとめましょう。                            
                                                                                                      2013.4.14  
    トップへ                                                                                                      

 最高裁へ「理由要旨」を提出

 
1月7日上告に伴い「上告受理申立理由書」を提出しました。「理由要旨」には当方の上告の趣旨が簡潔に示されていますので、以下に掲載します。

「理由要旨」の要旨

本件は、原判決が認定したとおり、TNCとTプロ間の労働者派遣契約に、「専ら派遣」及び「事前特定禁止違反」が認められるところ、これら労働者派遣法違反の事実は重大な違法事由であって、「特段の事情」に該当すると考えられるから、宮﨑とTプロ間の労働契約は無効と解される。(労働者派遣の定義に該当せず、労働者供給事業(職安法44条1項)にあたると解される)

そして、宮﨑とTプロ間の労働契約の無効という事情は、宮﨑とTNCとの黙示の労働契約を認める重要な要素というべきである。その他、上記のとおり、TNCは宮﨑のTプロへの採用に当たり面接を行っていること、また、Tプロの法人格は、「専ら派遣」と認定されたことに加え、以下のような事情があることからすれば、もはや独立した事業体としての実態を失っており、従って、宮﨑に対する賃金支払いもTNCがTプロを形式的に経由して支払っていると評価できるから、宮﨑とTNCとの間には黙示の労働契約が成立していると解され、結局、原判決は労働契約法6条の解釈適用を誤ったものと評価すべきである。

1 そもそも宮﨑がTプロに採用されたのは、TNCがTプロに無線従事者資格を有する労働者の手配を依頼し、宮﨑はTNCの無線従事者として従事するためであったこと

2 宮﨑はTNCから、その放送事業の存立に不可欠な(電波監視のための)無線従事者として選任され、かつ総務大臣に届け出られていること(宮﨑の無線従事者免許もTNCが預かっていた)

3 宮﨑は実に11年もの長期にわたって、TNCの放送技術部で働き続けたこと

4 宮﨑のテクニカルディレクターとしての勤務内容は、TNCの正社員労働者と殆んど変わらないこと

5 TプロはTNCの100%子会社(連結決算対象会社)であり、TNCの取締役らとTプロの取締役らは大部分が重複していること

6 Tプロの取締役らは、TNCが命じた事業しか行うことが出来ず、その経営方針は全てTNCの一存で決まるようになっていたと認識していたこと(Tプロ労組ニュース、甲33~41)

7 宮﨑の賃金は、TNCとTプロ間の派遣料金に連動しており、Tプロの利益はTNCに吸収される決算体系になっていること

8 Tプロは、専ら派遣というだけに止まらず、広告行為その他の営業活動を一切行っていなかったし、職業訓練や教育等も一切行っていなかったこと(費用面から見ても、それら費用がかからない分、宮﨑の賃金は派遣料金に正確に連動しているといえる)

9 原判決のとおり、TNCは宮﨑に対し、直接雇用申込義務(派遣法40条の5)を負っていること(それに対し、宮﨑はTNCに予め承諾の意思表示も行っている)

10 宮﨑は、本件提訴前から、福岡労働局に対し、TNCが宮﨑に直接雇用申込義務を果たすよう指導を行うことを度々申し入れていたこと

11 本件において、宮﨑が控訴した直後、TNCは宮﨑を対象とする派遣契約を解除し、以降、宮﨑がTNC構内では働けず、現在に至るも休業を余儀なくされていること

なお、予備的主張として、原判決は、TNCが宮﨑に対し、直接雇用申込義務を負っていると認定したものの、それに違反してもTNCは宮﨑に損害賠償義務すら負わないと判断したが、この点、労働者派遣法が行政取締り法規であるとしても、本件の場合、TNCは宮﨑に対し、11年もの長期間の就労に加え、実に3度にわたって直接雇用申し込みを行うべきタイミングがあったのであるから(宮﨑の就労開始から3年経過した後、3名の直接雇用労働者が誕生している)、信義則上、損害賠償義務を負うと解すべきである。  (テレ西40条の会 No.16会報より)                                                                                         
                                                                                                      2013.3.24  
    トップへ                                                                                                      


 派遣13人を正社員にマツダ「派遣切り」裁判

  
 マツダを「派遣切り」された元派遣労働者15人が正社員としての地位確認などを求めた訴訟の判決が13日、山口地裁でありました。原告13人について正社員と認定、マツダに賃金の支払いも命じました。最近、派遣裁判は不当判決が続くなかで、マツダの勝利判決は、現在、裁判で闘っている派遣労働者に勇気と確信を与えるものです。、
  報道各社は、この判決を大きく報道しましたが、以下、いくつかのWebニュースを紹介します。

マツダ、元派遣13人は正社員 山口地裁、地位確認訴訟で
  2013年3月13日 14時44分 TOKYO Web 

 実質的な雇用契約が存在したのに不当に雇い止めされたとして、マツダ防府工場(山口県防府市)の20~50代の元派遣社員15人が、マツダに地位確認などを求めた訴訟の判決で、山口地裁(山本善彦裁判長)は13日、原告13人を正社員として認めた。雇用が続いていた場合に支払われていたはずの賃金の支払いも命じた。

 判決は派遣社員を一時的に直接雇用する「サポート社員」制度について、労働者派遣法に違反すると判断した。15人中13人がこの制度の対象になっていた。

 雇い止めされた派遣社員を派遣先企業の正社員として認めた判決は極めて異例。類似の訴訟にも影響を与えそうだ。 (共同)

<マツダ>雇用制度「違法」 地位確認訴訟で山口地裁 (毎日新聞)
  3月13日(水)21時19分配信

 自動車メーカー、マツダの防府工場(山口県防府市)を解雇された元派遣労働者の男性15人が、マツダ(広島県府中町)に正社員としての地位確認などを求めた訴訟で、山口地裁は13日、13人を正社員と認めた。派遣と短期間の直接雇用を交互に組み合わせた雇用形式について山本善彦裁判長は「労働者派遣法の根幹を否定する施策」と厳しく批判した。雇い止めされた派遣労働者を派遣先企業の正社員と認めた判決は極めて異例。

 15人は03~09年、半年から約5年7カ月、同工場の自動車製造ラインで勤務。08年以降、契約満了で相次いで解雇された。労働者派遣法は、派遣期間が3年を超えると直接雇用するよう定めている。ところが、判決によると、マツダは派遣社員を一時的に直接雇用する生産サポート社員制度を利用。約3カ月か半年間直接雇用し、その後、再び派遣労働者として雇用する手法を繰り返し、3年を超えないよう調整していた。15人のうち13人が同制度の対象だった。

 原告弁護団は「判決は同種裁判や労働者派遣法の抜本的な解決に向けた大きな力」などとする声明を出した。

 一方、マツダ広報本部は「主張が認められなかったことは遺憾」とコメント。控訴については「判決を検討して決めたい」とした。【井川加菜美】

マツダの違法 断罪-派遣13人を正社員と認定-山口地裁判決
 
2013年3月14日(木) しんぶん赤旗

 大手自動車メーカー、マツダの防府工場(山口県防府市)を「派遣切り」されたユニオン山口の15人が正社員としての地位確認などを求めたマツダ訴訟の判決が13日、山口地裁(山本善彦裁判長)でありました。労組側の主張をほぼ全面的に認め、13人について正社員として認めました。



(写真)勝利判決を喜びあうマツダ派遣切り裁判の原告や支持者たち=13日、山口市

 マツダは最大3年とされている派遣制限期間を逃れるために、派遣社員を「サポート社員」(クーリング期間)としていったん直接雇用したのち再び派遣社員に戻していました。

 判決では、マツダが常用雇用の代替としてはならないという労働者派遣法の根幹に反して、派遣社員を使って労働需要の変動に対応していたと認定。「サポート社員」について「方便として導入」したものであり、労働者派遣法の違反が「組織的かつ大々的に」、マツダと派遣会社の協同で行われていたとのべ、両社の派遣契約は無効だと断罪。労働者派遣法違反に罰則規定はないが、マツダの責任を不問にすることはできないとして、マツダと原告の間に黙示の労働契約の成立が認められるとしています。なお「サポート社員」を経験していない原告2人は正社員と認められませんでした。

 勝利判決に原告らは目に涙を浮かべ喜びあいました。判決後の報告集会で弁護団長の内山新吾弁護士は「全体として原告側の主張を全面的に認める画期的な判決だ」と評価しました。

 この問題で日本共産党の志位和夫委員長は、2009年2月の衆院予算委員会で、マツダが派遣可能期間3年を超えて派遣労働者を働かせるため、3カ月と1日だけ「サポート社員」という期間社員に切り替えるという「クーリング期間」の偽装を告発し、「派遣切り」を追及しました。
仁比聡平参院議員(当時)も08年12月、マツダによる違法な雇用実態を国会で告発しています。

「画期的な判決」 原告団・弁護団など

 原告団と弁護団、共闘会議は同日、声明を発表して、判決の意義を次のように指摘しました。

 「(2009年12月の)松下PDP(プラズマディスプレイ)事件最高裁判決以降、おそらく全国で初めて派遣労働者と派遣先との間の黙示の労働契約を正面から認めた画期的な判決である。非正規労働者の置かれた不安定な地位の抜本的な改善へ向けて山口地裁は大きな一歩を踏み出し、その職責をまっとうした。判決は他の同種裁判や労働者派遣法の抜本的な解決に向けた大きな力となる」

元派遣13人を正社員認定 雇用制度訴訟、マツダ側敗訴
  朝日新聞 2013年3月14日7時47分

 山口県防府市ツダ防府工場の派遣労働者らの雇用形態の是非を巡って争われた訴訟で、山口地裁(山本善彦裁判長)は13日、「(雇用)制度は労働者派遣法に違反する」として、元派遣社員15人中13人を正社員と認め、未払い賃金などの支払いを命じる判決を言い渡した。

 派遣社員などの身分で働いていた15人が、最長で5年6カ月間雇われた後、契約を打ち切られたのは不当だとして、正社員としての地位確認などを求め、2009年4月に提訴した。

 争点となったのは、マツダが04年10月に導入した「生産サポート社員制度」。国の指針では、派遣の終了から次に雇うまでの「クーリング期間」として3カ月間が必要とされている。だが、マツダはこの「空白期間」を埋めるために派遣と派遣の間に「サポート社員」を挟んで、同じ職場で働かせ続けていた。続きを読む   この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

マツダ地位確認訴訟の判決後、報告会で説明する内山新吾弁護団長(中央)=13日午後、山口市
 マツダ防府工場の元派遣社員13人を正社員として認めた13日の山口地裁判決は、一時的に直接雇用し、派遣期間が上限の3年を超えなくする「サポート社員」制度だけでなく、派遣社員を技能に応じてランク付けし、給与に反映させる手法を組み合わせるなどのマツダの制度全体を違法と認定した。

山本善彦裁判長は判決理由で「派遣労働者を利用すのであれば、本来は甘受せざるを得ない生産性の低下を受け入れないで、熟練工の長期的な確保を目指していた」と指摘。「派遣の常用雇用を防止する労働者派遣法の根幹を否定する施策だ」と批判した。
                                                                               (共同)
                                                   2013.3.16  
    トップへ                                                                                                    

 3.10さよなら原発!福岡集会

  
  3月11日は東日本大震災・福島事故から2年。11日に向けて「原発ゼロ」「再稼働反対」を掲げて全国的に多彩な行動が取り
組まれます。  福岡では10日、下記のとおり集会とデモが行われます。  原発ゼロをめざす多くの皆さんの参加をお願いします。


       さようなら原発!3.10福岡集会
   
   ○日時:3月10日(日) 14時00分 集会開始
          集会トーク・ゲスト:木村 雄一さん
        集会ゲスト・アーチスト:RainbowMusic
         15時00分 デモ出発→九電本店
     ○ 場所:冷泉公園(福岡市博多区上川端町7)
     ○ 主催:
さよなら原発!3.10集会福岡実行委員会 
                                                                                                                                    トップへ                                                                                      2013.3.3                             

 西日本新聞社でビラ配布

 テレ西40条の会と宮﨑裁判支援共闘会議は2月20日、天神・西日本新聞本社前で「TNCは法律を守っていません」というビラを配布しました。同社前でのビラまきは、宮崎さんが裁判提訴以降初めての取り組みで、西日本新聞社がTNCの筆頭株主として、TNCの不法を正せと訴えました。
この行動にテレ西40条の会と支援者から16人が参加、午前9時15分から10時までビラ270枚を配りました。
  ビラの内容はこちら                                                                                                                                                           2013.2.27  
    トップへ                                                                                                    

 TNCは宮崎さんへの直接雇用の申し込み義務を果たせ

 
  昨年10月29日福岡高裁は、TNCが宮﨑さんに直接雇用の申し込みをしなかったことは労働者派遣法40条の5に違反すると認定しました。しかし、TNCは未だに直接雇用の申し込み義務を果たしていません。
  このため、 宮﨑裁判支援共闘会議は、高裁判決にしたがって「TNCが宮﨑さんに直接雇用の申し込みを行うよう」、TNCへの「要請はがき」をとりくんでいます。皆さん方のご理解とご支援をよろしくお願いします。

例文と宛先は下記の通りです。(各例文、宛先をクリックしてはがき印刷できます)
(例文) 貴社は2012年10月29日福岡高裁判決により派遣法40条の5に違反し、「宮﨑さんに直接雇用申し込み義務がある」との認定がなされました。社会に向け、コンプライアンス宣言をしている貴社は 、直ちに申込み義務を果たされるよう要請します。
 (宛先)  〒814-8555 福岡市早良区百道浜2-3-2 
         テレビ西日本 社長 寺﨑 一雄 殿
                                                                                                 2013.2.6  
    トップへ                                                                                                    

 民放労連大会 宮﨑争議の早期解決及び宮﨑君の雇用を守るための決議を採択

 
 昨年3月末でのTNCの「派遣切り」から間もなく1年近くになります。辛うじて派遣元であるTNCプロジェクトの雇用は1年間確保できましたが、それも、残りわずかとなりました。現時点で、4月以降の契約更新の保障はありません。それどころか、TNCプロジェクトは、「新たな派遣先探し」をハローワークのインターネット検索からプリントアウトした求人票から選ばせました。もはや、特定派遣事業としての体を成していません。
 新年度の雇用が確保されていない不安定な状況の下で、民放労連の臨時大会に参加してきました。1月26日・27日東京・両国で開催された第116回臨時大会に於いて、『TNCプロジェクト労組宮﨑争議の早期解決及び宮﨑君の雇用を守るための決議』が、皆さんの支援の下で採択されました。(宮﨑 幸二)
                                                                                                 2013.2.1  
    トップへ                                                                                                    

 高裁判決の評価と最高裁闘争にあたっての課題 弁護団主任 弁護士 井 下 顕

昨年10月29日,福岡高裁は,宮﨑幸二さんがテレビ西日本(TNC)に対して求めた雇用契約上の地位確認等請求事件において,宮﨑さん敗訴の判決を言い渡しました。昨年2月8日に言い渡された福岡地裁判決では,当方らが主張していた,TNCとTNCの100%子会社であるTNCプロジェクト(Tプロ)との間の労働者派遣契約に,業務偽装(期間制限違反),事前特定(面接)行為禁止違反,専ら派遣の3つの違法があるという前提主張ならびにTNCは労働者派遣法40条の5に違反しているとの主張に対し,判断すら行わず,仮に違法があったとしても,宮﨑さんとTプロとの間の雇用契約には何ら影響を及ぼさないとして,請求を棄却しました。

これに対して,福岡高裁判決は,[記事全文]                                              
                                                                                                 2013.1.2  
    トップへ                                                                                                    


 放送この1年/ 民放労働者のたたかい  [しんぶん赤旗]

 12月25日付けの「しんぶん赤旗」は、[放送この1年」で民放労働者は正規の状況を打開する取り組みを進めているという記事を掲載しました。宮崎さんの「正社員化」裁判闘争がそのたたかいとして取り上げられています。

 [記事全文]
 広告費の減少や地デジ投資を理由に、民放で働く人の労働条件切り下げが激しさを増しています。日本民間放送労働組合連合会(民放労連)によると、非正規労働者は正社員の数倍と推測され、年収300万円以下が4割に達します。
 民放労連加盟の労働組合や労働者は、こうしたテレビ業界の状況を打開しようと取り組みを進めています。
 100人のアルバイトの雇い止めを撤回させ、1年の雇用延長を実現したのがKBS京都放送労働組合です。職員の格差是正とともに、市民と毎月1回「脱原発ウオーク」に取り組むなど、市民・視聴者との交流にも努めています。
 「衛星チャンネル」(朝日ニュースター)で働いていた飛田泰寿(やすこ)さん(47)は、会社が放送事業をテレビ朝日に譲渡することによって労働者を切り捨てようとした動きに対し、解雇禁止を求める仮処分の申し立てを東京地裁に提出(1月18日)。解決金の支払いという勝利和解を勝ちとりました。
 テレビ西日本(TNC)で派遣社員として働く宮﨑幸二さん(49)が、「正社員化」を求めた裁判も前進しています。
 2月の一審に続き、10月29日の福岡高裁での控訴審判決も宮﨑さんの請求を棄却する不当判決でした。しかし、新たに労働者を雇い入れる場合、派遣期間が3年を超えている派遣労働者に雇用契約を申し込まなければならないとした労働者派遣法(40条の5)に、宮﨑さんが該当していることを認めました。
 宮﨑さんは第1級陸上無線技術士の資格を持ち、TNCの送信業務に11年間従事してきました。判決では「長期間の派遣労働が相当であったとは考えられない」と理解を示しましたが、「派遣法は企業と個人間の義務を負うものでない」と訴えを退けました。宮﨑さんはただちに上告。たたかい続ける決意です。       [赤旗記事はこちら]                                                 
                                                                                                 2012.12.31  
    トップへ                                                                                                    


 宮﨑裁判、最高裁へ上告
      
       二審での前進面を運動に

宮﨑幸二さんは11月9日、最高裁へ「上告受理申立て」を行いました。これは、福岡高裁が10月29日の控訴審判決において、「TNCは宮﨑さんに対し直接雇用の申込み義務を履行せず派遣法40条の5に違反し、また事前特定行為禁止にも違反した。また、Tプロの派遣は専ら派遣であった」という、3点の派遣法違反を明確に認定したにもかわらず、宮﨑さんのTNC社員の地位確認を認めず、控訴を棄却したためです。 

  控訴審判決は、私たちが主張した「業務偽装」については、TNCマスターでの宮﨑さんの業務は3号業務に該当するとして認めませんでした。
 しかし、宮﨑さんが従事していた無線従事者としての業務については、「安定した雇用環境にある者が担当することが望ましく、控訴人(宮﨑)が受けたような長期間の派遣労働が相当であったとは考えられない」、「控訴人(宮﨑)がTNCに対し直接の雇用契約上の地位の確保を求めることにも相当の根拠があり、TNCはこれに対する配慮を欠いていた」と判断しています。
  
  このことは、TNCが派遣法40条の5の本旨に従って対応していないことを、裁判所は改めるべく判定し、また監督官庁に対しては違反企業の指導・監督の義務を果たしていないことを指摘したものと解されます。


  控訴審判決はTNCの派遣法違反について、一審の判断を覆すという前進面を含んでいます。この判決を受けて、宮﨑裁判支援共闘会議とテレ西40条の会では、次のとりくみを行いました。

① TNC労組へ申入れ(11月2日) 
   TNCの団交で、TNCが「派遣法40条の5を守り、宮﨑さんに直接雇用の申込みをするよう」追及して欲しい旨、委員長、書記長に要請。
② TNC前「判決内容」ビラ入れ(11月12日、11時半から12時半)
③ TNCへの要請行動(ビラ入れ後、9名の要請団で)

       警察を呼ぶと、要請書の受け取りを拒否

  TNCに「宮﨑さんの派遣切りの撤回と直接雇用の申込み義務履行」の要請書提出のため  、受付で面会の取次ぎを申入れたが、TNCは面会拒否の返事。次には警備員に退去要請の対応をさせ、退去しないなら警察を呼ぶと信じ難い対応。   
  要請団が仕方なく受付係に要請書を預けようとしたら、受付係は「要請書の受け取り拒否」の指示が出ていると困惑顔。要請書を受付け台に置いて引き揚げる。

帰りに玄関ホールで寺﨑TNC社長と出くわす。社長に対応への抗議と要請主旨を伝えるが「係争中のことには答えられない」と言い残しエレベーターへ。 なお、Tプロは当初、要請団を追い返す素振りをしたが、要請書は受け取った。

④ 福岡労働局ビラ入れ(11月19日8時から8時45分)
⑤ 福岡労働局要請行動(ビラ入れ終了後10名の要請団で、9時から10時15分)

      高裁判決は重く受け止めている。本省と協議する。

   用意された会議室で、判決文と要請書(監督官庁としてTNCへの「派遣切り撤回と直接雇用の申入れ義務履行」の指導を求める文書)を提出。 課長補佐はじめ3名の対応、労働局側は既に判決文は熟読の様子。
  労働局の返答の要旨は「高裁の判決が重いというのは分かっている。これだけ重い判決が出ているわけで、じっくり我々の中で精査し、経緯を含めて本省と協議する。これは避けては通れないことなので、(福岡労働局だけで判断出来ないことを)御理解頂きたい」。

要請団から、福岡高裁の派遣法違反の認定を尊重し、直ちに労働局がTNCを指導するよう求め要請行動を終了しました。                                                                                                                                                                                                       2012.11.30  
    トップへ                                                                                                    


 一審突破も控訴棄却 請求却下
          パナソニック最高裁判例の壁は厚い

 11月15日発行の「テレ西40条(派遣法)の会」会報を転載します。[会報全文PDF]
会報の主な内容は以下の通りです。

 ①判決要旨

(1)宮崎裁判の10・29福岡高裁判決は一審の派遣法、電波法違反事実を一切認めない判決から少なくとも派遣法違反の一部、Tプロについては「専ら派遣禁止違反」、TNCについては「事前特定行為禁止違反」と「40条の5、直接雇用申し込み義務違反」を認定する判断を下しました。
 然しながら、それら取り締まり法規違反は私法上の義務を負うものではないとして、賃金請求や損害賠償は認めませんでした。(以下,記事全文WORD)
   ② 高裁闘争に当たりご支援下さった皆さんへ
  ③ 最高裁闘争に当たってのお願い    
  ④ 要請団に対し、警察を呼ぶとTNC  ー面会・要請書受け取り拒否ー 
   ⑤ 上告にあたって ・・・原告
                                                                                   2012.11.23  
    トップへ                                                                                                    

 さよなら原発!11.11福岡集会のご案内
 
  11月11日、今すぐ原発ゼロへ全国いっせい行動が取り組まれます。福岡では次の通り開催されます。実行委員会では多くの人の参加を呼びかけています。   

       さようなら原発!11.11福岡集会
   
   日時:11月11日(日) 14時00分 集会開始
             15時00分 デモ出発→九電本店
     場所:冷泉公園(福岡市博多区上川端町7)
     主催:
さよなら原発!11・11集会福岡実行委員会 
        
                                                                                                           2012.11.3  
    トップへ                                                                                                    

 不当にも控訴棄却、直ちに上告
    
   TNCの派遣法違反は明確に認定

1029日、福岡高裁で宮﨑裁判控訴審の判決言渡しが行われました。
地元をはじめ、東京、名古屋、山口、北九州、熊本から110名の傍聴者が駆けつけ、大法廷が満席となる中(補助椅子を入れても足りず、数名は廊下で待機)、1310分に開廷。

  冒頭、裁判長から「控訴棄却」の判決主文の読み上げがあり、その後、「判決の趣旨は、直ちに(判決文を)複写しますのでご覧ください」との言葉があり短時間で閉廷。

判決は、派遣法40条の5違反(直接雇用の申込み義務違反)専ら派遣 事前特定行為(事前面接)、とTNCが犯している3.点の派遣法違反を明確に事実認定するものでした。  また、宮﨑さんの無線従事者としての業務についても、「安定した雇用環境にある者が担当することが望ましく、控訴人宮﨑さんが受けたような長期間の派遣労働が相当であったとは考えられない」、「宮﨑さんがTNCに対し直接の雇用契約上の地位の確保を求めることにも相当の根拠があり、TNCはこれに対する配慮を欠いていた」と、控訴人側の主張に理解を示すものでした。

このように控訴審判決は、一面では一審における「TNCの派遣法違反事実の否認」をほぼ全面的に覆す画期的な前進を示すものでした。
  しかし、これだけの派遣法違反事実を認定しながらも、結論においては「派遣法は行政取締上の(国と企業間)の義務を定めるものであり、派遣先は私法上(企業と個人間)の義務を負うものではない」とし、200912月の松下PDP・最高裁判決以降の流れを超えるものではなく、派遣先雇用責任を認めない不当判決でした。
  宮﨑さんは判決報告集会で、直ちに上告したたかうと力強く決意表明を行いました。

                                                                                                      2012.10.31  
    トップへ                                                                                                    

 正社員化の請求を棄却
    
      テレビ西日本訴訟 法違反は認定
  テレビ西日本(TNC、本社・福岡市)で派遣社員として働いていた無線技術士の宮﨑幸二さん(49)が正社員としての地位確認と賃金差額分の損害賠償を求めていた裁判の判決が29日、福岡高裁(犬飼眞二裁判長)でだされました。
審に続き、宮﨑さんの請求を棄却する不当判決でしたが、新たに労働者を雇い入れる場合、派遣期間が3年を超えている派遣労働者に雇用契約の申し込みをしなけれぱならないとする労働者派遣法(40条の5)に、宮﨑さんが該当していることを認めました。(「しんぶん赤旗」より)記事全文
                                                                                                2012.10.30  
    トップへ                                                                                                    

 11・3憲法フェスタin福岡のご案内
  11月3日は文化の日、日本国憲法が公布された日です。
今年も福岡では憲法フェスタ開催されます。「九条と日米安保条約・沖縄」をテーマに沖縄国際大学教授の前泊博盛さんがお話します。憲法と日米安保について、一緒に考えませんか。ぜひ、ご参加ください。


        11・3憲法フェスタin福岡
    日時:11月3日(土) 午後1時30分開演ー4時00分
    内容:第1部 中国楽器 二胡の演奏
      第2部 講演 「九条と日米安保条約・沖縄」
           講師 前泊 博盛 氏(沖縄国際大学教授)
   会場:西日本新聞会館16階 福岡国際ホール
   主催:九条の会福岡県連絡会  参加費:1000円
                                                                                                2012.10.26  
    トップへ                                                                                                    

 宮﨑裁判 29日判決
  宮﨑さんがTNCに社員化を求める控訴審の判決は、10月29日に出されます。
8月結審後、テレ西40条の会と支援共闘会議は、団体署名と要請はがきを精力的に取り組んできました。
その結果、民放労連、福岡県労連、MICなど全国の労働組合や民主団体から600を超える団体署名が寄せられ、宮﨑さんのたたかいの輪は、全国へ大きく広がりました。これまで団体署名や要請はがき等の取り組みにご協力いただいた皆さんに感謝いたします。
  いよいよ29日は判決日。皆さん方のなお一層のご支援をお願い致します。


        宮﨑裁判 控訴審判決
    日時:10月29日(月) 午後1時10分開廷
    法廷:福岡高裁501号大法廷
      ・門前集会 12時30分
      ・報告集会 午後1時45分 
          (場所:福岡市民センター 2階第一会議室)
                                                                                                2012.10.26  
    トップへ                                                                                                    

 オスプレイ沖縄配備反対、集会とデモ 300人参加
 21日は、10・21国際反戦デーです。
 福岡では米軍の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ沖縄配備に反対する集会が須崎公園で開かれ300人が集まりました。「民放9条の会ふくおか」から6人が参加しました。
  集会では沖縄の歌や踊りが披露された後、沖縄県東村高江の「ヘリパッドいらない住民の会」の伊佐真次さんと山口県岩国市の「住民投票を力にする会」代表の吉岡光則さんが、米軍基地反対の闘いを報告しました。その後、「沖縄の人々は米軍基地の強化に反対し、基地の撤去を求めています。オスプレイを米国へ持ち帰ってください。高江のオスプレイパッド建設を中止してください。普天間基地を返還してください。私達は平和への責任を自覚し、沖縄から基地と兵士による暴力をなくすために行動します。」という集会宣言を採択しました。
  集会後、繁華街の天神地区をデモ行進。「オスプレイはいらない」「沖縄配備反対」「日本の空を飛ぶな」と市民にアピールしました。 デモ後、代表団は在福岡米国領事館を訪れ、オスプレイ配備撤回を申し入れました。

 沖縄県人会による沖縄の歌・三味線演奏           デモ行進(公園出口)
     デモ行進(天神西通り))         民放9条の会も終点まで歩いた(万歩計6千超)
                                                                                                                                                                                                                                 2012.10.22  
    トップへ                                                                                                    

 「オスプレイ沖縄配備に反対する集会」の御案内

日 時:10月21日(日)  14:00~15:00 集会
      ・沖縄の歌と踊り
          ・沖縄・高江からの報告:伊佐真次さん
     ・岩国からの報告:吉岡光則さん
     ・集会宣言 ほか
    15:00~ デモ行進 須崎公園 → 天神を周回
    17:00 デモ終了後、有志でアメリカ領事館へ申し入れ
会 場:福岡市・須崎公園(福岡市中央区天神5-2)

主 催:オスプレイ沖縄配備に反対する集会実行委員会                                                                                                                                                2012.10.19  
    トップへ                                                                                                    

正な判決を要請しますー裁判所前で宣伝行動
宮﨑裁判の控訴審の判決は、  10月29日 (月)午後1時10分に言い渡されます。
判決を前に、いま支援共闘会議では裁判所に対する要請行動や宣伝行動を取り組むと同時に、団体署名と要請ハガキの集約に全力をあげています。  団体署名は県労連をはじめ民放労連、MIC(旧マスコミ共闘)、民主団体、救援会など全国的に支援の輪が大きく広がっています。団体署名と要請ハガキはこれまで4回裁判所に提出しました。
  8月結審後、初の宣伝行動は10月3日(水)、裁判所前で横断幕を掲げてビラとハンドマイクで控訴審判決において公正な判決を下されるよう訴えました。宣伝には、山口マツダ争議の人も参加、20人でビラ510枚を配りました。 ビラの内容を見る
                                                                                                2012.10.10  
    トップへ                                                                                                    

TNCの雇用責任を問う宮﨑裁判に支援を!

   
送信機の操作は派遣業務か、注目される10.29高裁判決         綱本 守

 派遣とは、「自己の雇用する労働者を他人の指揮命令に従事させる」ことをいう。一方、戦後からあった労働者供給は、「労働者を他人の指揮命令を受けて労働に従事させる」ことをいう。
 したがって派遣は,派遣元と労働者との雇用関係が大前提となる。ところが、派遣元と労働者が雇用関係にある場合でも労働者供給になるケースがある。厚労省の業務取扱要領では、「派遣元が企業としての人的物的な実体(独立性)を有しない個人又はグループであり,派遣元自体も当該派遣元の労働者とともに派遣先の組織に組み込まれてその一部と化している場合,派遣元は企業としての人的物的な実体を有するが,当該労働者派遣の実態は派遣先の労働者募集・賃金支払の代行となっている場合その他これに準ずるような場合については,例外的に派遣先に労働者を雇用させることを約して行われるものと判断することがある。」との指導方針が明記されている。
 TNCの連結子会社に雇用されてTNCのマスターで働いていた宮﨑幸二さんは、まるごとこれに該当する。福岡高裁の判断が注目される。
 続き
放送局の無線設備の運用と操作の業務は派遣適用業務か〕〔控訴審でのTNCの慌てぶり〕 ほかを読む。
                                                                                                2012.9.29  
    トップへ                                                                                                            

 さよなら原発集会に2500人

 原発ゼロを求める 「さよなら原発福岡集会」が23日、福岡市の冷泉公園で開かれ、2500人が参加しました。集会では、ゲスト参加のミサオ・レッドウルフさん(首都圏反原発連合)が、「経済団体とアメリカの圧力で原発ゼロを閣議決定しない政府を批判、官邸前抗議に呼応する行動が全国100カ所以上に広がっています。つながりを持続してしぶとく抗議を続けましょう」と訴えました。
 福島からの避難者・うのさえこさんと「原発なくそう 九州玄海訴訟」の池永修弁護士が福島の現状を報告し、「Qベク(放射能市民測定室・九州)」、「プルサーマル裁判の会」、「来んしゃい金曜!脱原発」などが脱原発の取り組みを話しました。
 集会後、参加者は「原発いらない」「もう動かさない」「玄海原発再稼働反対」と訴えながら九電本社までサウンドデモを行いました。
 「民放9条の会ふくおか」からも、のぼり旗を掲げて8人が参加しました。

                         9・23さようなら原発集会(福岡市・冷泉公園)
                             冷泉公園から九電本社までデモ行進
                                                                             2012.9.29   
    トップへ                                                                                                            

 基地と憲法を考える集い
●日 時: 10月7日(日) 午後1時30~4時30分
●内 容:第1部 映画「誰も知らない基地のこと」(STANDING ARMY))
世界各国で起こっている米軍事基地問題の真実を追求したドキュメンタリー。基地の 騒音や兵士が起こす事故に 苦しむ住民と専門家への取材を通じて、余りにも横暴な米軍と軍産複合体の真実を暴いていく。日本人が必見の映画です。
        第2部 講演「普天間基地から考える地域の安全と日本の平和」
           講師:井波 洋一さん(元宜野湾市長)
復帰から40年過ぎても沖縄基地問題が解決しないのは何故か。16年前に全面返還が合意された世界一危険な普天間基地に、なぜ危険なオスプレイを配備するのか。
普天間基地から日米安保60年の問題点と日本とアジアの平和のための安全保障を一緒に考えましょう。
●場 所:福岡中央市民センター(中央区赤坂2-5-8)
●入場料:大人1000円  学生600円
●主 催:「基地と憲法を考える集い」実行委員会(「民放9条の会 ふくおか」ほか15団体)
  後  援:福岡市、福岡市教育委員会
                                                                              2012.9.20  
    トップへ                                                                                                            

配転命令撤回と福岡支店への配置を命令 9月3日福岡県労働委員会
  通信労組福岡支部が、福岡県労働委員会に行っていた大園副委員長(交渉団窓口・正)の配転撤回の救済の申し立てについて、同委員会は配置転換は労組法7条3号の不当労働行為に当たるとし、NTT西日本に次の命令を出しました。
【主文】 被申立人西日本電信電話株式会社は、申立人通信産業労働組合福岡支部の組合員大園公生に対する平成23年7月25日付けの配置転換命令を撤回し、同人を被申立人西日本電信電話株式会社の福岡支店に配置しなければならない。
  NTT西日本は命令に従い、中労委の再審査や取消訴訟を行わないよう強く求めます。
(以上、通信労組福岡支部のHPより)
 福岡県労働委員会の審問傍聴には、毎回、宮﨑裁判支援共闘会議から10人ほど参加し、通信労組の闘いを支援してきました。
                                                                              2012.9.18  
    トップへ                                                                                                            

TNC社員化・宮﨑裁判 「公正判決要請」団体署名のお願い
 2009年6月に福岡地裁に提訴した「TNCに正社員化を求める宮﨑裁判」について、福岡地裁は今年2月8日、本件の争点である派遣法違反の事実認定・判断を避け、法律論だけに逃げ込み、「派遣法は国が企業を取り締まるための法律であって、派遣労働者の権利を保障するものではない。派遣労働者は派遣法違反があっても裁判所に救済を求めてはならない」と、驚くべき暴論を展開し宮﨑さんの訴えを棄却しました。
 宮﨑さんは2月20日に福岡高裁に控訴し、控訴審は8月20日の第2回口頭弁論で結審となり、判決日が10月29日と決まりました。

TNCは1審の不当判決に乗じて今年3月末で、宮﨑さんの派遣切りを強行しました。派遣労働者が派遣法違反の是正を訴え、派遣先への社員化を求めて裁判を起こしたら、逆に派遣先への社員化の要求の根を絶つべく、11年間も働いてきた職場から放逐してしまう。これは、裁判の発端であった労働局への「派遣法違反の是正申告」に対する明らかな報復措置であり、派遣法に違反する行為です。

   私たちは、福岡高裁がTNCの長年にわたる違法行為を断罪し、宮﨑さんのTNC社員化を認める判決をだすよう、下記のとおり公正判決要請の団体署名に取り組んでいます。締め切りまで余り時間がありませんが、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。
① 団体署名用紙はこちらをコピーして下さい

② 要請ハガキはこちらをコピーして下さい

● 福岡高裁宛「宮﨑裁判公正判決要請」団体署名
        1次締め切り 9月30日, 最終締め切り 10月17日

☆ ① 団体署名の送付先
     〒810-0072 福岡市中央区長浜1‐2‐6‐302 
                               民放労連九州地方連合会内

                   宮﨑裁判支援共闘会議 宛

             ☆ ② 要請ハガキの送付先
                〒810ー0043  福岡市中央区城内1番1号
                           福岡高等裁判所
                                            第3民事部へ係 御中

                                                                        2012.9.17   
    トップへ                                                                                                            

23日 さよなら原発!福岡集会
 9月23日に「 さようなら原発!福岡集会」が開催されます。
今回の集会は、2011年11月13日に開催された「「 さようなら原発・1万人集会」の流れを汲んだ実行委員会が企画していて、これまでに5回デモを行ってきました。原発反対の人、一人でも多くの参加を呼びかけます。.
さよなら原発!9.23福岡集会

        日時 9月23日()    14:00~集会開始 15:00~デモ行進(開始時刻に注意)
        場所 冷泉公園 (福岡市博多区上川端町7)
        主催 さよなら原発!9.23福岡集会実行委員会
この集会は、みなさんの賛同金で開催されます。一口500円です。
                                                                         2012.9.14   
    トップへ                                                                                                            

九州地連定期大会、宮﨑裁判の支援決議採択
  9月1日、2日、民放労連九州地連の定期大会が長崎で開催されました。
討論では、新人事制度の導入がすすむ中、この提案を撤回させた組合、導入を阻止できなかった組合など闘いの経験が次々と報告され、放送局に馴染まない新人事制度の問題点が明らかになりました。
 正社員化を求めて裁判でたたかっているTNCプロジェクトの宮﨑幸二さんは、2月の地裁判決以降の経過と控訴審裁判の報告を行いました。宮﨑さんは「いよいよ10月29日が判決日です、今後運動に力を集中しますので、いま判決に向けて団体署名を取り組んでいます。皆さんのご協力、ご支援をお願いしたい」と訴えました。
 今回の大会では、①
福岡高裁に宮﨑幸二さんをTNCの正社員とする要請決議のほか、TNCが4月から就労拒否を行ったため、新たに②「自宅待機処分の撤回と早期就労を求めた要請決議」を追加して、2本の要請決議が採択されました。
                                                                                       2012.9.13   
    トップへ                                                                                                            

宮﨑裁判、控訴審結審
 
     ~判決は1029日~

 820日、「宮﨑裁判」控訴審第2回口頭弁論が福岡高裁501号法廷で行われました。これは713日の和解協議が不調に終わったため、当初の期日どおりに開かれたものです。以下のやり取りの後、結審となりました。

  79日に被控訴人(会社側)が提出した準備書面について、裁判長から「本件との関係では、主張の必要性はないのではないか」と、陳述不必要との見解が述べられました。被控訴人側はそれを受け入れざるを得ませんでした。
 陳述なしとなった準備書面は、今年4月からの宮﨑さんの派遣切りを正当化するTNCの主張を述べたものでした。派遣労働者が派遣法違反の是正を訴え、派遣先への社員化を求めて裁判を起こしたら、逆に派遣先への社員化の要求の根を絶つべく、11年間も働いてきた職場から放逐する。このTNCの異常な対応が、高裁での「派遣切り正当化主張」の不採用となって表れたのかも知れません。 

今回裁判の焦点は、被控訴人(会社側)が719日に裁判所に提出した「調査嘱託申立書」(宮崎さんの業務が政令3号業務に該当するかどうかについて、裁判所が労働局に調査を委嘱することを求める文書)について、裁判所がどう判断するかでした。
  ところが、被控訴人側が当日の法廷の場で申立てを取り下げた為、労働局の見解を改めて質すことにはなりませんでした(この申立てに対し、控訴人側は公平・公正の見地から、調査事項の追加を求める意見書を8月3日と17日に提出していました)。
  宮崎さんの業務が3号業務であるかどうかは、正に本件の争点であり、裁判所にその判断が求められていることを、被控訴人側はどのように考えていたのでしょうか。司法の判断より、行政の見解が優先するとでも言いたかったのでしょうか。

被控訴人からの調査嘱託申立の取り下げ後、裁判長から審理の終結が告げられ結審となりました。判決言い渡しは1029日(月)1310分からと決まりました。

今回も80名を超える傍聴があり、大法廷をほぼ満席にすることが出来ました。傍聴者の皆さん、暑い中ありがとうございました。

                                                                                       2012.8.26   
    トップへ                                                                                                            

「TNCに対し派遣切りの撤回を指導せよ」 福岡労働局へ要請行動

 宮崎裁判支援共闘会議は7月30日、福岡労働局前でビラまきと要請行動を行いました。ビラまきには17名が参加、労働局前で午前8時から8時半まで「TNCは派遣切りをやめろ!福岡労働局の指導、監督の強化を要請する」と訴えるビラ500枚を配りました。この後、9時30分から同局需給調整事業課へ要請を行いました。要請の趣旨を詳細に説明し、「労働局がTNCに対し、宮崎幸二さんの派遣切りを撤回するよう指導すること」を強く要請しました。
           こちらに 要請書 と ビラ を掲載しています。
                                                                           2012.9.1   
    トップへ                                                                                                            
九州総合通信局で宣伝、要請行動
  
   テレ西40条(派遣法)の会と宮崎裁判支援共闘会議は5月22日、九州総合通信局(熊本)でビラまきと要請行動を行いました。

福岡から原告の宮崎さんをはじめ7人が参加し、熊本から県労連議長ほか7人の応援を得て、午前7時40分から8時半まで、ビラ800枚を配布しました。

 ビラまきの後、午前9時半から1時間、放送局の監督官庁である同通信局放送課へ要請を行いました。 当会から7人が参加、局側からは放送課長、上席電波検査官、総務課課長補佐の3人が対応しました。

  はじめに、要請書を手渡し、判決を誤らせた被告会社の3号業務への偽装・無線従事者の業務の矮小化など、また民放における無線従事者の雇用の実態を詳細に説明し、マスター室の運用が派遣や請負に任せられている実態は許されない筈である、そして放送局への適切な指導を要請しました。

 これに対し局側は、電波法では無線設備・無線従事者のどちらが欠けても放送できない。無線従事者は、放送局を構成する要素として非常に大きな位置を占めている。無線従事者を軽視してはいけない。要請の趣旨は充分理解できる、放送局の無線従事者の現状には、憂慮すべき実態のあることも把握していると述べ、本省へ正確に伝達すると約束しました。
    こちらに 要請書 と ビラ を掲載しています。
                                                                                       2012.9.1   
    トップへ                                                                                                            


テレ西40条(派遣法)の会 総会の案内
 テレ西40条(派遣法)の会は、次の日程で第4回総会を開催します。
会員をはじめ支援者の方の参加をお願いします。

    テレ西40条の会第4回総会
  ○日時:7月21日(土) 13:00~14:30
  ○会場:福岡市中央市民センター第2会議室
   
       次回 宮崎裁判の控訴審第2回口頭弁論は、
      8月20日(月) 10:30~ 福岡高裁501号法廷(大法廷)  10:00~門前集会です。
  
                                                                                       2012.7.19   
    トップへ                                                                                                            


宮崎さんが12年も働いてきた実態を考えよ―裁判長
           
             ~第1回控訴審、和解協議の提案~

福岡地裁は今年2月8日、宮崎裁判の争点である派遣法違反の有無について判断をせず、法律論だけに逃げ込み、宮崎さんの請求「TNC社員化、賃金差額の支払い」をすべて棄却する判決を下しました。この不当判決の取り消しを求める控訴審の第1回口頭弁論が6月18日、福岡高裁501号大法廷で開かれました。

第1回裁判の注目点は、高裁が事実調べを含め審理をやり直すかどうか、そのために1回の口頭弁論を開いただけで結審するという最近の高裁段階の悪い流れの「1回結審」をどうくい止めるかでした。結論的には一回結審を乗り越え、和解協議期日をはさみ次回裁判期日が確定し、控訴人側としては、更に主張補強の機会が与えられたと評価できるものでした。

当日は冒頭、控訴人側から、宮崎さんと代理人(井下弁護士)による各10分の意見陳述が行なわれ、続いて控訴審に当たっての裁判長の考え方が示され、双方に論点整理のため追加の準備書面を7月いっぱいに出すようにとの指示があり、その上で裁判長は和解協議の提案を行ないました。

和解協議について被控訴人側は、「席には着くが本意ではない」との対応でした。これに対し、裁判長から、「和解の席に着くだけではなく、控訴人は12年も働いてきた実態がある。そのことを踏まえて席に着くように」と念押しをされる一幕もありました。

この裁判長発言の背景には、TNCが地裁判決のあと押しをうけて4月1日以降、宮崎さんの派遣切りを強行したことに対し、この事態を放置できないとの高裁の判断があるのかも知れません。被控訴人側が最後に発言した「今日で終結するつもりでした」に、被控訴人側の困惑した様子が窺えた第1回裁判でした。

2009年12月のパナソニックPDP最高裁判決以降の違法派遣、偽装請負、非正規労働者の雇い止めに対する派遣先への直接雇用を求める裁判では、依然として不当判決が相次いでいます。

雇用の原則は直接雇用である。派遣法は職安法の例外を定めたものであり厳格に遵守されなければならない。派遣労働は一時的・臨時的業務に限定、常用雇用の代替禁止が原則、派遣法違反は労働者供給事業であり職安法違反である。これらを控訴審で如何に裁判所に理解してもらうかが今後の焦点です。

今回も90人を超える傍聴支援があり大法廷を満席にすることができました。傍聴頂いた皆さん、梅雨空の中ありがとうございました。

      今後の裁判日程
    ・7月13日(金)10時30分 和解協議
    ・8月20日(月)10時30分 第2回口頭弁論 501号大法廷
                                                                                        2012.6.29   
    トップへ                                                                                                            


宮崎裁判 控訴審は6月18日
  宮崎裁判の控訴審第1回口頭弁論は、6月18日(月)開かれます。
原告の宮崎さんと弁護人がそれぞれ10分間陳述します。
支援者をはじめ多くの皆さんの傍聴をお願いします。

    日 時:6月18日(月) 13時10分開始。
         12時30分から門前集会を行います。
    法 廷:福岡高裁501号 (100人傍聴席の大法廷)
 
                                                                                                 2012.6.2                                トップへ                                                                                                            

第83回メーデー開催
 2012年第83回福岡県統一メーデーは5月1日、福岡地区をはじめ県内9カ所で開催されます。
東日本震災復興を口実に、消費税増税をはじめとする国民負担増に固執する野田政権。雇用、くらし、健康、安全への不安感は増すばかりです。
 2012年も労働者の闘いと団結の声を高らかに上げましょう。


       日 時: 5月1日 9時30分~うたごえ、9時45分~アトラクション
             10時00分~式典開会、11時30分~デモ行進
       会 場: 天神中央公園(福岡市役所前)
       主 催: 第83回福岡県中央統一メーデー実行委員会   後 援:福岡県・福岡市
                                                                                        2012.4.21 
  トップへ                                                                                                            

 裁判所前で宣伝行動

~地裁の不当判決に便乗した 宮崎さんの派遣切り~

2月8日に福岡地裁が言い渡した「宮崎さんの請求を棄却する」不当判決は、TNCによる宮崎さんの派遣切りを引き起こしました。

原告が2月20日に控訴した直後の2月23日、派遣先TNC(テレビ西日本)は、宮崎さんとの派遣契約を4月以降更新しない旨、通告してきました。
  これにより、宮崎さんは3月31日をもって、11年間働いてきたTNCの職場から追い出されました。
  これは明らかに、地裁不当判決に悪乗りしたTNCによる、裁判提訴への報復攻撃です。

支援共闘会議では、この事実を福岡地裁に知ってもらい、控訴審の福岡高裁が勇気をもって社会正義に則った判断を下されるよう求めて、4月10日(8:15~9:00)ハンドマイクとビラによる裁判所前宣伝行動に取り組みました。参加者15名、ビラ433枚配布。(配布したビラ)

                                                                                 2012.4.11
  トップへ                                                                                                             

 2012憲法記念日のつどい 講演会
日本国憲法が施行されて65年、いま「憲法を復興に活かそうー原発も基地もない日本と世界」のねがいが大きく広がっています。憲法記念日に、改めて「憲法」を考えてみませんか。ぜひ、お気軽に参加下さい。
            
 「活憲の時代 世界と九条
  
   と   き 5月3日 (木祝) 17時30分 開場  18時開会 20時閉会
    講  演 
「活憲の時代 世界と九条」 講師 伊藤 千尋 ジャーナリスト(朝日新聞記者)
    と こ ろ 都久志会館 大ホール
    参加費  500円(高校生以下無料)
    主  催 九条の会 福岡県連絡会 代表世話人/石村善治(福岡大学名誉教授)
                                                                                 2012.4.7
  トップへ                                                                                                             

 「入学おめでとう!平和な未来は、君達の手で!」 九大入学式でビラまき 
 「民放9条の会ふくおか」は4日、九大入学式会場前(福岡国際センター)と麻生塾の入学式会場前(福岡サンパレス)でビラまきの宣伝をしました。九大入学式でのビラまきは6回目、「入学おめでとう!平和な未来は、君達の手で!」のビラ800枚と「5.3憲法集会」のビラ350枚を配布しました。一人でも問題意識を持つ若者が出てほしいとの思いを込めてビラを手渡しました。   
宣伝は、朝8時15分から10時15分まで2時間、参加者9人が精力的にとりくみました。
(ビラの内容はここをクリック)                                                                                                                                                             2012.4.6
  トップへ                                                                                                            

 宮崎さんの派遣切りに抗議の宣伝行動
TNC(テレビ西日本)は2月23日、福岡地裁の不当判決を盾に4月1日以降、宮崎さんの派遣契約をしないと通告してきました。TNCによる宮崎さんの派遣切りは、裁判提起への報復攻撃であり、派遣労働者が裁判を受ける権利を奪うものです。宮崎裁判支援共闘会議は3月28日、宮崎さんの派遣切りに抗議して、TNC放送会館前でビラまきとハンドマイクによる宣伝行動を取り組みました。当日は、宮崎さんがTNCのマスターで11年間働いてきた最後の日です。宣伝には12人が参加、派遣切りに抗議するビラ約200枚配布しました。判決後の宣伝とあって、いつもより多くの人がビラを受取っていました。                     (配布したビラ)
                                                                                 2012.4.3
  トップへ                                                                                                            

 3・11さようなら原発!福岡集会
  東日本大震災と福島原発事故から1年になる3月11日には、47都道府県すべてで震災で亡くなられた人々を追悼し、復興支援と原発なくせを掲げた集会とデモ・パレードなどが計画されています。原発なくせを一致点に数十万人が行動する、原発ゼロをめざす闘争としては日本史上最大規模になります。
福岡県では、福岡、北九州、久留米などで集会とデモが行われます。この集会の趣旨に賛同できる人は、すすんで参加しましょう。(集会ビラ)

       [GOODBYE NUKES さようなら原発!福岡集会]
        日時 3月11日(日) 13時30分 集会開始
                      14時30分 デモ出発
        場所 須崎公園(福岡市天神5丁目)
        主催 さよなら原発!3.11福岡集会実行委員会
                                                                                                                                           2012.3.5
  トップへ                                                                                                            

 不当判決に控訴、宮崎裁判勝利まで闘い抜くー「テレ西40条の会」
 2月8日、105名の支援者が見守る中(約60人は廊下で)、福岡地裁は宮﨑裁判の判決を言い渡しました。TNCの正杜員としての地位確認、賃金差額の損害賠償、この原告の請求をいずれも棄却するという不当な判決でした。

宮﨑さんの訴えは、憲法上の生存権、労働権に根ざすものであり、その法理は社会正義に則った誰が見ても正当なものであると、私たちは確信しています。

然るに、福岡地裁は不当にも「派遺法違反は国と企業の間題だ。派遣労働者は永遠に派遺労働者だ。派遺法違反ごときで裁判所に来るな」と、正に冷徹かつ乱暴な手法での門前払いに等しい請求棄却でした。社会正義に敵対するこの裁判所の姿勢に対し、私たちは満腔の怒りをもって抗議するものです。

この判決の意味するものは、今日の派遣法違反やり放題をよう容認する裁判所の最近の傾向に迎合した、正に松下PDP最高裁判決に屈した、裁判官の独自性を放棄したものと言わねばなりません。

この判決は、単に宮﨑君個人の地位と権利と賃金にかかわるものでなく、全民放を始めとする電気通信事業で働く無線従事労働者に、その労働者の資格要件を否認するものであり、且つ又、全産業に今や蔓延している派遣労働者の置かれている無法な無権利状態の放置にかかわる間題です。そして今日、資本のやり放題の派遣法違反による労働者収奪行為を容認し援護するものと言わねばなりません。

このような裁判所の加害者加担の不正義な行為は断じて許されるものではなく、多くの国民の反論と非難を免れないものと確信します。ましてや、今日の派遣法改悪の動向を見るとき、正に社会正義の観点から警告と正しい運用の法理を説くべき裁判所の任務を放棄したものと断ぜざるを得ません。
 私たちは控訴審において地裁判決の不当性を暴き、宮﨑裁判勝利の日まで闘い抜きます。   

 2月20日、原告は控訴しました。

                             (テレ西40条の会)                                                             2012.3.4
  トップへ                                                                                                            



 「正社員化」裁判をたたかうーテレビ西日本で働く、宮﨑幸二さん
 視聴者に情報と「夢」を提供するテレビ局。華やかな外見とは裏腹に、不安定な非正規雇用の職員が過半数を占め、長時間・過密労働がまかり通っています。
「自分たちでテレビ局を変えていこう」。いま、労働組合とスタッフが立ち上がっています。

「残念な判決で悔しいですが、正直、悲壮感はありません」。宮﨑幸二さん(48)は胸を張りました。テレビ西日本(TNC=本社・福岡市)で「派遣社員」として働く宮﨑さんは2009年6月、正社員としての地位確認と賃金差額分4200万円の賠償を求めてTNCを提訴。8日に福岡地裁が出した判決は、宮﨑さんの請求をすべて棄却する不当なものでした。(2/20付 赤旗記事全文
                                                                                   2012.2.26
  トップへ                                                                                                            

宮﨑裁判 請求棄却の不当判決ー宮﨑裁判支援共闘会議が声明
  テレビ西日本に社員化を求める宮﨑幸二さんの裁判で福岡地裁は8日、原告の請求をすべて棄却しました。原告の主張や証拠を一切採用せず、労働者派遣法違反や電波法違反の判断を避けた不当な判決です。「宮﨑裁判支援共闘会議」は同日、「本判決に対し, 速やかに控訴し,非正規労働者の権利擁護と働くものの生存権擁護のために, 勝利の日まで闘い続けることを誓う」という声明を発表しました。
              声    明
   本日, 福岡地方裁判所において, 原告宮﨑幸二さんが被告テレビ西日本に対して求めた雇用契約上の地位確認請求訴訟において, 原告の請求を棄却する判決が言い渡された。
   本裁判は, 被告テレビ西日本と被告TNCプロジェクトとの間の労働者派遣契約が業務 偽装であり, かつ専ら派遣という違法なものであることを白日のもとにさらし,宮﨑さんの権利救済はもちろん, 民放業界における非正規労働の実態を告発し, かつ労働者派遣法そのものの不当性を問う裁判でもあった。
しかるに, 判決は, 宮﨑さんの労働の実態を見ずに, 昨今の最高裁判決の流れに沿って, 宮﨑さんの権利救済はもちろん, 労働者派遣法の持つ不当性にも目を向けなかつた。

   私たちは, 勇気のかけらもない判決に心からの抗議の意志を示すものである。 
民放業界はもちろん、今や40%にも迫ろうとする非正規労働という働かされ方は働くものの尊厳を踏みにじり, 格差と貧困を拡げている。 そして, その梃子となっている労側者派遣法は一日も早く廃止されなければならない。

   私たちは本判決に対し, 速やかに控訴し, 非正規労働者の権利擁護と働くものの生存権擁護のために, 勝利の日まで闘い続けることを誓う。

2012年2月8日
宮﨑裁判支援共闘会議

                                                
                                                                                                               2012.2.12
トップへ 
                                                                                                                                                                              

派遣法判断避け棄却 テレビ西日本、正社員化認めず
テレビ西日本(TNC=本杜・福岡市)で派遣社員として働く無線技術士・宮﨑幸二さん(48)が、正社員としての地位確認と賃金差額分約4000万円の損書賠償を求めた裁判の判決が8日、福岡地裁でありました。岩木宰裁判長は原告の請求をすべて棄却しました。宮﨑さんは控訴するとしています。
(2/9付赤旗記事全文))
                                                                                       2012.2.10   
  トップへ                                                                                                            

裁判勝利で正社員に- 福岡で決起集会
  テレビ西日本(TNC)で11年も派遣社員として働く無線技術士、宮﨑幸二さん(48)が違法派遣の是正と正社員化を求めた裁判の判決(福岡地裁、2月8日)を前に21日、勝利をめざす決起集会が福岡市で開かれました。宮﨑裁判支援共闘会議の主催で、民放労連OBら66人が参加しました。

宮﨑さんは2009年6月の提訴以来、派遣先のTNCから攻撃を受け、職場内で孤立に近い状態にあったことを振り返り、「ここまでたたかってこられたのは、みなさんの支援があったからこそです。正社員化を認める判決を勝ち取り、派遣労働者に不利な判決が続く流れを変えたい」と訴えました。

裁判経過を報告した共闘会議の井上英雄事務局長は、宮﨑さんを正社員にしない口実に、TNCが電波法にすら違反する主張をもちだすまで追いつめた原告側立証の到達を説明しました。

JAL不当解雇撤回や熊本・NECセミコン重層偽装請負、山口・マツダ派遺切りなどの訴訟原告団が、違帯あいさつをのべました。NEC原告の柴田勝之さんは「私たちの裁判は誤った労働政策をただすたたかいです。ともに勝利するまでたたかっていきましょう」と語りました。 
 (1/22付「しんぶん赤旗」より転載)                                                                                                                                                                            2012.1.25   
  トップへ                                                                                                            


宮﨑裁判いよいよ判決
   TNCに正社員化を求める宮﨑裁判は昨年9月28日に結審し、2月8日に判決が出されます。
  判決日の日程は次の通りです。皆さん方の傍聴とご支援をよろしくお願いします。
  ★宮﨑裁判判決
    2月8日(水) 13時10分開廷、福岡地裁303号法廷
               12時50分から門前集会、判決後、報告集会があります。
                                                                                       2012.1.8   
  トップへ                                                                                                            

新たなる前進に向けてーテレ西40条(派遣法)の会

  新年おめでとうございます。昨年1年間ご支援ありがとうございました。会員、支援者の皆さんに厚くお礼申し上げます。 カンパ・署名・傍聴オルグと、宮﨑君本人を先頭に12回の裁判を闘い抜き、昨年9月28日に結審し、本年2月8日、判決を迎えることになりました。

 今日、アメリカ、中東、ヨーロッパ、アフリカ等での反格差・反貧困の人民の怒りのうねりは、全世界を覆いつつあります。日本もその例外ではあり得ません。それは、消費税増税、行財政改革に名を借りた公務員の賃金ダウン、年金切り下げ、「民自公」合意の派遣法の改悪が、日本の勤労者の格差と貧困を益々推し進める大衆収奪だからです。
 財界は、原発の人災に何らの反省も責任もとらず260兆円もの蓄積をより一層強めようとしています。災害復興は増税でなく、この資本のストックをこそ拠出させるべきです。

私たちは、このような状況の中、闘いの前進と展望は必ず開けるとの確信をもって、本年も闘って行きたいと思っています。しかしながら非正規雇用の裁判は、政府と財界の意を受けたとしか思えない反動化した裁判所により次々と敗訴にさせられています。
 しかも派遣法たるや、「製造業派遣、登録型派遣、日雇い派遣を容認」と報じられている現状を見る時、宮﨑裁判も楽観は許されません。

私たちは、裁判は運動の一つの取っ掛かりだと捉え、より大きな団結と統一を創出し、今日の閉塞を打破する運動の構築をせねばならないと考えます。そのために、動かない、動けない状況にある既存の組合に大胆に呼びかけ、他方、非正規の厖大な未組織の労働者に決起と労働組合への結集を働きかけねばなりません。
 その運動の牽引となるのは、闘っている争議組合のJALやNTT(通信労組)などをはじめとする闘う労働者の結集と統一行動が重要です。私たちは本年1月21日、「宮﨑裁判勝利をめざす決起集会」を開催します。多くの皆さんの参加、激励を切に願っています。

最後に、宮﨑裁判の争点に関る管轄官庁である総務省(電波法)、厚労省(派遣法)への取り組みが絶対に必要だと考えています。
 国民に背を向けた両官庁の怠慢が、どれ程多くの労働者や国民を苦しめているか分かりません。年金しかり、派遣しかり、また、労災、失業対策、最賃、薬害、生活保護も同様です。これらにかかわる全ての人々との共闘とスクラムで今年も前進して行きたいと願っています。
 皆さんへの連帯の挨拶とします。
                                                                テレ西40条(派遣法)の会世話人会 
 

           「宮﨑裁判勝利をめざす決起集会」開催

 ●日 時:2012年1月21日(土)15:00~16:30
  ●場 所:福岡県農民会館 4階ホール     
        (福岡市中央区今泉1-13-19

  ●集会内容
   ①特別報告:井下 顕 弁護士
 「宮﨑裁判の今日的意義について」                 ②各争議団報告                                        
       ・JAL不当解雇撤回闘争支援共闘会議 ・NECセミコン偽装請負訴訟原告
     ・マツダ雇い止め解雇撤回闘争原告団 ・明治乳業争議原告団
     ・読売新聞「押し紙」訴訟原告団 ・通信労組 他

   多くの皆さんの参加をお願いします

                                                                                                         2012.1.8
  トップへ 
                                                                                                                


日航は不当解雇を撤回せよー福岡で決起集会開く 
                               
 「日本航空の不当解雇撤回をめざす福岡支援共闘会議」は26日、福岡市民会館で決起集会を開き、支援の労働組合、団体から130人余が参加しました。(宮﨑裁判支援共闘会議から8人が参加)
 憲法研究者の石村善治さんと自由法曹団福岡支部長の山本一行さんの主催者あいさつのあと、乗員組合の飯田祐三さんと客室原告団長の内田妙子さんが裁判と運動の状況について報告しました。

 飯田さんは、稲盛会長が雇用継続は可能であるとの発言も紹介しながら、日航の整理解雇は最高裁法理である「整理解雇四要件(①高度の必要性、②解雇回避の努力、③人選の合理性、④手続きの妥当性)」を満たさない不当な解雇であり、ILOなど国際的にも批判の声があがっていると指摘。原告団148人全員の解雇撤回と、現職復帰を勝ち取りたいと訴えました。
 内田さんは、原告と会社の状況を説明し、会社は史上空前の利益を上げているが、職場は過労が広がり、賃金が下がり、中堅の技術・専門職員の退職が止まらず、一日も早く職場に復帰し、安全・安心の会社にしたいと語りました。
 
 このあと、雇用問題で闘っている争議組合の社保庁分限免職やTNCプロジェクト労組、自由ヶ丘高校の不当解雇、NTTリストラの4組合から争議の現状とたたかいの決意を述べました。
 TNCプロジェクト労組の宮﨑幸二さんは、裁判の経過にふれて、TNCは「会社が、派遣労働者を社員にすることはない」「放送電波の監視は機械がやっているので、国家資格をもつ無線従事者はいなくてよい」など、労働者派遣法と電波法を無視した証言を行ったことを報告し、JALの不当解雇、NTTリストラなど闘う労働者と連帯、共同して勝利するまでがんばり抜く決意を述べました。

 集会後、須崎公園から天神中央広場までデモ行進し、「日本航空は不当解雇を撤回せよ」「NTTは50歳定年をヤメロ」「TNCは不当差別をヤメロ」などとシュプレヒコールで市民に呼びかけました。
                                                                                    2011.11.29
  トップへ                                                                                                            

 さようなら原発 福岡集会に1万5千人が参加
 九州・沖縄・韓国に住む市民でつくる「さようなら原発!福岡集会」が13日、福岡市中央区の舞鶴公園で開かれ、「原発いらない」の一点で九州各地から1万5千人が参加しました。開会あいさつで、呼びかけ人代表の青柳行信さんは、「世界の青空、海、大地がこれ以上、放射能にまみれないためにも原発はすべて廃炉に」と訴えました。このあと、石村善治(福岡大学名誉教授)さん、出水馨(九州大学教員)さん、大村綾子(福岡YWCA)さんらが原発をなくしたい思いを語りました。
 最後に、「今日、ここに集まった1万5千人の意志として、すべての原発の廃炉を求めます」との集会宣言を採択したあと、福岡市中心部の天神まで3コースに分かれてデモ行進を行いました。
 (パソコン不調にてUPがおくれました)

 
                                    会場は脱原発15,000人で埋まった

九州民放OB会とテレ西40条の会ものぼりを掲げて参加 サウンドデモを先頭に「原発いらない、電気は足りている」「カネより命」と唱和しながら行進
                                                                           2011.11.24  
  トップへ                                                                                                            

 さようなら原発!福岡1万人集会
いまや国民の7割が「脱原発」の意思を示し、原発を拒否する声はさまざまな運動となって広がっています。9月19日には、東京・明治公園で作家の大江健三郎さんらが呼びかけた脱原発を求める「さようなら原発5万人集会」に6万人を超える人々が参加し、「原発いらない」と訴えました。

福岡でも同日開催された冷泉公園の「さようなら原発集会」に続いて、 「九州・沖縄・韓国に住む市民でつくる『さようなら原発!福岡1万人集会』」が11月13日(日)、 舞鶴公園で開催されます。代表呼びかけ人は、「原発とめよう!九電本店前広場」の青柳行信さん、福岡大学名誉教授の石村善治さん、九州大学教授の出水馨さん、福岡YWCA理事長の大村綾子さんなど多彩な方々17氏です。  

「原発はもうやめよう」の1点で共同して声をあげる集会とデモです。個人・団体どなたでも参加できます。
11月13日の集会で、1万人を大きく超える人々が集い、「原発はもうやめようよ!」の声をあげましょう。

       [さようなら原発!福岡1万人集会内容]
   日時 11月13日 10時00分~ お祭り広場、フリーステージなど
              13時00分~ 「さようなら原発!大集会」
              14時00分~ デモ出発
              15時00分~ 天神・九電前・大宣伝行動
   場所 福岡市舞鶴公園 地下鉄:「赤坂駅」「大濠公園駅」下車徒歩8分
                  西鉄バス:「平和台」「大手門」「城内」下車徒歩5分
                                                                                    2011.10.29
  トップへ                                                                                                            

2011憲法フェスタin福岡 テーマは「原発と憲法九条
 「九条の会 福岡県連絡会」が主催する「2011憲法フェスタin福岡」は11月3日、「原発と憲法九条」をテーマに、幻のドキュメンタリー映画と言われている「あしたが消えるーどうして原発?」と、「東日本大震災と九条の行方」の講演が行われます。
  映画は、福島原発について22年前に描かれたドキュメンタリー作品。福島原発を通して「原発安全神話」に疑問符を投げかけており、今回の福島原発を事故を予測しています。55分の短い作品ですが、訴える力が観る人の心に鋭く問いかける必見の作品です。
 講演は、大震災復興の裏側で、日米軍事体制の強化、自衛隊の海外での武力行動の恒常化などが進み、日本国憲法への攻撃も強まっている現状を纐纈さんが解説してくれます。
お誘い合せて、気軽にご参加ください。

                                                                                                              
       ○ 映 画  :  「あしたが消えるーどうして原発?」 第一回上映 11時00分~11時55分
       ○ 講 演 : 「東日本大震災と九条の行方」 13時30分~
              講師 纐纈(こうけつ)厚山口大学教授
     ○ 映 画  :  「あしたが消えるーどうして原発?」 第二回上映 15時00分~15時55分
     ● と  き  11月3日(木・祝)  
      ● ところ  福岡県教育会館(地下鉄筥崎宮前 一番出口 徒歩1分)
       ● 参加費   1,000円
                                                                                         2011.10.18
   
  トップへ                              



格差容認しない判決を TNC正社員化裁判が結審
  
 テレビ西日本(TNC)で無線技術士として働く派遺労働者の宮﨑幸二さん(48)が、派遣法の定める期限を超えて派遣労働に従事させられたのは違法だと、TNCに正社員化を求めた裁判が28日、福岡地裁(岩木宰裁判長)で結審しました。
 
宮﨑さんはTNCが100%出資する子会社との派遣契約のもと10年間、テレビ局の重要な部門をつかさどる送筥信業務に従事。裁判で原告側は▽子会社がTNCへの派遣事業のみを取り扱っていた▽宮﨑さんの子会社採用の際、TNC元技術部長が面接していたーことなどから、宮﨑さんとTNCが直接の雇用関係にあったことを立証しています。
 
最終の意見陳述で宮﨑さんは「1年ごとの派遣契約更新を重ねて10年。差別と低賃金にあえぎ、失業におびえながらの就労でした。この間、TNCでは100人以上が正規から非正規に代替されており、格差拡大や労働者差別を容認しない公正な判断を」と訴えました。判決は来年2月8日に言い渡されます。                      (9/29付「しんぶん赤旗」より転載)                                                                                                                                                                 2011.10.1
  トップへ                                                                                                  
                                                                                        

「TNC社員化裁判」結審 ~宮﨑さん、切々と意見陳述~
 

         原告の宮﨑さん
 福岡のテレビ局、TNC・テレビ西日本に社員化を求める宮﨑裁判(2009年6月26日、福岡地裁提訴)は、9月28日、12回目の口頭弁論をもって、結審となりました。口頭弁論終結にあたり、原告・宮﨑幸二さん(48才)が意見陳述を行いました。
  
  宮﨑さんは、「自信と誇りを持って社会に出た労働者が派遣労働者になるや、浮かび上がることも出来ず、差別と低賃金に喘ぎ、失業に怯えながら働かなければならない。賃金搾取が横行し、人間の尊厳も生存権も脅かされている現状を、裁判所は是非理解して欲しい。せめて憲法が保障している生存権、生活権、労働権が守られ、適法で平等な処遇が実現することを願っております。」と、派遣労働者がおかれた現状を裁判所に切々と訴えました。
宮﨑さんのこの思いは傍聴者の心に響いただけでなく、裁判所にも届いたことでしょう。

   この日も76人の傍聴支援があり、傍聴席は補助椅子を追加しても足りず、33人の支援者が廊下で待機する状態でした。
 開廷前の裁判所門前集会には、無実の罪で無期懲役の判決が確定し、29年間も拘置所・刑務所に囚われ、今年6月、44年ぶりに再審で無罪を勝ち取った「布川事件」の原告・桜井昌司さんが、ハードスケジュールの合間を縫って、宮﨑さんの激励に来て頂きました。

また、裁判後の報告集会では、毎回傍聴の石村善治福大名誉教授をはじめ、民放労連本部、民放労連長崎ビジョン労組、福岡県労連、福岡地区労連、通信労組の代表から、次々と「今日の貧困、格差拡大を生む雇用のあり方に係わる重要な宮﨑裁判、勝利判決へ向け運動を強化しよう。」と、激励と連帯の挨拶がありました。

集会後、裁判所への要請団を組み、代表の新井民放労連本部中央執行委員から、先の民放労連定期大会および同九州地連定期大会で決議された「宮﨑裁判支援」両決議を裁判所に手渡しました。追加集約の個人署名1975筆(前回と合わせ4532筆)についても同時に提出し、当日の行動を終えました。

署名活動は引き続き取り組まれます(12月末締め切り)。ご協力よろしくお願いします。
  署名用紙はこちら

~判決日は来年2月8日(水)13時10分 303号法廷~

布川事件の桜井昌司さんが激励                                  門前集会(福岡地裁)
                                         結審後の報告集会
                                                                                                                                                                                                2011.9.30 
  トップへ                                                                                                  
                                                                                        

宮﨑裁判結審に当り宣伝行動を開始

   

 宮﨑裁判が9月28日に結審し、いよいよ大詰めを迎えることから、「宮﨑裁判支援共闘会議」では、勝利判決を目指し、街頭での宣伝行動(マイクとビラでの宣伝、署名活動)を開始しました。

今回は結審に向けての第1弾の行動と位置付け、JR博多駅筑紫口で週一回、計5回取り組みました(8/26、9/2、9/8、9/15、9/22、時間はいずれも17時30分から1時間)。

1回目は雨、2回目は台風の影響で強風と、あいにくの天気でしたが、3回目以降は天候にも恵まれ、毎回500枚用意したビラが不足する状態でした(延べで2500枚配布、ビラの内容はこちら)。

この行動には「テレ西40条の会」をはじめ、福岡県労連、福岡地区労連、通信労組、NTT労働者を支援する福岡の会、国民救援会、明治乳業争議原告団、福岡地区争議団共闘会議 と、地域からも心強い応援がありました(参加者は毎回15人~20人)。

今回宣伝行動の場所は、近くに福岡労働局等、国の機関が入る合同庁舎があるためか、仕事を終え一団となったスーツ姿の人が目立ちました。

道路のなかほどを歩くビラが行き届かない人にも、4メートル大の「派遣法は悪法だ!TNCは宮﨑君の差別雇用をヤメロ!」の横断幕は目に留まり、1時間に亘るリレートーク式・マイクでの訴えも行き届いていた様子でした。なかには、雨の中、自ら「署名させて下さい」と近づいてこられた年配の女性、「署名用紙の全文を読ませてください」といって署名してくれた若者もありました。

今回行動に参加された皆さんお疲れさまでした。支援の皆さんありがとうございました。

 次回宮﨑裁判は9月28日(水)午前10時開廷、福岡地裁303号法廷です。9時30分から門前集会があります。
     
ハンドマイクで訴える宮﨑さん












                                                                                                                                                                                                                    2011.9.26 
  トップへ                                                                                                  
                                                                                        


民放業界の違法派遣ただす 正社員化裁判28日結審
   
 
無線技術士として送信業務10年


  
 非正規雇用がはびこる民間放送業界をただす裁判が28日、福岡地裁で結審します。テレビ西日本(TNC、福岡市)で派遣社員として10年間働く第1級陸上無線技術士、宮﨑幸二さん(47)が、同社に正社員化を求めた裁判です。

「正社員が多かった2000年の入社時と比べて、04年には非正規が逆転してしまいました」ー。宮﨑さんはTNCで働く社員の大部分が派遣に置き換えられた状況をつぶさに目にしてきました。宮﨑さんは派遣元のTNC子会社から本社に派遣され「マスター」業務に従事。テレビ局の心臓部といわれる部署で送出業務と送信業務を担います。

 賃金は半分以下
 労働者派遣法は、派遣先が3年を超え働く派遣労働者に対し、その業務に新たな社員を雇い入れる場合には、直接雇用を申し込むよう義務付けています。
 新入社員がマスターに配属されたことで宮﨑さんは直接雇用を要求しましたが、派遣先のTNCは拒否。福岡労働局に是正指導を申告したところ、新卒の採用は代替要員の新たな配置ではないとする不可解な理由で退けられました。10年間、正社員と同じ職場で、同じ仕事を続けながら、賃金は半分以下という差別待遇を受けてきたのです。
 宮﨑さんは2009年6月、正社員としての地位確認と賃金差額分の損害賠償を求めて提訴しました。
 TNC側は、一般家庭に電波を送る「送信業務」が、派遣期限のない26業務のうち「放送機器等操作」に当たり、正社員化の義務は生じないと主張。TNCの「(モニターの)監視は機械がやっている」との反論に、宮﨑さんは「あまりに法律を無視した言い分です。電波法には無線施設の運転中は常時、無線従事者を置かなければならないとあります」と憤ります。

 事前面接をした
 宮﨑さんがTNCに派遣されるにあたって、派遣法が禁止する事前面接をした問題でも、面接にあたったTNCの元技術部長は証言台で「面接に立ち会ったことはなく、宮﨑というものも知らない」などとのべました。
「それが本当なら誰が面接をしたのか明らかにすべきなのに、全く言及していません」と宮﨑さんは批判します。
 TNCは「TNCにおいて派遣から正社員への道は一切ない」と言い切り、完全に居直る姿勢です。
 毎回の裁判には放送局OBをはじめ支援者らが傍聴に参加するなど裁判を後押しし、結審を控えたこの間、宮﨑裁判支援共闘会議は週1回のJR博多駅での宣伝を始めました。
 年内にも見込まれる判決を見据え、宮﨑さんは意気込みを語ります。「これほどあからさまな誰弁(きべん)をろうするのは、会社側が追い込まれていることの表れ。派遣元でも7種の雇用形態をつくり、待遇に差をつけていますが、人間らしい働き方を取り戻すためにも絶対に勝たなくてはなりません」
              
(9/9付「しんぶん赤旗」より転載)     しんぶん「赤旗」紙面はこちら                                                                                                                             2011.9.12 
  トップへ                                                                                                  
                                                                                        

宮﨑裁判 9月28日 結審 、 年内判決も  


  2009年6月26日に福岡地裁へ提訴した「TNCに正社員化を求める宮﨑裁判」は、9月28日が結審日と決まりました。早ければ年内にも判決の運びとなりました。

宮﨑さん、TNCの違法派遣の実態を証言
  裁判は、9回の口頭弁論を経て争点整理を終え、4月27日の第10回から人証に移りました。 
  最初の原告側証人、大島浩一さん(RKBのOB)は、電波法の専門家(福岡工大で19年間、電波法の講義)の立場から、「宮﨑さんの無線従事者としての業務・送信業務は、派遣法が定める政令3号業務ではない。10年間のこの状態の放置は、派遣法だけでなく、電波法の基本すらも蹂躙する違法行為である」旨の証言をしました。

続いて、6月1日の第11回口頭弁論で証言台に立った宮﨑さんは、本件の争点、「原告の業務内容が派遣法・政令指定3号業務に該当するか否か」について、
  ①  原告自身が、電波法で常時配置が義務付けられている無線従事者(第一級陸上無線技術士)
  として、「送信業務」に従事していること。

  ② 派遣法では、送信業務は派遣対象外業務とされている。TNCでは、「マスター(主調整室)で
    送信業務が行われている。

  ③ 免許人・TNC(代表者、社長)は、免許人に代わって、放送局という無線局の運用(放送電波
    の発射業務)を行う有資格者として、原告本人を特定し、総務省に「選任届」を出している。
  ④原告の実質的雇用者はTNCである。
  宮﨑さんは、これらを中心に1時間半に亘り業務内容を具体的に証言しました。

TNCでは、派遣社員から正社員の道は一切ない 
  被告・会社側からは、計5人の証人が出てきました。
  中でも、注目を集めたのが、「TNCにおいては、派遣社員の正社員採用ルートは一切ない」と、冷徹に言い切ったTNC人事部長の証言でした。 「臨時的・一時的業務に限定」、「常用雇用の代替禁止」という派遣労働の原則を真っ向から否定するTNC。この経営姿勢こそが、非正規労働者が過半数を遥か超えるという民放産業の異常な雇用形態を作り出していると言わねばなりません。
  福島第一原発の雇用実態、東電社員1100人、下請け労働者9000人超。事故収束作業の困難性の要因を、思い浮かべた傍聴者も多かったことでしょう。今回の大法廷傍聴席も、これまでで最多の93人の支援者で埋め尽くされました。
    

次回裁判(最終弁論)
              「原告および代理人、意見陳述」

       9月28日(水)10時00分 福岡地裁303号法廷


                             9時30分「門前集会」

       多くの方の傍聴をよろしくお願いします。

                                                                                                         2011.8.2
  トップへ 
                                                                                                                


テレ西40条(派遣法)の会 第3回定期総会開催
          

7月15日、福岡中央市民センターで、第3回定期総会が開催され(28名出席)、裁判が最終弁論を残すのみとなり、年内にも判決が予想されることから、運動面強化の方針と次の取り組みが確認されました。● 署名活動の継続 ● カンパ活動の強化 ● 宣伝行動の開始
総会決議は下記のとおりです。

                                                決 議 文

  本日、私たちは08年5月発足以来、第三回目の総会を開催するに至りました。
 この間、カンパ、傍聴動員、ビラ配り、署名集め、オルグ、学習会と宮﨑君本人を先頭に鋭意取り組んで参りました。ご協力下さった全国の仲間の皆さんに心より感謝申し上げ一層のご支援をお願いするものです。
  裁判も11回の口頭弁論を終え、最終弁論を迎え、一挙に年内判決を迎える段階に至っています。   昨年10月には支援共闘会議も結成され、支援と共闘の土台を形成し、勝利への条件は整ったと確信しています。
 しかしながら、本年3月11日の東日本大震災、福島原発の過酷事故に伴い、政治・経済ともに混迷し、国民生活と非正規労働者の過酷な状況への関心は放置されたままの感があります。
  この状況の下、非正規雇用労働者の状態は日々刻々と悪化しています。早急な震災復興のためにも非正規雇用労働者の雇用の安定、賃金アップ、派遣法の抜本改正は今日の日本にとって喫緊の課題です。正規社員組合が非正規雇用の劣悪な労働条件を放置していて自らの労働条件の維持が出来るわけがありません。
  労働者の賃金、労働条件は労使対等の共同決定の原則があるにも拘らず、現政府は公務員労働者に一割賃金ダウンを押し付けようとしています。法によって非正規、差別雇用を容認・合法化している派遣法と軌を一にする国家権力を使った労働者収奪政策の現れと言わざるを得ません。
  北アフリカ、中近東での人民の決起による改革の波は、国民の利益無視の政権が崩壊することを示しています。この九州では早々と国家ぐるみの原発再稼動の先鞭がつけられようとしています。何らの安全の確保の保障もないまま・・・・。
  今こそ私たちは最後の気力を振りしぼって、かかる状況の打破をめざし決起せねばならないと考えます。 声を上げ! 行動しよう! 仲間は絶対に我々が多数であることに確信をもって。
 我々はささやかながら、その先頭に立って闘うことを宣言する。
右決議する。
                  2011年7月15日
                                                             テレ西40条(派遣法)の会 第3回定期総会 
                                                                                                               2011.8.2  
トップへ 
                                                                                                                                                                              
会社側の事実誤認明らかに
          
     
 「宮﨑裁判」本人尋問終わる

  JCJ福岡支部幹事の 冨崎幸二さんが、職場・TNC(テレビ西日本)と自らが所属する派遣元のTNCプロジェクトを相手に起こしている裁判の第11回口頭弁論が6月1日、福岡地裁であった。
  原告・宮﨑さんに対する本人尋問や被告2社の幹部3人への証人尋問で、宮﨑さんは原告側の主尋問、被告側の反対尋問に、合わせて3時間を超す証言を落ち着いて展開した。この日で結審することも予想されたが、被告側が宮﨑さんの記録ノートを証拠として提出するよう求めるなどしたため、7月13日に進行協議があり、その席で結審日が決まる予定。
  
 本人尋問で宮﨑さんは、TNC社員と同じ仕事をしておりながら賃金が差別されていることなどを訴えた。会社側証人に対する反対尋問では、TNCプロジェクトが、宮﨑さんが福岡労働局に、派遣法に基づき TNCへの直接雇用の義務を実行するよう申告した後から、TNC以外の会社にも派遣業務を行うなど慌てて「専ら派遣会社」でないことを偽装する動きをみせたことや、宮﨑さんが起こした「放送事故」の回数を間違うなどの事実誤認が明らかになつた。
  
 福岡地裁大法廷には、 JCJ本部、福岡支部会員や民放労連の組合員、民放OBらが東京、名古屋、中国・四国、九州一円などから支援傍聴に93人集まり宮﨑さんを応援した。

  なお、本部の定期総会で福岡支部・松本幸俊事務局長が要請した「裁判所に公正な判決を求める署名」は、JCJ本部会員らから多数寄せられている。目標の1万筆には、なお大幅に足りないので、支援共闘会議などを中心に努力を重ねている。
  JCJ会員の皆さん、引き続き、署名にご協力を!(6/25日本ジャーナリスト会議会報より転載)

                                                                              2011.7.11   
トップへ 
                                                                                                                                                                                 

原告・宮﨑さん堂々証言-Tプロ宮﨑裁判

テレビ西日本(TNC)のマスター職場(送信業務も)で「派遣労働者」として働いてきた宮﨑幸二さんが派遣法40条の5に基づき、TNCに対し直接雇用の申し入れを行ったが拒否されたため、09年6月に福岡地裁に「TNCの社員としての地位確認」と「賃金支払い」を求めた裁判の第11回口頭弁論が6月1日に行われた。

宮﨑さんは主尋問でTNCプロジェクト(Tプロ)に採用された経過やマスターでの放送事故の処分(減給と降格)を理由としてシステム技術部に異動となった経緯について証言した。処分の理由について「05年に組合を結成したことやマスターの”請負化"に反対してきたことが背景にあった。社員なら処分されない」と述べ、さらに送信業務が派遣法の政令指定26業務以外であることから、訴えの正当性を堂々と90分に及び証言した。

被告側の反対尋問で、被告側証人のTNCの人事部長は「TNCには、派遣社員を正社員に採用するルートもなく、40条の5が適用する場合はない」と言い切り、派遣法違反があっても、是正措置として社員にしないことを明らかにした。続いて証言したTプロの総務部長は「わが社は、TNC以外にも派遺を行っている」と述べたが、原告側から「この裁判が始まるまで派遣はTNCしかなかったのでは」と追及されると「営業活動をしていなかった」と「専ら派遣」の事実を認める結果となった。

この裁判は、宮﨑さんの社員化を勝ち取る闘いであると同時に同じように働く派遣労働者の法違反の是正・雇用の安定、労働条件の向上などを求める闘いでもある。勝利判決、争議解決のために支援していこう。

裁判傍聴には、九州地連、テレ西40条の会、労連本部、関東地連などから93人が参加した。次回は7月13日(水)に進行協議が行われる。(6/20付 民放労連機関紙より転載)
                                                                                                                                                                                                    2011.7.10 
           トップへ                                                                          
                                   

原告・宮﨑さん本人尋問・・・6/1福岡地裁

~TNCでは 派遣労働者は一生 派遣のままだ・・・会社側~
  6月1日、「TNCに正社員化を求める宮﨑裁判」の第11回口頭弁論が、福岡地裁301号大法廷で開かれました。当日は前回に引き続く証人尋問で、10時30分~17時の長時間に及ぶ審理となりました。    

  原告側からは、原告・宮﨑さんが証言台に立ち、本件の争点、“原告の業務内容が派遣法・政令指定3号業務に該当するか否か”について、
    ① 原告は、電波法で常時配置が義務付けられている無線従事者(第一級陸上無線技術士)と  
        して、 「送信業務」に従事していること。

    ② 派遣法では、送信業務は派遣対象外業務とされている。TNCは、「主調整室で行う送信業
        務 」 は派遣可能の3号業務だ」と偽り、10年に亘り業務偽装し、派遣法違反を続けている。

    ③ 国から放送局としての免許をうけた免許人・TNC(代表者:社長)は、免許人に代わって、放
        送局 という無線局の運用(放送電波の発射業務)を行う有資格者として、原告を特定し、総
        務省に「選任届」を出している。

    ④ 原告の実質的雇用者はTNCである。
  宮﨑さんは、これらを中心に1時間半に亘り、業務内容を具体的に証言しました。

  被告・会社側からは3人の証人が出てきましたが、宮﨑さんへの反対尋問を含め、いずれも放送局に付き物の、「放送事故」を針小棒大に取り上げるなど、宮﨑さんへの個人攻撃に終始しました。
中でも、注目を集めたのが、「TNCにおいては、派遣から正社員化の道は一切ない」と、冷徹に言い切ったTNC会社側の証言でした。

 「一時的、臨時的業務に限定」、「常用雇用の代替禁止」という派遣労働の原則を真っ向から否定するTNCの経営姿勢こそが、今日の民放産業の異常性を象徴するものとして、非正規労働者が過半数を遥か超える民放の雇用実態を浮き立たせるものでした。

放送の公共性、法律遵守など一顧だにしない、人件費削減・利潤追求を全てに優先する民放資本と、視聴者・市民と連帯し地域に密着したローカル局の真のあり方を問うたたかいが、宮﨑裁判闘争の一局面であることを改めて思い知らされた証言でもありました。

  今回の大法廷傍聴席は、これまで最多の93人の支援者で埋め尽くされました(地域の支援者45人、民放労連関係11人、九州民放OB会32人、東京・大阪・広島地区の民放OB5人)。 次回でいよいよ結審ですが、その期日は7/13の進行協議で決まることになりました。傍聴支援を頂いた皆さん、長時間お疲れ様でした。ありがとうございました。                                                                                                                                                                                   2011.6.16
 トップへ
                                                                                                                       

TNCは「社会正義」を実現せよ-「宮﨑裁判支援共闘会議」議長 白垣詔男

 マスコミは「民主主義」「社会正義」を実現させ、社会的弱者を守る砦(とりで)にならなければいけません。しかし、日本の現実はどうでしょうか。かつては与党・自民党にとって都合良く解釈した「民主主義」であり「社会正義」であり、社会的弱者よりも大資本を守る姿が前面に出ていました。しかし、マスコミはそれらを批判する「ジャーナリズム精神」を失いました。

 政権が交代しても、それらは全く解消できていません。自壊作用を起こして国民に大きな不信感を持たれている検察に対してさえマスコミは無力です。それどころかマスコミ各社の経営姿勢には、民主主義と社会正義に逆行して社会的弱者を守らない姿勢が散見されると言ってもいい。放送局の派遣、臨時、アルバイト、パート社員の多さは、その代表です。ここでは「同一労働非同一賃金」が当たり前になっています。

「宮﨑裁判」は、TNCの大いなる矛盾を正し、社会的弱者を守り、それによって日本の民主主義、社会正義を実現させる闘いだと確信しています。単に宮﨑幸二さんだけの裁判ではありません。

 小泉政権(実行者の1人が竹中平蔵氏)が日本の若者から「未来」を奪ったことは歴史的に定着しつつあります。奪われた未来に追い打ちを掛けるように、日本では、解雇、内定取り消し、低賃金労働など、働く側の立場を無視して差別的な政策を取り続けている企業が非常に多いのです。

「宮﨑裁判」で明らかになったTNCの経営実態を知れば知るほど、派遣労働者を覆っている「暗雲」が厚くなっているのを感じます。「暗雲」を一掃しなければ、民主主義も社会正義も実現できず社会的弱者を守ることもできません。私たちの支援が、その暗雲を、きれいさっぱりと吹き飛ばせるように全国に支援者を増やしていかなければなりません。 そのために力を尽くして共に闘おうではありませんか。

この記事は、3月20日付「宮﨑裁判支援共闘会議」会報から転載したものです。 )                       
                                                                     2011.5.13    
  トップへ                                                                                                            


TNCは正社員化を、福岡地裁 原告側証人が弁論
 TNCテレビ西日本(本社・福岡市)で約11年間働いている派遣社員で第1級陸上無線技術士の宮﨑幸二さん(47)=同市在住=が、TNCなどを相手取り、正社員化としての地位確認と賃金差額分の損害賠償を求めた訴訟の口頭弁論が27日、福岡地裁(岩木宰裁判長)であり、原告側から1人、被告側から2人の証人尋問がありました。

 原告側の証人は、元RKB毎日放送勤務の大島浩一氏(76)。裁判は、宮﨑さんが勤務するテレビ局から一般家庭などに電波を届ける「送信業務」が、労働者派遣法が禁止する業務に当たるかどうかが大きな争点です。

 証言で大島氏は、TNCが宮﨑さんとの派遣契約が送信業務ではなく、派遣が許される番組制作のための「放送機器操作」業務(政令3号業務)であって、「宮﨑さんの業務内容であれば3号業務ではなく、送信業務が主たる任務」であることを詳しく立証しました。

 被告側の証人として宮﨑さんの派遣先の所属長、TNCの子会社で派遣元「TNCプロジェクト」(Tプロ)の元取締役の2人が証言しました。

 裁判には民放労働者ら支援者約80人が傍聴。裁判を前後して集会も開かれました。(4月29日付赤旗記事より)
                                                                                        2011.5.2
  トップへ                                                                                                            

2011年憲法記念日のつどい、「映画と憲法の話
  5月3は憲法記念日。今年のつどいは、あの戦争が多くの青年たちの「生きること」を奪ったことを思い起こし、今日迷走する政治の中で、改めて「平和といのちと憲法」を共に考えるために開催されます。
 映画上映は、「無言館」というドキュメント作品 です。「無言館」は長野県上田市にある美術館。画家窪島誠一郎さんが 自らの出征経験を持ち、画家の野見山曉治さんとともに、日本各地の戦没画学生のご遺族のもとを訪ね、遺作を集めたドキュメントです。  講演は、石村善治さん(九条の会福岡県連絡会 代表世話人)が今の憲法の情勢についてお話しします。 
    
    と  き 5月3日(火) 14時00分~16時00分
    と こ ろ ふくふくプラザ(中央区荒戸) 1階ホール
    参加費 1,000円
                                                                                        2011.4.30 
  トップへ                                                                                                            

第82回メーデー開催
   5月1日の第82回メーデーは、東京の中央メーデーをはじめ、東日本大震災で甚大な被害を受けた岩手、宮城、福島3県を含め、全国313カ所で開かれます。福岡地区では冷泉公園で開催されます。

5月1日 冷泉公園 (上川端町)
             9時45分アトラクション、
            10時00分開会、  11時30分デモ

                                                                                   2011.4.30 
  トップへ                                                                                                            

あす宮﨑裁判 証人尋問
   いよいよ宮﨑裁判は大詰めを迎えます。
あす4月27日には、大島浩一(元RKB)さんの証人尋問が行われます。
傍聴席は100人ぐらい入れる大法廷で開かれます。多数の皆さんの参加をお願いします。

日時 4月27日(水) 13時30分~17時まで  301号大法廷
               12時50分から門前集会が行われます。
  証人は次のとおり、原告1人、被告2人です。
    原告側:大島浩一さん
    被告側:TNC放送技術部長(原告宮﨑 さんの派遣先の所属長)
         同元TNC放送技術部長(派遣元・TNCプ ロジエクトの元取締役 
                                                                                   2011.4.26 
  トップへ                                                                                                            

読売「押し紙訴訟」真村裁判・平山裁判判決
   真村・平山の両裁判の判決公判が次の通り行われます。
  皆さん方の傍聴と最後までのご支援をよろしくお願いします。
  ★真村裁判判決
    3月15日(火) 9時50分開廷、福岡地裁303号法廷
              9時20分から門前集会、判決後、報告集会
  ★平山裁判判決
    3月24日(木) 13時10分開廷、福岡地裁301号大法廷
             12時30分から門前集会、判決後、報告集会 
                                                                                     2011.3.11   
  トップへ                                                                                                            

 宮﨑裁判、証人尋問決定
     
    ~4/27、6/1、大法廷で集中審理~

9回の口頭弁論を重ね、争点整理を終えた宮﨑裁判は2月10日、裁判所と原告・被告の双方代理人(原告出席)による進行協議が行われ、証人採用と証人尋問期日が決定されました。2期日による集中審理となったため、この夏にも結審、秋には判決の運びと見られます。   

証人と尋問日は次のとおりです。
4月27日(水) 13時30分~17時 301号大法廷
    原告側:大島浩一さん
  被告側:TNC放送技術部長(原告宮﨑 さんの派遣先の所属長)
             同元TNC放送技術部長(派遣元・TNCプ ロジエクトの元取締役)〈双方からの証人申請>  

6月1日(水) 10時30分~17時 301号大法廷
    原告側:原告・宮﨑幸二さん
    被告側:TNC人事部長、TNCプロ ジエクト元社長、TNCプロジエクト人事部長


  いずれの証人も主尋問に引き続き反対尋閤に移ることになっています。
  いよいよ証人調べに移った宮﨑裁判、これからが正念場です。TNCの違法派遣の実態を法廷の場で明らかにする時がやってきました。
  派遣労働の原則は「一時的・臨時的業務に限定」「常用雇用の代替禁止」です。国民の電波を預かり、運用を任された免許事業の放送局が、公共性、社会的責任を放棄し、人件費削減、利益追求を最優先する現状はいつまでも放置する訳にはいきません。
  宮﨑裁判は、いま全国の裁判所で係争されている70件の「派遣労働者の派遣先直接雇用を求める闘い」とともに、日本の雇用のあり方を問うたたかいです。
  宮﨑さんのTNC社員化を実現するため、宮﨑裁判支援共闘会議では、裁判所に公正判決を求める署名活動にとりくんでいます。裁判傍聴と併せて、皆さんのご協力をよろしくお願いします。                                                                                 2011.3.7     
  トップへ                                                                                                                                                                                     


 3・5MIC11福岡総行動
マスコミ文化情報労組会議(略称MIC)は、福岡で次の通り集会と講演を行います。特に、新聞、放送労働者の参加を呼びかけています。
日時:3月5日(土) 13時00分開始 須崎公園で集会のあと、天神までデモ行進。
講演:16時00分~「放送法改正後の新聞と放送~メディアビッグバンを前にして」
    講師:メディア総研の岩崎事務局長。場所は西日本新聞会館国際ホール(16階)

3・6福岡県民集会、「一緒につくろう!憲法がくらしに生きるこのまちを!」
今までは公園で行っていましたが、今年は、屋内で開くことになっています。テーマは、雇用・非正規労働問題、TPP問題、諫早開拓問題、中小企業・自営業者の経営問題、地域主権改革の問題です。当日は、10時から「いのちとくらしの相談会」も開かれます。
日時:3月6日(日)12時より、うたごえ、アトラクション。集会は13時開会。
会場:福岡サンパレス

集会後、14時30分~15時30分、博多駅までデモ行進。                                                                                                           2011.3.1      
トップへ                                                                              

 「NTT労働者を支援する会」第9回総会を開催します
 11万人リストラとたたかう「NTT労働者を支援する会」が講演と第9回総会を開催します。同会は会員及び支援者への参加を呼びかけています。

 内部留保9兆7千億円、営業利益1兆1千億円を超える巨大企業NTTは、“50の春”を泣かす「50歳賃下げ・退職再雇用」制度を2002年から導入しました。
 毎年50歳になった社員は賃金3割カットで子会社に行くか、NTTに残って異職種・遠隔地配転か苦渋の選択を迫られ、多くの労働者が泣く泣く賃金3割カットの賃下げ・再雇用に応じています。

 特別講演では、NTTリストラと先頭に立ってたたかってきた岩崎 俊さんが、NTTの現状とこれまでのたたかいの教訓、日本航空の「整理解雇」のたたかい、非正規労働者の組織化の経験などをお話します。

       
             
◆と き   3月3日(木)18:30~20:30(18:00~合唱団あらぐさのうたごえ)
◆ところ  福岡県農民会館(福岡市中央区今泉1-13-19)4階大ホール
 
●第一部
    《特別講演》 『NTTリストラ反対闘争の教訓と日本航空「整理解雇」とのたたかい』
            講師:岩崎 俊(たかし)通信労組顧問(前中央執行委員長)
    《支援の訴え》
日本航空キャビンクルー・ユニオン原告団

●第二部  「NTT労働者を支援する会」第9回総会

                                                                                2011.2.20  
トップへ                                                                              


 「宮﨑裁判の公正判決を求める」署名のお願い
 宮﨑裁判支援共闘会議は、現在、裁判所宛署名に取り組んでいます。
皆様方のご協力をよろしくお願いします。
別紙の「署名用紙」を印刷し、署名を行い、次の住所へ郵送して下さい。 
宮﨑裁判署名用紙→PDF

<署名送付先>
   〒810―0072 福岡市中央区長浜1-2-6 天神スカイマンション302号                                                             民放労連九州地方連合会内 
                  宮﨑裁判支援共闘会議 宛 
                (電話092-713-7654 FAX 092-713-7645)

<署名の要請文>
 労働者・国民の生活と権利を守るために、連日ご奮闘されている貴労組、団体の皆様に敬意と連帯の意を表します。また、日頃からの宮﨑裁判へのご支援ありがとうございます。

 TNCのマスター(主調整室)で働く派遣労働者・宮﨑幸二さん(47才)が、派遣先・TNCに正社員化を求める「宮﨑裁判」は、民放労働者および全国のマスコミOB、地域の各労組・団体の皆さんからのご支援をうけ、昨年6月26日の福岡地裁提訴以来、1年半が経過しました。
 審理は9回の口頭弁論を経て争点整理を終え、今春に証人調べの運びとなりました。
 裁判がこれから正念場をむかえるにあたり、運動面の強化を図るために、昨年10月9日には、「宮﨑裁判支援共闘会議」が結成されました。
 同共闘会議発会式には、日本ジャーナリスト会議福岡支部、福岡地区労連、民放労連九州地方連合会、「テレ西40条(派遣法)の会」の呼びかけ団体4者をはじめ、民放労連本部、同関東地連、地域の労組・団体から44名の参加がありました。

年収200万円以下のワーキングプアといわれる労働者が1100万人にも迫ろうとする今日、派遣法の抜本改正が喫緊の課題として、その実現が求められているにも拘らず、政治が同法の改正に対し、実効ある方向へと動いていない中、「民放における業務偽装による違法派遣の実態」の告発である本件裁判の持つ社会的意義はより重要性を増したと考えます。

 支援共闘会議では、現在 裁判所宛署名に取り組んでいます。
 宮﨑裁判の勝利判決を勝ち取り、宮﨑さんの正社員化を実現することは、全国の非正規雇用労働者の雇用の安定と生活向上のたたかいに寄与出来ると考えています。
 皆様方のご協力をよろしくお願いします。  
                                                                                 2011.1.14   
 トップへ                                                                              


 西南大学でビラまき
「民放9条の会ふくおか」は12月1日、西南大学の正門前でビラまきを行いました。 この行動に8人が参加、10時から11時15分まで学生たちにビラ500枚を配りました。西南大ビラは、今回で5度目。
西南大の教官という九条Tシャツを着た女性は、ビラを見せて「九条を世界の人々に広めるため、九条Tシャツの配布活動を行っている。ともに頑張りましょう」と話していました。
ビラの内容はこちらです。                                                                         2010.12.5
                                                                                                        
 トップへ

証人尋問は来年2月以降に

「宮﨑裁判」原告側は4人申請へ

  「宮﨑裁判」第9回公判が11月17日午後3時30分から福岡地裁303法廷で開かれました。今回も60人を超す支援傍聴者が駆け付け、法廷に入りきれない20人以上は廊下で待機しました。
  
 公判では、原告、被告側とも4人(うち1人は重複するため計7人)の証人を申請する意向をみせ、来年1月末までに承認の陳述書を出すことに合意、2月10日に、その後の裁判の進行を協議することが決まりました。

  原告側が申請した証人は、①原告の宮﨑幸二さん②TNCプロジェクト労組の元委員長(女性)③放送、通信の専門家・大島浩一さん(JCJ福岡支部幹事)④宮﨑さん採用時の会社担当者―の4人です。(「日本ジャーナリスト会議福岡支部」の機関紙より転載)
                                                                                                                                        2010.11.30 
 トップへ

「憲法フェスタin天神」に300人

 「戦争は悲惨で愚劣」―東野利夫さんがビデオ講演

 恒例の「憲法フェスタin天神」(九条の会福岡県連絡会主催、JCJ福岡支部など協賛)が11月3日(水、祝)、福岡市中央区天神の都久志会館ホールでありました。会場には、約300人が詰め掛け、講演とコンサートに熱心に耳を傾けました。
  
 第1部講演「なぜ憲法九条か 九大生体解剖事件の教訓」は、講演者の東野利夫医師(84)が病気療養中のため出席ができなくなり、代わりに、東野医師が講演したビデオを放映しました。東野医師がスライドを使って「九大生体解剖事件」について説明、「事件を検証していくうちに、戦争の真の悲惨と愚劣が生々しく存在していることが分かった」と結論づけたのが印象的でした。この「結論」は東野医師の著書「汚名『九大生体解剖事件』の真相」(文春文庫)にも記されています。講演に先立ち、同連絡会の石村善治代表世話人が、現在の憲法状況を踏まえてあいさつしました。石村代表世話人は、民主党の防衛政策の危険性を指摘、憲法改悪の動きに注意するよう呼び掛けました。

   
九響演奏も楽しむ
  休憩を挟んで、第2部は九州交響楽団メンバーらの管弦楽演奏「平和のためのコンサート」。メンバーの林さんの軽妙な司会で、モーツァルト作曲「フィガロの結婚序曲」を皮切りに、米国人作曲家ルロイ・アンダーソンの「踊る子猫」「舞踏会の美女」ほか、バッハ「G線上のアリア」、ブラームス「ハンガリア舞曲第5番」、ヨゼフ・シュトラウス「憂いもなく」、ケテルビー「ペルシャの市場にて」と続き、最後はヨハン・シュトラウス2世の「トリッチ、トラッチポルカ」「美しく青きドナウ」と計9曲を披露しました。いずれもよく知られている名曲ばかりで、演奏に合わせて頭や手足でリズムを取る参加者も多く見られました。その後、アンコール曲としてヨハン・シュトラウス1世の「ラデツキー行進曲」を演奏、参加者が手拍子で演奏に〝参加〟、楽しい心豊かな「文化の日」(日本国憲法発布の日でもあります)となりました。(「日本ジャーナリスト会議福岡支部」の機関紙より転載)
                                                                                                                                        2010.11.30 



宮﨑裁判、来春証人尋問

TNCに正社員化を求める宮﨑裁判の第9回口頭弁論が11月17日、福岡地裁303号法廷で開かれました。昨年6月26日提訴以来1年5ヶ月を経て、今回で争点整理を終え、証拠調べに移ることになりました。この日は、証人の採否と進行について、双方の意見調整が行われました。その結果、裁判長からは次の指示がありました。

 ①  証人申請者(原告側3人、被告会社側4人)は来年1月31日までに、陳述書を出してもらいたい
   (原告 側からは全員提出とはならない場合も有り得ることを伝える)。

 ②  2月10日に進行協議を開く(裁判所と双方代理人で、傍聴なし)。当日、陳述書を見た上での
   証人の採否、証人尋問期日を決める(多分2期日は必要だろうと裁判長)。

 ③ 「証人尋問は大法廷で」の原告側要望については、積極的にその方向で検討する。
 
  以上のとおり、陳述書提出と年末年始の関係で、次回裁判まで3ヶ月を越える間が空くことになりましたが、宮﨑裁判もいよいよ来春には正念場を向かえることになりました。

傍聴については、今回も民放労連本部、同九州地連、九州民放OB会、地域(14団体と個人)から計70人(民放労連関係7人、九州民放OB会24人、地域39人)と、大勢の参加がありました。在福以外からも、東京の民放労連本部をはじめ大阪から民放労連近畿地連(近畿地区労組)、長崎から民放労連長崎ビジョン労組、熊本からNECセミコン争議原告団、北九州から国民救援会北九州支部の参加がありました。 多くの皆様の傍聴ありがとうございました。 

         近く 署名活動開始
  10月9日には「宮﨑裁判支援共闘会議」が結成され、今後の運動の強化が確認されました。近く「裁判所宛、公正判決要請署名」に取り組むことになりました。多くの皆様のご協力をよろしくお願いします。
                                                                      2010.11.27 
 トップへ


「支援共闘会議」発足が各団体の機関紙に掲載される
宮﨑闘争を支援する団体は、機関紙・会報・ニュースで「宮﨑裁判支援共闘会議」が発足したことを報じました。機関紙等に掲載したのは、日本ジャーナリスト会議本部(JCJ)、同福岡支部、民放労連本部、同九州地連、九州民放OB会の団体ですが、ここではJCJと民放労連本部の機関紙の記事をご覧ください。
 「宮﨑裁判」の支援共闘会議が発足ー報道機関における派遣の悪例 後世にの残すな(JCJ)  
 支援共闘会議が発足ー社員化求めるTプロ宮﨑さん(民放労連)                                                                                                                    2010.11.4
   
  トップへ                              

「支援共闘会議」結成後 初の口頭弁論 

~ 次々回から証人尋問予定、大法廷を要請 ~

「派遣先TNCに正社員化を求める」宮﨑裁判の第8回口頭弁論が10月13日11時から、福岡地裁303号法廷で開かれました。

開廷前の門前集会では、「宮﨑裁判支援共闘会議」結成(10月9日発足)の報告が、同支援共闘会議の井上事務局長(テレ西40条の会)から行われ、続いて幹事会を代表し、議長に選出された白垣氏(日本ジャーナリスト会議福岡支部長)から、「宮﨑さんを支え、署名をはじめ法廷外でのとりくみを強める為に、産別と地域の力を結集する共闘体制が出来た。非正規労働者の地位向上をめざす この意義ある闘いを、明るく展望を持って闘おう。宮﨑闘争勝利に向け力を尽くす。」と、力強い決意の表明がありました。

審理は8回の口頭弁論を経て、争点整理も大詰めを向かえ、今回出された被告側の最終主張(原告指摘の「専ら派遣」、「TNCのTプロ支配の実態」について)に対する反論を、次回 原告側が行い、併せて次回 双方から証人予定を出し、次々回から証人尋問に入る予定となりました。

原告代理人からは、「支援共闘会議が結成され、毎回 廊下で待機する傍聴者は更に増える。尋問は是非大法廷で。」の要請に対し、裁判長からは検討するとの返答がありました。

報告集会は門前で行われ、読売新聞「押し紙」訴訟原告団から「10月27日10時~17時、301号大法廷での集中尋問」への傍聴要請の訴えの後、「支援共闘会議」の副議長 石橋氏(福岡地区労連副議長)、同じく山田氏(民放労連九州地連副委員長)が紹介され、両副議長の決意表明と閉会挨拶で当日の行動を終えました。

今回裁判も66人(民放労連関係6人、九州民放OB会23人、地域の支援者37人)と、多くの方の傍聴を頂きました。ありがとうございました。

               次回裁判
            第9回口頭弁論 福岡地裁303号法廷
            11月17日(水)15時30分、「15時 門前集会」
            多くの方の傍聴をお願いします。

テレ西40条(派遣法)の会は、「宮﨑裁判支援共闘会議」の構成団体として 事務局団体を引き受けることになりました。今後ともよろしくお願いします。

                                                                                       2010.10.28   
  トップへ                              

'10憲法フェスタin天神の案内
11月3日、「あの戦争を語り継ぎ、平和の調べに集う」をテーマに「'10憲法フェスタin天神」が下記のとおり開催されます。例年、天神・警固公園で開かれていましたが、今年は屋内で行われます。
                                                                                                              
  と  き : 11月3日(水) 開演14時00分
 
  内 容  :  ○第一部 講演「なぜ憲法九条か」九大生体解剖事件の教訓
                講師:東野利夫先生
          ○第二部 平和の調べコンサート
                九州交響楽団メンバーを中心とした管弦楽
    ところ : 都久志会館ホール   主催 / 九条の会・福岡県連絡会    参加費 1000円
                                                                                         2010.10.25
   
  トップへ                              

 「宮﨑裁判支援共闘会議」を結成
  
        ~運動の強化発展へ~


  TNCに社員化を求める宮﨑幸二君の裁判闘争を支援する共闘会議(略称「宮﨑裁判支援共闘会議」)の発会式が10月9日、福岡中央市民センターで開かれました。民放労連本部、同九州地連、福岡地区労連、九州民放OB会、地域の支援者の人たち44人が参加しました。

まず、石村善治(福岡大学名誉教授)、白垣詔男(日本ジャーナリスト会議福岡支部長)、石橋勇一郎(福岡地区労連副議長)、山田有一郎(民放労連九州地連副委員長)、安部昌男(民放労連常任執行委員)、杉本好造(民放労連関東地連 特別執行委員)、真村久三・平山春雄(読売押し紙訴訟原告団)の各氏が激励と連帯の挨拶をしました。

各代表は、それぞれ「宮﨑裁判はマスコミの中の自由を最後まで貫くたたかいである。自由を貫き通すことにマスコミの意味がある」、「明るく楽しい闘争にしたい。日本の正義と自由のためにともに頑張る」、「昨年10月、Tプロ労組が地区労に加盟、派遣労働の抜本改正と宮﨑闘争を闘っていく」、「健全な放送の実現のために、正社員化の闘いが重要」、「宮﨑裁判は、民放だけでなく他産業に与える影響は大きい。宮﨑さんの闘いを勝ち取ることは、より良い番組作りにつながる」、「裁判に勝つだけでなく、無権利の労働者を組織化する視点に立って運動することが大事」、「宮﨑裁判と連携してともに闘う」と述べました。

当事者の宮﨑さんは、派遣先の業務内容と裁判の状況を述べた後、「この闘いに負けることがあれば、劣悪な派遣労働が認められたと、経営者はいろいろの部署で派遣労働者を使うようになります。後世に悪法を残さないためにも、私の裁判は絶対勝たなければなりません」と力強く決意表明しました。

このあと、「テレ西40条の会」の井上事務局長から経過報告と会則・活動方針が提案され、討論の後、会則及び各団体との共闘・連携を強め、裁判傍聴、署名、宣伝、カンパ、学習会などに取り組む活動方針が満場一致で採択されました。役員体制(三役)は、議長に白垣(日本ジャーナリスト会議福岡支部長)、副議長に石橋(地区労連)と山田(民放労連九州地連)、事務局長に井上(テレ西40条の会)の各氏が選出されました。なお、事務局については民放労連九州地連内に置くことが決まりました。

宮﨑裁判は、昨年6月26日に福岡地裁に提訴して1年以上経過、この間8回の口頭弁論で、争点整理のための審理が行われてきました。これから裁判は後半に入り、いよいよ正念場を迎えます。早ければ、年内にも「証人調べ」が始まります。
 裁判闘争とあわせ運動面のとりくみを強化し、宮﨑さんの闘いを新たな決意で大きく前進させることを確認しました。

最後に、「宮﨑さんの闘いは燎原の火の如く拡がり、1,000万非正規労働者の団結と決起を促す闘いになるであろう」との結成アピールを全員の拍手で採択しました。
当面の行動として、署名活動に取り組むことになりました。多くの皆様のご協力をお願いします。

次回宮裁判(第9回口頭弁論)
  日時: 11月17日(水) 15時30分開廷  15時00分 地裁前門前集会
  法廷: 福岡地裁303号法廷
  ●皆さん方,多数の傍聴をお願いします。
                                                                                                                                                                               2010.10.23
 トップへ                                                                                              
 民放労連九州地連が 「宮﨑裁判闘争」支援を決議
  
 民放労連九州地連の第54回定期大会が、火山灰の降る鹿児島の地で9月4~5日の2日間の日程で開催されました。出席した全労組からの発言があり、各単組の問題を共有し、九州地連のスローガンである「先ずは知ること」から初めて、問題解決を目指す事を誓いあい2日間の大会を終えました。TNC正社員化宮﨑裁判闘争を支援する決議は採択されました。
 決議文は、9月17日のTプロ団交に於いて提出、TNCには同決議文を後日提出する予定です。
これまでに支援決議したところは、民放労連本部、同九州地連、日本国民救援会、JCJ福岡支部の4団体となり、支援の輪が全国に大きく広がっています。

TNC正社員化宮﨑裁判闘争を支援する決議文
 アメリカ発の金融危機により、日本経済も危機に陥り大企業は競い合うように雇用破壊を推し進めている。特に一昨年秋以降の急速な「非正規切り」は、民放業界にも少なからずの影響を及ぼした。違法、脱法行為が明らかになり、大きな社会問題になった。労働者を物のように扱い「使い捨て」にする、人権を無視した行為は許されない。[決議全文]                                                                                                                                                                    2010.9.20
 トップへ                                                                                              

 熊本から「NECセミコン争議団」原告・柴田さんが傍聴に
         
             宮﨑裁判第7回口頭弁論

 夏休みをはさみ約3ヶ月ぶりとなった宮﨑裁判の第7回口頭弁論が91日、福岡地裁303号法廷で開かれました。

間が空いたこと、また9月とは思えぬ猛暑の下、いつもどおりの傍聴者があるのか心配されましたが、1030分の門前集会時には60名を超える支援者の結集がありました(民放労連関係9人、九州民放OB25人、地域の支援者30人、計64人)。

この中にノボリ旗を手にする熊本からの2人の参加者の姿がありました。NECセミコン争議団の原告・柴田さんと支援組織の荒木さん(熊本地区労連事務局長)でした。

「偽装請負で働かされ解雇された労働者が、派遣先のNECセミコンダクターズ九州・山口㈱に直接雇用を求めて熊本地裁に提訴し闘う」原告及び支援組織からの傍聴オルグに、福岡の支援者としても大いに励まされる思いでした。

審理では、原告側代理人から、「TNCとTプロ間の派遣契約は“業務偽装”だけでなく、派遣法が禁止する“専ら派遣”に当る」併せて、「原告・宮﨑さんの採用、賃金、就労形態の決定がいずれも派遣先TNCの意思により行われている」、これらから被告TNCと原告・宮﨑さんの間は黙示の雇用契約関係にあることは明らかである旨の意見陳述が行われました。被告TNC・Tプロ側は次回口頭弁論で最終主張を行うと応えました(9/25準備書面提出)。裁判長からは次回に人証予定を出すよう指示があり審理は終了しました。

裁判終了後の報告集会では、担当の井下弁護士から本件の争点等の説明を受けた後、宮﨑さんに次いで九州で2番目となる派遣先への直接雇用を求める裁判を闘う「NECセミコン争議団」との共闘、山場をむかえた「読売新聞・押し紙訴訟」の傍聴支援の確認、最後に109日の「宮﨑裁判支援共闘会議」発会式への参加の訴えが行われました。        
              
                 次回裁判
          第
8回口頭弁論 福岡地裁303号法廷

               1013日(水)11時、「1030分門前集会」

  「宮﨑裁判」支援共闘会議(仮称) 発会式
       : 109() 15時~17
    場 所:福岡市立中央市民センター 視聴覚室
         福岡市中央区赤坂2丁目58

   多くの皆さんの参加をお願いします。

                                                                                                                  2010.9.9
 トップへ                                                                                              

 次回宮﨑裁判(第7回口頭弁論)のお知らせ
  日時 9月1日(水) 11時開始、福岡地裁303号法廷
 
              10時30分 「地裁前門前集会
               裁判終了後 「報告集会」 於: 福岡中央市民センター

  ●皆さん方,多数の傍聴をお願いします。
                                                                                                                  2010.8.24
 トップへ                                                                                              

 日本国民救援会  「宮﨑さんの正社員化を求める決議を採択
 
 [宮﨑さんの大会報告です]

  日本国民救援会第55回全国大会が7月31日~8月2日までの三日間、群馬県安中市の磯部温泉に於いて開催され、その大会に初めて参加致しました。300名を超す大規模な大会で、とても緊張しました。
 発言通告を提出していましたが、108通の発言通知が出されていたことや、冤罪被害者の報告が多く、私の発言の場は得ることが出来ずとても残念でした。
 しかし、パナソニック若狭工場地位確認等請求事件の原告である河本氏と話をする機会がありました。共に正社員化の闘いに勝利する事を約束し、勝つまで闘う事を約束してきました。
 大会は、最後に「宮﨑幸二さんの正社員化を求める決議」を採択しました。決議文は、テレビ西日本の寺﨑社長と福岡地裁の裁判長に提出することを決めました。今回の全国大会に参加させて頂き、皆さんからは勇気と活力を頂いた感じがいたします。
 
TNC 寺﨑社長宛の決議文 「宮﨑幸二さんの正社員化を求める決議」
・福岡地裁 裁判長宛の決議文 「宮﨑幸二氏のTNCの正社員化とする判決を求める要請決議」

                                                                                                                  2010.8.20
 トップへ                                                                                              

 民放労連 「宮﨑裁判闘争」支援を決議
 民放労連の第111回定期大会が7月24日、25日大阪市で開かれました。大会は2日目、TNCに社員化を求める「宮﨑裁判闘争」を支援する決議を採択しました。労連としての支援決議ははじめてで、最後に、「民放労連に結集する我々労働者は、宮﨑さんのたたかいが勝利するまで支援する」と述べています。[決議文]
 
 大会には、TNCプロジェクト労組の宮﨑さんが参加、討論のなかで宮﨑さんは、地裁提訴から1年間の裁判の進行状況、裁判の意義等を報告し、支援を訴えました。
                                                                                                                  2010.8.6

 トップへ                                                                                              

支援の強化、運動の強化を--テレ西40条の会 定期総会開催

昨年6月26日に福岡地裁に提訴した「TNCに社員化を求める」宮﨑裁判は、会員の皆様をはじめ多くの方のご支援をうけ1年を経過し今日を迎えることができました。
 この間の6回の口頭弁論には、39労組・団体から毎回70人を超える傍聴があり(延べ人数は438人)、傍聴席は補助椅子を入れても常に満員と、廊下での傍聴者が多数という状態でした。
 また、個人157人及び10団体から計108万円のカンパの協力があり、財政面でも大きな支援を頂きました。

地裁の審理では、本件の最大争点である原告宮﨑さんの業務内容について、その実態が派遣法に反する「業務偽装」であることを明らかにすることが出来たと確信しています。被告TNCは第5回口頭弁論で、宮﨑さんが送信業務に従事していることを証明する「無線業務日誌」と「勤務表」を提出せざるを得ませんでした。次回からは、宮﨑さんの実質上の雇用主が派遣先・TNCであるか否か、正社員化の核心部分が審理されることになりました。

会では、これまでの到達点の確認と総括を行い、今後の運動面の強化を図る為に、定期総会を開催しました。 総会は、7月3日午後3時から福岡市中央市民センターで開かれ、会員・支援者28名が参加しました。原告宮﨑幸二さんの力強い決意表明に始まり、福岡県労連 門馬事務局長、日本ジャーナリスト会議 白垣福岡支部長、民放労連TNC労組 岡本書記長からそれぞれ激励と連帯の挨拶があり、民放労連プロ関連共闘会議代表の新井さん、関東シニアの会事務局長の森さんからの激励メッセージが紹介されました。
 
 活動方針など議案提案の後、討論では、会員の拡大、市民向けビラなどの補強意見が出されました。最後に、「支援共闘会議を立ち上げ、署名活動、カンパ活動、支援要請の拡大等を通じ、強大な戦線を構築し、テレビ西日本資本に要求を迫っていく」という総会決議を行いました。
[詳細は「テレ西40条(派遣法)の会」会報No.6をご覧下さい]

総会決議
 私たちは本日、第2回「テレ西40条(派遣法)の会」定期総会を開催致しました。派遣労働者を始めとする非正規労働者、ワーキングプアと呼ばれる1000万人労働者の雇用と低賃金の改善を目的とし、直接にはテレビ西日本で働くTプロの宮﨑幸二さんの闘いを支援すべく発足して2年の歳月を経ました。
 この1年は裁判に追われた1年でした。この間ご支援ご協力下さった、地域の皆さん、全国の民放及びOBの皆さん、共に闘う争議団の皆さん、心より感謝を申し上げます。
 今日の情況は、経営者が年間数億に及ぶ報酬を収奪する一方で正に貧困と低賃金、不安定雇用が横行している格差社会に象徴されています。
 このことは資本の巨大な資本蓄積(内部留保)が、労働者の膏血を搾取して実現されていることを示しています。こうした中で自殺者、うつ病発症者の増大、労働災害の多発が恒常化し、正に人間の生存権がおびやかされています。
 政治と資本のかかる情況の放置は正規労働者に過重労働を、非正規労働者に不安と貧困をもたらし、職場での団結を破壊し、正規、非正規を問わず労働者全体に悲劇的情況を創出していると言わねばなりません。資本に対する全労働者の結束と連帯によってしか、この窮状を克服することは出来ないでしょう。
 宮﨑裁判は、その後半の正に正念場に突入します。私たちはこの裁判を通して資本に対し、その不法性、不当性を追及すると共に、資本に対し直接に宮﨑君の直接雇用の実現を求める大きな連帯と団結を構築せねばなりません。あらゆる苦しみに耐え、訴えている薬害、公害を始めとする人間の生きる闘いと結合し、その力を糾合して闘うなら必ず展望を開けると確信します。
 支援共闘会議の立ち上げ、署名活動、カンパ活動、支援要請の拡大等を通じ、強大な戦線を構築し、テレビ西日本資本に要求を迫って行きます。  
 かかる私たちの闘いは必ず宮﨑君の要求を実現すると共に全国の闘う非正規労働者を励まし、派遣法の撤廃に向けた国民の闘いに寄与するものと確信します。そして私たちの闘いは拡大することはあっても消滅させることは出来ない闘いであることに確信をもって、全ての労働者に訴えます。前に一歩を踏み出そう!と。

 本総会の名に於いて、勝利に向け闘争を強化し、前進することを宣します。
   右決議する

                                                                                                            2010.8.2
 トップへ                                                                                              


最小不幸社会、菅首相の哲学信じたい 朝日新聞 2010.6.15
 菅首相は8日の就任会見で、「政治の役割とは、最小不幸社会を作ることにある」と語りました。この首相発言を聞いて、貧困や苦境の中にある母子家庭、派遣社員、就職難の人たちはどのように感じたのか朝日新聞が特集していました。ここで宮﨑さんは、「最小不幸社会を実現したいなら、派遣社員の声にもっと耳を傾けるべきだ。いま社員化を求めて裁判でたたかっている。菅政権も労働者の立場に立った派遣法の抜本改正を真剣に考えてもらいたい」と訴えています。(朝日新聞、同記事を引用))

「最小不幸社会、政治の役割」 菅首相の哲学信じたい 朝日新聞 2010.6.15夕刊

●派遣社員
 「最小不幸社会を実現したいなら、現場に出向いて国民の声に耳を傾けるべきだ」。福岡市のテレビ局子会社の契約社員、宮﨑幸二さん(46)はそう話す。親会社へ派遣されて働いているが、正社員と仕事は同じなのに賃金は半分以下。差別だと訴え、直接雇用や賃金差額の支払いを求める裁判を起こしている。

 民主党は昨年の参院選のマニフェストに「同じ職場で同じ仕事をしている人の待遇を均等に」と記した。だが、4月に国会に提出された労働者派遣法改正案は「正社員の賃金水準との均衡を考慮する」という表現にとどまった。
 
 「むしろ改悪が進んでいる」。宮﨑さんはそう指摘し、労働者を守る新たな法制の確立を求めている。

  「鳩山由起夫前首相は退任時に『国民が聞く耳を持たなくなった』と言ったが、労働者派遣法の問題で聞く耳を持たなくなったのはあなただと言いたい。菅政権は信じたいが、看板の付け替えではないのか」。わずか8ヶ月で首相が交代した民主党には懐疑的にならざるを得ないという。
                                                                                                                  2010.6.30
 トップへ                                                                                              

 テレ西40条(派遣法)の会 第2回定期総会開催のお知らせ
昨年6月26日に福岡地裁に提訴したTNCに社員化を求める」宮﨑裁判は、皆様方のご支援をうけ1年を経過しました。 地裁の審理は争点整理が大詰めをむかえ、この秋には証人調べに移ると見られます。
  会は、これまでの到達点の確認等、総括をし、今後の運動強化を図る為に下記のとおり、定期総会を開催します。参院選前のお忙しい時期かと思いますが、会員及び支援者の多数の参加をお願いします。

                     記
テレ西40条(派遣法)の会第2回定期総会
       日時:7月3日(土) 15時~17時
       場所:福岡市立中央市民センター第1会議室
                                                                                                                 2010.6.26
 トップへ                                                                                              


 裁判長、被告側に「3点への回答」を指示

      ~ 宮﨑裁判第6回口頭弁論 ~

 昨年6月26日の提訴日から1年を迎えようとする6月9日、「TNCに社員化を求める」宮﨑裁判の第6回口頭弁論が福岡地裁第303号法廷で開かれました。

 この間6回に亘る口頭弁論で原告側は、本件の最大争点である原告宮﨑さんの業務内容(無線従事者としてTNCの放送電波を監視する業務)は派遣対象業務『政令指定3号業務(「放送番組等の制作のために使用される」放送機器等操作)』には該当しない、TNCとTNCプロジェクト間の労働者派遣契約は、労働者派遣法に反する「業務偽装」である、との主張を述べてきました。

争点整理段階での「業務内容」については、今回で出尽くされたことになります(派遣法が禁じているTNCプロジェクトの「専ら派遣」の実態については今後補強)。

「原告の主張に対しては、反論の準備書面を提出する」との被告代理人からの弁論に対し、裁判長からは次の3点について述べるよう指示がありました。
     ①   原告の採用段階における経緯。
    ②   原告の賃金決定の仕方。
    ③   原告が配転された際の経緯。
 これら3点は、原告の実質上の使用者が誰であるかを判断する材料となるものです。

先の第5回口頭弁論で被告側が提出した「無線業務日誌」「勤務表」で、原告が無線従事者(第一級無線技術士)として勤務している実態が明らかになったことからも、業務内容については原告・被告間の事実関係の争いはなく、審理が次の段階に入ったことを窺わせる第6回口頭弁論でした。

今回も71人(民放労連関係8人、九州民放OB会26人、地域の支援者37人)と、多くの方の傍聴支援がありました。ありがとうございました。

    次回裁判(第7回口頭弁論)                 
     
    9月1日(水) 11時 福岡地裁303号法廷

           10時30分集合「門前集会」 

    多くの方の傍聴をよろしくお願いします。
                                                                                                                                                                                               

      
                                           地裁門前集会、右上は報告集会(2010.6.9)
                                                                                                                  2010.6.18

 トップへ                                                                                              


 会社側、「無線業務日誌」と「勤務表」を提出

~ 松下PDP争議の原告 吉岡さん、傍聴オルグ ~

 4月7日、11時から福岡地裁303号法廷で宮﨑裁判の第5回口頭弁論が開かれました。
  今回注目されるのは、被告TNCが「無線業務日誌」と「勤務表」を提出してきたことです。
  これらは、原告宮﨑さんが「送信業務=無線局の運用」に携っていることを明示するものです。

 
   遂に被告TNCは、今回裁判の最大の争点である「原告の業務が、派遣対象としてはならない送信業務を含むかどうか」、すなわち業務偽装による違法派遣の存否について、自ら違法派遣の実態を明らかにせざるを得ませんでした。

   しかし、被告側は原告の送信業務への従事を認める一方で、「原告が行う送信業務は3号業務(専門26業務のひとつ)であり、派遣対象業務である。」と強弁し、未だに送信業務の定義を曖昧にしたままです。
  
  裁判所は、原告側からの再度の「送信業務定義の提示」要求に対し、5月10日までの提出を被告側に指示しました。

  5回の口頭弁論を要しましたが、原告宮﨑さんが無線従事者として送信業務に従事している勤務実態が、遂に法廷の場で明らかになりました。
  事実関係において、会社側の言い逃れは許されなくなりました。あとは「原告が勤務する主調整室での送信業務は派遣対象業務(政令3号業務)である」との会社側の詭弁をどう論破するかが焦点となります。次のステップへと進むことが出来た第5回口頭弁論でした。
  
  今回もいつもどおり、大勢の傍聴オルグがありました(地域の支援者41名、民放労働者7名、民放0B23名、計71名)。
  大阪からは松下PDPの偽装請負を告発し全国の非正規労働者の先頭に立ってたたかう吉岡 力さんが傍聴と激励に駆けつけてくれました。裁判終了後の報告会では、吉岡さんから昨年末の最高裁判決の問題点とこれに迎合する最近の判決の紹介、派遣法の抜本改正へ向け宮﨑闘争との連携と共闘の呼びかけ、併せて自らの体験に基づく裁判闘争に矮小化しない運動の必要性の訴え。続いて国労博多地区本部から23年を超えた1047名のJR不採用事件について大詰めを迎えた解決の動きの報告、JR内の多くの不安定雇用労働者について 傍聴をする中で勉強しながら共にたたかっていきたいとの連帯の挨拶。
  次に民放労連本部から「流れはこちら側で動き出した。確信を持ってたたかおう」との激励。
  福岡県労連から地域を代表しての激励挨拶。最後に、私教連から自由が丘高校解雇撤回闘争への支援の訴えがありました。

  報告集会後、裁判所近くの舞鶴公園で吉岡さんを囲み花見をしながら当日の行動を終えました。

次回裁判(第6回口頭弁論)

6月9日(水)11時 福岡地裁303号法廷
                        10時30分集合「門前集会」
        多くの方の傍聴をよろしくお願いします。                                                                                                                                                                         2010.4.20 
 トップへ                                                                                              



 「入学おめでとう、平和な未来を皆さんの手で」 九大入学式でビラまき 
「民放9条の会ふくおか」は4月7日、8時から九州大学の入学式でビラまきを行ないました。入学式でのビラまきは今年で4回目、会場の福岡国際センター前は、会場整理やサークル、業者の人達が混雑するなか、10人が参加して、昨年より200枚多い1000枚のビラを配りました。5月18日から、憲法9条改悪のための「国民投票法」が施行されます。私たちは、重大な問題があるこの法律の施行に反対しています。
「9条守れ」の声を若者に、職場に、そして地域に拡げましょう。
ビラの内容は次のとおり。

        入学おめでとう!平和な未来を皆さんの手で

私達は民間放送退職者でつくる「民放9条の会ふくおか」です。
皆さんが少年の日に読んだ「ハダシのゲン」に登場する戦争体験者の生き残りです。
私達は戦争をしてはいけないと思っています。戦死や戦災死で家族を失い、戦後の辛酸を舐めてきたからです。だから憲法9条、25条を守り、実現せねばと考えています。
   (ビラ全文)                                                                                                                                                                                            2010.4.15 

 トップへ                                                                                              


 9条の会福岡県連絡会が「いのちと憲法を語る」講演会開催 
9条の会福岡県連絡会は発足5周年記念として、「いのちと憲法を語る」と題して コンサートと大講演会を開催します。 皆さんの多数の参加をお願いします。 チラシはこちらです。 
日時:4月3日(土)  14時00分~16時30分
内容:第1部 コンサート、心に響く管弦楽の調べ(九州交響楽団メンバー)
    第2部 講演、・財界人が語る憲法9条(経済同友会終身幹事 品川 正治氏)
             ・国を動かしたいのちの訴え(薬害肝炎全国原告団代表 山口 美智子さん) 
             ・憲法9条日本と世界(9条の会事務局長 小森 陽一氏)) 
会場:福岡国際会議場
参加費:1,000円(高校生以下無料)   
                                                                                           2010.3.8 

 トップへ                                                                                              

裁判長、初めて「無線業務日誌」に言及

    宮﨑裁判、法廷・内外に71人の傍聴

2月3日、宮﨑裁判の第4回口頭弁論が福岡地裁303号法廷で開かれました。
この時期の寒さもあって「門前」での集会開催が危ぶまれていましたが、思った程の寒風が吹き荒ぶこともなく、予定通り10時30分から事前集会を行うことが出来ました。
 集会が始まる頃にはいつもと同様、71人(民放労連関係10人、九州民放OB会25人、地域の支援者36人)と、大勢の支援者の結集がありました。

今回は裁判員裁判で大法廷が使えず、11時からの裁判は中法廷に補助椅子を追加し、支援者42人(被告側7人)が法廷内で傍聴し、29人が「法廷外傍聴」となりました。
 裁判所側からは、「廊下には何人の方がおられますか」、「長椅子2脚しか追加できません。これが精一杯です」と、今回初めて法廷外傍聴者を意識する発言がありました。
 廊下からの支援者の思いは、間違いなく法廷内に伝わっていることが感じとれました。

審理は争点整理のため10分程度でしたが、次のとおり私たち原告側にとっては争点が浮き彫りとなる意義のあるものでした。

裁判長の指示
 ●被告は業務内容に争いはない、評価の問題と主張しているが、その主張の前提となる送信業務と送出業務の概念を提示すること。
  ●必要な場合は、裁判所として無線業務日誌と勤務表の提出を被告に求めることもある。

裁判長による初めての、争点(原告・宮﨑さんの業務が、派遣対象外業務である送信業務を含むか否か)に踏み込んだ発言でした。
 以上のとおり、送信業務の概念を被告に求めたことから、送信業務が本件の重要な争点であることを裁判所が認めていると感じとれる審理でした。

報告集会は裁判所に隣接する市民センターで行われ、この中で井下弁護士から「松下PDP最高裁判決と宮﨑裁判の係わり」を中心に解説がありました。
  井下先生の的確な説明を受け、本件の持つ意義と宮﨑闘争の重要性を再認識し、今後の運動強化に向け決意を新たにした人も多かったことでしょう。

 3月19日に、被告会社側から原告主張に対する反論の準備書面が提出されます。
被告側がこれに基づき次回裁判でどう主張するかが注目されます。

次回裁判(第5回口頭弁論)
        4月7日(水)11時 福岡地裁303号法廷
                 10時30分集合「門前集会」
        多くの方の傍聴よろしくお願いします。

                                                            2010.2.12                   トップへ                                                                                                                 

宮﨑さん、「ひと」欄で紹介ー「しんぶん赤旗」
 TNCに正社員化を求めて裁判でたたかっている宮﨑さんが、2月3日、「しんぶん赤旗」に掲載されました。 この日は第4回裁判の日。宮﨑さんはTNCで送信業務を行なっていること、放送との出会いや裁判提訴に至った動機など分かりやすく紹介し、「すべての非正規労働者の待遇改善のため、絶対に負けられない」と決意を語っています。
「ひと」欄はこちらです
                                                                                                                                                                                                    2010.2.6 
 トップへ                                                                                              

宮﨑裁判提訴この半年ー「テレ西40条(派遣法)の会」会報
  テレ西40条(派遣法)の会は1月1日付の会報で、「宮﨑裁判提訴この半年、ご支援の皆さまに感謝します」を掲載し、宮﨑闘争の意義、裁判提訴に至った経過を詳細に述べています。
裁判には毎回70名以上の支援者が傍聴し、カンパは民放6単組、個人124名から90万円が寄せられており、たたかいが地域や全国の仲間に大きく広がっています。
激励のメッセージとカンパをいただいた名前も紹介しています。
会報はこちらをクリックしてください。

        次回 第4回口頭弁論
       2010年2月3日(水)11時(10時30分、門前集会)
       法廷は303号法廷か大法廷か、現段階では未定です。


       多くの皆さんの参加をよろしくお願いいたします.                                                                                                                                         2010.1.15 
 トップへ                                                                                     
                                    
                  


傍聴者満員で向かえた、初の大法廷

     
       宮﨑裁判第3回口頭弁論

「TNCに社員化を要求する」宮﨑裁判の第3回口頭弁論が、12月2日11時から福岡地裁「新1号法廷」で開かれました(開廷前、10時30分から地裁門前集会開催)。

同法廷は新館内にあり、裁判員裁判用として新たにつくられた大法廷で、傍聴席は84名。初の大法廷ということで傍聴者の人数が気遣われていましたが、76名(民放労連関係5名、九州民放OB会26名、地域の支援者45名)の傍聴支援があり、傍聴席の空きは2席のみと、ほぼ埋め尽くされた中で開廷されました(会社側は6名)。

審理に入って、原告代理人から求釈明にある「無線業務日誌」(派遣対象業務から除外されている「送信業務」に原告・宮﨑さんが従事していることを証明するもの)の提出を求める弁論が行われました。

これに対し、被告(会社側)代理人は「その必要性を感じない、業務内容に争いはない、評価の問題である。」と、前回同様提出を拒む姿勢を崩そうとしませんでした。

この結果、原告側から次回口頭弁論の前、1月18日までに、その必要性を述べる追加準備書面を提出することを確認し、今回口頭弁論を終えました。

終了後は、弁護士会館の大会議室に移動し、井下弁護士から「本件裁判の争点、意義等について」詳細にわたる説明をうけ、支援の皆さんの本件への理解をより深める為の報告会(約30分)を行いました。

毎回70~80人と、多くの皆さんの傍聴支援ありがとうございます。

   次回口頭弁論

2010年2月3日(水)11時(10時30分、門前集会)
法廷は303号法廷か大法廷か、現段階では未定です。


多くの皆さんの参加をよろしくお願いいたします。

                テレ西40条(派遣法)の会
                                                                                    
                                                                               裁判報告集会(弁護士会館)
こちらに赤旗報道記事を掲載しています
                                                   2009.12.5

  トップへ                            


TNCに社員化を求める「宮﨑裁判」 第3回口頭弁論 傍聴のお願い

6月26日 福岡地裁に提訴した「宮﨑裁判」の第3回口頭弁論が12月2日と、迫ってきました。  この間、 第1回口頭弁論が80名超、第2回が70名近くと、多くの方の傍聴オルグがありました。
  皆様方の熱いご支援もあって、今回第3回については「大法廷」使用の連絡が裁判所からありました。
  審理は前回から争点整理に入りましたが、被告・TNCは原告の求釈明に拒否の姿勢を崩していません。
  裁判長は今回口頭弁論での「派遣契約書」の提出を被告側に指示しましたが、残る項目について、裁判所として今回どう判断するかが注目されます。
  年の瀬も近づきお忙しい時期かと思いますが、下記の第3回口頭弁論への傍聴をお願いいたします。

                                                       記

「宮﨑裁判」第3回口頭弁論 

122日(水)1100分 福岡地裁 1号法廷【大法廷】                                                                 (本館西側建物の1階)

 集合時間   : 1030分「地裁門前集会」
  裁判終了後  報告集会(弁護士会館3階大会議室)

                                                                                                                2009.11.27
  トップへ                            

九条の会第7回憲法セミナー開催
                                                                                                              
  期 日 : 11月5日(木) 18時00分開場 18時30分開会
 
  講 演  :  澤地 久枝〈作家・九条の会呼びかけ人)、アーサー・ビナード(詩人)
   会 場 : 別府市ビーコンプラザ・フィルハーモニアホール   
  主 催 :  九条の会 
  参加費 :  一般1,000円、学生500円
   *電話で九条の会事務局に参加予約券をお申し込みください。 事務局Tel 03-3221-5075
     当日会場にて、参加予約券なしでも受け付けます。                                                                                                            2009.10.24
   
  トップへ                              

'09憲法フェスタin天神の案内
11月3日は日本国憲法公布の日。 今年は「平和を子どもたちへ」をテーマに楽しく憲法9条を考えるつどいを企画しています。皆さんの参加をお待ちしています。
                                                                                                              
  と  き : 11月3日(火祝) 12時00分~15時30分 (バザーは12時から)開演13時
 
  内 容  :  ○ミニ講演「子どもたちへ」 講師 熊丸 みつ子さん(幼児教育専門家) 
         ○津屋崎少年少女合唱団/青年が平和をうたう/筑紫ピースフラワーズ合唱団/
          朗読・詩人9条の会/今年も出演、ロックンローラー・西村拓真(9歳)くん
    ところ : 天神・警固公園    主催 / 九条の会・福岡県連絡会
                                                                                         2009.10.24
   
  トップへ                              

「労働者派遣契約書」の提出を会社側に指示---裁判長

宮﨑裁判 第2回口頭弁論

TNCに社員化を求める「宮﨑裁判」の第2回口頭弁論が10月14日14時から福岡地裁303号法廷で開かれました。9月2日の第1回同様、70名近い大勢の傍聴オルグ(民放労連関係11名、地域31名、九州民放OB会21名、他に数名の受付け漏れの方)があり、定員40名の法廷は溢れ、長椅子2脚が追加されましたが23名の方が廊下で待機となりました。会社側は前回の8名、TNC5名(小柳専務・労務担当、労務関係3名、現場部長)、Tプロ3名(甲斐社長、労務担当常務、人事部長)に、Tプロの浜田会長、VSQ(TNCの子会社の制作会社)の内野社長を追加し10名体制で臨んできました。

前回の原告・宮﨑さんと代理人・井下弁護士の意見陳述でスタートした口頭弁論は、今回から争点整理に入りました。

今回審理に先立ち被告・会社側は10月7日に準備書面を提出しましたが、原告側9月2日提出の求釈明(・TNCとTプロ間の派遣契約書の提出・原告を無線従事者として選任した理由とその権限・無線業務日誌の開示・福岡労働局の指導内容の開示など)には一切応えてきませんでした。
この求釈明は本件裁判の最大の争点である“原告の業務が、派遣法で派遣対象から除外されている「送信業務」を含むかどうか”を裁判所が判断する上で重要なものです。

原告代理人の「被告は求釈明に誠実に対応せよ」の主張に、法廷でも被告代理人は拒否の態度を貫きました。これに対し、裁判長は「求釈明への対応については裁判所としても検討するが、少なくとも1点、労働者派遣契約書ぐらいは次回までに出しなさい」と、会社側をたしなめる一幕もありました。
 
  次回口頭弁論で裁判所が、争点整理の段階から土俵に上がろうとしない被告・会社に対し、求釈明への対応についてどう判断するかが注目されます。
 なお、原告側の大法廷使用の要求について裁判長は「主旨は分かる。検討はするが、民事事件で使う大法廷が裁判員裁判で使われているため、大法廷で行くと本件の進行が遅れる。」と、採用についての明言を避けました。

10月17日「しんぶん赤旗」は、「契約書提出に応じよ」の見出しで報道しました。内容はこちら

 次回 裁判期日

第3回口頭弁論

 12月2日(水)11時 福岡地裁303号法廷
 集合時間  : 10時30分「門前集会」
 裁判終了後 : 報告集会

       多くの皆さんの傍聴をお願いします。

                                                                              開廷前の地裁門前集会(10/14)
 トップへ                                                                                 2009.10.18   
                              

TNC宮﨑裁判 4日第2回口頭弁論
宮﨑裁判の第2回口頭弁論が10月14日14時から福岡地裁で開かれます。多くの皆さんの傍聴をお願いします。裁判の開始前と終了後に集会を行いますので、参加者は13時30分に同地裁門前にお集まり下さい。
 トップへ                                                                                   2009.10.8                      

派遣切り寸前 正社員に  労組の支援受けた2人

 KBS京都カメラマン

                                                                                2009年9月28日(月)「しんぶん赤旗」

 京都の地方放送局・KBS京都に派遣されていた報道カメラマン2人が、9月末で「派遣切り」される寸前に、KBSへの正社員化を勝ち取りました。

 2人は、民放労連・京都放送労働組合(KBS労組)に加わる女性(31)と、男性(29)。それぞれ04年3月と08年5月から、派遣元のKBS関係会社からKBSに派遣されていました。

 KBS労組は今年3月から、3年以上派遣で働かせている問題などを指摘し直接雇用を求めてきましたが、KBSは拒否してきました。交渉のさなかの8月、派遣元のKBS関係会社が突然、事実上の倒産を発表し、9月末で2人は解雇されることになりました。

 KBS労組は直後に、ストライキ権を確立するためのスト権投票を行い約8割の組合員が支持。労組が支援の輪を広げるなか、KBSは24日の団体交渉で、10月1日付で正社員として直接雇用すると回答しました。

 正社員化が決まり、スーツ姿で面接に向かう2人に、すれ違う社員から「おめでとう」「がんばろな」と次つぎ祝福の声がかかっていました。

 2人は「とてもうれしい。いつ仕事がなくなるかと、つねに不安でした。組合の活動がなければ、ここで働き続けられなかった」「まだ信じられない気分です。組合でたたかってよかった」と喜びを語っています。

 KBS労組の古住公義副委員長は、「派遣切りから一気に正社員化されたのは全国でも異例だ。格差と貧困の解決をめざす社会的な運動が高まるなかで、勝ち取った成果だ」と話しています。

 トップへ                                                                                  2009.9.29                      

「九条の会福岡県連絡会」が新聞意見広告で賛助金を募る
  「九条の会福岡県連絡会」は新聞意見広告や憲法集会(5月3日)、憲法フェスタin天神(11月3日)、県連絡会5周年記念講演会(2010年4月予定)などの活動を支えていくために広く賛助金・カンパを募っています。皆さんのご協力をお願いします。
 
 ○11月3日の新聞に意見広告を掲載します。今回はひとり一人名前は載せません。
 ○賛助金額は、一口1,000円です。何口でも結構です。
 ○賛助金の送り先
:郵便振替 口座番号1740-0-117257 加入者名 「九条の会福岡県連絡会」
                                 ※振込み料金が必要です。
                 
銀行振込 西日本シティ銀行赤坂門支店 普通1732884 
 ○お問い合わせ:はかた共同法律事務所 電話092-752-3208

   
 第一次締め切り 10月15日
 トップへ                                                                                  2009.9.25                      

溢れる傍聴席「廊下で32名が待機」
 
   宮﨑裁判第1回口頭弁論始まる

      

 9月2日15時から宮﨑裁判の第1回口頭弁論が福岡地裁303号法廷で開かれました。民放労連本部・同関東地連・同九州地連をはじめとする民放労連関係から13名、地域から37名、九州民放OB会か24名、計74名と大勢の傍聴支援を頂きました。

会社側の傍聴者は、TNCから小柳専務ほか労務関係3名、現場1名、TNCプロジェクトから甲斐社長ほか労務関係2名の8名が参加していました。


  定員40名の傍聴席が足りず補助椅子2脚(長椅子)が追加されましが、それでも足りず32名が廊下で待機する状態で開廷されました。  原告側からの大法廷使用の要請に対し、この状態を見た裁判長からは「次回には間に合わないかも知れないが調整する」との言葉がありました。

  厚い傍聴支援の中で代理人・井下弁護士に続いて、原告・宮﨑さんの意見陳述が行われ、切々とまた毅然と派遣労働者のおかれた実状と救済を訴える陳述が終わると、思わず傍聴席から拍手が巻き起こりました。

 最後に次回裁判期日(第2回口頭弁論)、10月14日(水)14時が決まり、閉廷となりました。

原告・宮﨑さんの意見陳述はここをクリックしてください。(PDF)
9月3日の「しんぶん赤旗」は、「派遣の消耗品扱い告発」と題して大きく報道、記事の内容はこちらら                                                                                                         
         大勢の支援者が駆けつけた開廷前の門前集会(福岡地裁前〉

  トップへ                                                                                2009.9.4                          

 宮﨑裁判、第1回裁判9月2日に決まる
TNCで派遣社員として働く宮﨑さんが6月26日、TNCに社員化と損害賠償を求める訴えを福岡地裁に起こしていましたが、その第一回裁判が9月2日(水)に決定しました。福岡地裁303号法定で原告・本人と代理人の意見陳述が行われます。多くの皆さんの傍聴・支援をお願いします。
   
   ○日時 9月2日〈水〉15時開廷
   ○場所 福岡地裁303号法廷
   ○14時30分から同地裁門前で集会を行います。                                                                                                                                                                                       2009.8.6
  トップへ                                                                                                      

 宮﨑さんの提訴、新聞で大きく報道される
しんぶん赤旗は7月23日、宮﨑さんの提訴をBSラテ欄で「社員化を求め提訴」「立ち上がった放送マン」と題して大きく報道しました。赤旗記事によると、リードで「非正規雇用労働者が正社員の倍以上にも及ぶといわれるテレビラジオ業界で、一人の放送マンが立ち上がりました。テレビ西日本(TNC=本社・福岡市)の派遣社員・宮﨑幸二さん(45))は6月26日、TNCなどを相手取り、正社員としての地位確認と賃金差額分の損害賠償を求めて福岡地裁に提訴。民放で派遣労働者が派遣先に直接雇用を求める裁判は、初めてのケースです。」と述べています。全文はこちらを見てください。
                                                    2009.7.23
トップへ

 多くの支援者が見守る中 宮﨑さん、提訴

TNCプロジェクトの宮﨑幸二さん(45才)が6月26日15時、大勢の支援者が見守る中、福岡地裁に提訴しました。

当日の支援行動には、九州民放OB会から20名、読売新聞「押し紙」裁判原告団、明治乳業争議団をはじめ地域から18名、民放労連九州地連から3名と、合計で41名の参加がありました。

民放で初の派遣労働者が派遣先に「直接雇用」を求める裁判であること、また全国で製造業に係わる労働局申告および裁判が数多く行われている中、26専門業務関係では極めて稀な裁判(おそらく三菱東京UFJ銀行事件についで2番目)ということもあり、14時30分の裁判所門前集会、15時前の41名全員による「入廷」、15時10分からの記者会見は、民放各社のカメラ撮影、新聞社の取材の中で行われました。門前集会から報告集会まで、約2時間にわたる梅雨時期とは思えぬ炎天下での行動への参加、ありがとうございました。
 
この間のカンパ、学習会の開催をはじめ、多くの皆さんの支援で提訴日を迎えることが出来ました。
これまでのご支援に感謝するとともに、今後のご支援をお願いしまして提訴の報告といたします。

なお、当日の模様は、FBS、TVQと朝日、毎日、読売、西日本、日経、赤旗の各紙で報道されました。

記者会見と平行し開かれた提訴報告集会では以下のアピールが採択されました。 

アピール

 本日、Tプロ(TNCプロジェクト)の派遣労働者宮﨑幸二さんは、派遣先のTNCとTプロを相手取り、TNCの社員としての地位の確認と、損害賠償を求めて、福岡地裁に提訴しました。
 派遣労働者が派遣先に直接雇用を求めて裁判を提起するのは、民放では初めてです。
宮﨑さんは2000年11月から現在まで8年余、TNCで無線従事者(第1級陸上無線技術士)としての業務に従事してきました。労働者派遣法によれば、宮﨑さんの業務の場合、派遣期間は1年であり、法は派遣先(TNC)に「直接雇用の申し出義務」を課しています。
 しかしTNCは宮﨑さんを8年余も派遣労働者のまま働かせて来ました。
 かつて民放資本は、労働者派遣法の施行に極めて積極的でした。現在では民放のあらゆる職場に派遣労働者を投入しています。しかし「臨時的、一時的」業務であるべきはずの法の主旨を無視して、永続的に反復更新する違法派遣が常態化しています。宮﨑さんの例はその典型です。
 労働者派遣法は稀代の悪法と言われて来ました。TNCはその悪法が定める最低限の義務すら無視しています。
 民放の職場では、正社員の数を大きく上回る数の派遣や請負など非正規雇用労働者が放送を支えています。これら多くの労働者が、働く者の権利を奪われたまま、低賃金と雇用不安の中で働かされているのです。民放資本は、これら大量の非正規雇用労働者を導入することで莫大な利益を手にしてきたのです。
 宮﨑裁判は、宮﨑さんの社員化を勝ち取る闘いであると同時に、民放で働く多くの非正規雇用労働者の雇用の安定、賃金・労働条件の向上、放送の健全化を求める闘いでもあります。また、この闘いは、非人間的労働を強いる労働者派遣法の抜本改正を求める運動でもあります。
 私達は、この裁判が働く者が安心して働ける社会を作るために寄与する、と信じ全力を尽くして支援します。多くの皆さんへ、この闘いへの参加を呼びかけます。

                                       2009年6月26日  宮﨑裁判 提訴報告集会                       


                                                                  
                   裁判所門前集会                                           決意表明を行う宮﨑さん
        
                                                                     










          支援集会を取材するカメラ列
                    
           








 宮﨑さん(中央)と代理人を先頭に入廷する支援者    記者クラブで会見する宮﨑さん(中央)と
                                                                       代理人の井下弁護士(左)、星野弁護士(右)   
    
 トップへ    
                                                                                                  2009.7.3                                                                                                    

 「TNCプロジェクト」の宮﨑さん
               福岡地裁 
提訴日決定 ー  6月26日

TNC(テレビ西日本)で派遣労働者として働く宮﨑幸二さん(45才)が6月26日、TNCを相手取り、地位確認(TNCの社員化)と損害賠償(賃金差額の支払い)を求める訴えを福岡地裁に起こすことが決定しまた。

民放では、派遣先に直接雇用を求める裁判は初めてのことです。
宮﨑さんはTNCで無線従事者(1技・第1級陸上無線技術士)としての業務に従事し、派遣法では宮﨑さんの業務の場合、派遣期間は1年となっており、それを超えると派遣先・TNCに「直接雇用の申し出義務」が発生することになっています。
 ところが、TNCは宮﨑さんを8年以上も派遣労働者のままで働かせています。
放送局という社会的責任を負うべき企業が、違法派遣(派遣期間違反)を続けています。

全産業では37%が非正規雇用の労働者といわれている中、民放業界では非正規雇用労働者が全従業員の過半数を超えています。民放の非正規雇用の比率は異常に高く、民放で働く派遣・請負をはじめとする多くの労働者は正社員の半分以下の賃金で、しかも雇用不安を抱えたまま働かされています。

宮﨑さんのたたかいは民放産業で働く多くの低賃金・不安定雇用労働者の雇用の安定と賃金・労働条件の向上を目指すたたかいです。
 皆さんのご理解とご支援をお願いします。

    6月26日(金)の行動スケジュール

     14時30分から 福岡地裁 門前集会
     15時00分から 訴状提出


   訴状提出後、地裁門前で報告集会を行います。

多くの皆さんの参加をお願いします。

                                                                                                              2009.6.20

トップへ

 西南大でビラまき
「民放9条の会ふくおか」は5月26日、西南大の正門前でビラまき行いました。 この活動に8人が参加、10時から11時まで学生たちにビラ500枚を配りました。西南大では、4回目のビラまきでした。
 
 ビラの内容は、高校生の憲法意識調査にもふれて、『高校生の6割が「憲法9条を変えてはいけない」(日高教・日本高等学校教職員組合、調査)と考えています。紛争の解決に武力は無力であることを、イラク戦争などで悟ったのでしょう。高校生たちの思考は健全です。(2004年度の前回調査から、17ポイントの急増)』と訴えています。ビラの内容はこちらです。
                                                                                                                 2009.6.11
トップへ

 80回メーデーでビラまきをしました
 「第80回福岡県中央統一メーデー」が5月1日、福岡市の天神中央公園で開かれ、110団体から千人が参加しました。ことしは、大企業の派遣切り・期間工切りによる深刻な雇用破壊がすすむなかで迎えました。梅野実行委員長(県労連議長)が「大企業の社会的責任を追及し、これ以上の首切りを許さないたたかいを強めましょう」とあいさつ。「なくせ失業と貧困。大企業中心から国民本位の政治・経済に転換に向け連帯し、意気高く前進しよう」とのメーデー宣言を採択しました。参加者は、会場周辺の天神繁華街をデモ行進し、「雇用を守れ」「派遣切りをやめろ」と市民に訴えました。
 メーデー集会に先立って「民放9条の会ふくおか」は、9時から10時まで会場入り口でビラまきを行ないました。11人が参加、憲法9条と派遣労働を裏表にしたビラ850枚をまきました。
ビラの内容はこちら
                                                                                                                 2009.5.6

トップへ

 09憲法記念日のつどいの案内 
○ 音楽と講演
   <と  き> 5月3日(日) 13時30分~16時00分
   <と こ ろ> 都久志会館 福岡市中央区天神
   <参加費> 500円   主  催 九条の会・福岡県連絡会
    <内  容>   第一部 沖縄の音楽と踊り
              第二部 韓国ジャーナリストが語る日本国憲法9条
                  講師 金 承日氏(釜山日報社記者)
             第三部 各九条の会の紹介
 ひまわり一座憲法劇 
   <と  き> 4月29日(水) 13時開場
   <と こ ろ> 中央市民センター大ホール
   <内  容> 憲法講演と劇「海のジェノサイド」
                                                                                                                 2009.4.21

トップへ
 九大入学式でビラまきをしました
 会の活動として大学門前でのビラまきを取り組んでいますが、今回は4月7日に九州大学の入学式が行われた福岡国際センター前でビラまきをしました。九大入学式でのビラまきは3回目、「入学おめでとう!平和な未来を皆さんの手で!!」と題したビラを真新しいスーツ姿の新入生や同伴の両親に配布しました。サークルや業者のビラまきの人たちで混雑するなか、9条の会ののぼり旗を掲げてビラ800枚と県連絡会のチラシ600枚をセットで配りました。参加者は9人でした。
ビラの内容はこちら
                                                                                                                 2009.4.12

トップへ

 TNCプロジェクトの宮﨑さん、地裁提訴を決定
 3月15日、「テレ西40条の会」臨時総会が開催され、TNCの派遣法違反(直接雇用の申入れ義務不履行)とたたかうTNCプロジェクト労組の宮﨑幸二さんが、TNC、TNCプロジェクトを相手取り、「TNC社員の地位確認」「損害賠償」を求めて、福岡地裁に提訴することが決議されました。(総会報告はここをクリック
「40条の会」では、裁判闘争の財源を確保するため、次の「緊急カンパ」に取り組むことになりました。
ご協力よろしくお願いいたします。

 [カンパのお願い]  ・個人カンパ A ・・・1口 1万円
                          ・個人カンパ B・・・ 1口  千円
                          ・団体カンパ・・・・・ 1口 1万円
 [ ゆうちょ銀行振込口座]
                     ・口座記号 :01770=5= 
             ・口座番号 :50196(右詰め記入)
               ・加入者名 : テレ西40条(派遣法)の会
 [ご注意] 振込み用紙の「払込取扱票」は料金加入者負担(
赤色)をご使用下さい。                                                                                                                        2008.4.1
トップへ

 Tプロの宮﨑さん、地裁提訴へ 「テレ西40条(派遣法)の会」臨時総会
 昨年2月15日に福岡労働局に是正申告した「TNCの派遣法違反事件」が地裁で争われることになりました。宮﨑さんを7年間も派遣のまま働かせ続けたTNCの「直接雇用の申し入れ義務不履行の派遣法違反」に対し、福岡労働局がTNCへの指導・勧告の職責を放棄し、今日に至ったため、たたかいの舞台を司法の場に移すことになりました。裁判提訴に先立ち、「テレ西40条(派遣法)の会」は3月15日、臨時総会を開催し、宮﨑さん支援と今後のたたかいの方針を確認することにしています。
詳細は、「テレ西40条(派遣法)の会」会報、コチラ(PDF)をご覧ください。
                                                         2008.3.2
トップへ

 民放労連争議支援統一行動でTNCプロジェクト労組争議支援集会が開かれる

「テレ西40条(派遣法)の会」から10名参加

 TNCプロジェクト労組の宮﨑さんが、派遣先TNC(福岡のテレビ局・テレビ西日本)に直接雇用の申し込み義務履行を求め、福岡労働局に同社の「派遣法40条の5」違反を是正するよう申告してから9ヶ月が経ちました。厚生労働省・福岡労働局は依然として、TNCの派遣法違反を放置し何らの指導もしていません。

 奇しくも、民放労連統一行動日の11月20日は、宮﨑さんがTNCで派遣労働者として働きだしてから丸8年を迎える日でした。社員の代替として8年間も派遣労働者として低賃金で働かし続けたTNCの責任は重大です。

 この日のTNCプロジェクト労組支援集会(TNC玄関前で12時25分~45分、約30名参加)に、「テレ西40条(派遣法)の会」からは10名が参加しました。なお、集会に先だち行われたTNCプロジェクトの会社への要請行動にも40条の会から代表団が出席しました。集会では民放労連九州地連内のプロダクション3労組によるTNCへの申入れ書提出の報告があり、改めて民放労連に結集する仲間とともにたたかうことを決意した一日でした。(同プロダクション3労組の申入れ書は次のとおりです)

                                                                                                                 2008.11.30
トップへ

 第3回交流集会に900人余  「9条の会オフィシャル」サイトより

全国の「会」は7294

11月24日、第3回全国交流集会が開かれ全国の地域、分野の「会」から会場いっぱいの926名が参加しました。小森陽一事務局長は開会あいさつのなかで、この1年間に地域・分野の「会」は439増えて7294になったことを報告しました。

交流集会は午前の全体会を受けて、午後は10の分散会と青年・学生と職場の2つの分科会がもたれました。また、午前の全体会の後、呼びかけ人会議が開かれ、「九条の会からのよびかけ」が発せられました。 詳しくはコチラ9条の会ニュース

                                                                                                                 2008.11.27
トップへ

 九産大でビラまきを行いました
民放9条の会ふくおかは10月28日、福岡市東区の九州産業大学でビラまきを行いました。10時から1時間、「九産大の若者たちへ」と題したビラ300枚を配りました。この行動に10人が参加、学生たちに憲法9条を守りましょうと呼びかけました。 ビラの内容PDF
                                                                                                                 2008.11.6
トップへ

舛添厚生労働大臣は職責を果せ!
          ~福岡労働局前で抗議のビラまき~
 「テレ西40条(派遣法)の会」は9月26日、8時15分から9時まで、テレビ西日本の「労働者派遣法」違反のやり得を放置し続ける厚生労働省に抗議するため、福岡労働局(博多駅東、合同庁舎新館)前でビラまきを行いました(13名参加、500枚配布)。

申告者、宮﨑さんが派遣法40条の5に定める「派遣先・TNCへの直接雇用の申し入れ義務の履行」を求め、福岡労働局に派遣法違反の是正申告を行ったのは今年、2月15日でした。7ヶ月経った今も厚生労働省は何ら対応しようとしていません。ワーキングプア増大の温床となっている派遣労働の見直しが緊急の課題として社会的注目を集める今日、厚生労働省は違法派遣の実態を直視すべきです。告発者の思いを真剣に捉えるべきです。

 行政の弱腰は企業のモラル欠如を助長する結果となることは、最近の食の安全の危機的状況を見るときに明らかではないでしょうか。法に則り、舛添厚労大臣が職責を果すよう強く要求します。 
 ビラの内容はこちらです                                                                                                                                                                                                                                                                            2008.9.28
トップへ

 宮﨑さんの社員化を要求し、TNCで初の朝ビラ

「テレ西40条(派遣法)の会」は8月20日、9時から10時までTNC本社で、宮﨑さんの社員化を要求するビラまきを行いました。当事者・宮﨑さんはじめ会員13名の参加で、TNC放送会館内で働く人を中心に400枚を配布しました。 ビラの内容は次のとおりです→PDF                                                                                                                                                                                                                        2008.8.22
トップへ


 「テレ西40条の会」、舛添厚労大臣に要請文を送付

   テレ西40条(派遣法)の会は8月13日、「ますぞえ要一公式サイト」で舛添厚労大臣宛に次の要請文を送付しました。

福岡のテレビ局・テレビ西日本は、7年間も派遣で働いてきた宮﨑幸二さん(44才、第1級無線技術士)に対し、未だに、労働者派遣法第40条の5に定める「直接雇用の申し込み義務」を果していません。今年2月15日、宮﨑さんは「テレビ西日本への社員化」を求めて福岡労働局に、派遣法違反で是正申告を行ないました。
  同労働局では5月14日、「本省協議」の手続きがとられましたが、本省からの返事はなく、申告後半年となる今も放置されたままです。 
  今年2月8日の衆院予算委員会で福田首相と舛添大臣は、派遣労働の原則「臨時的・一時的業務への限定、常用雇用への代替禁止」を再確認されました。
  テレビ西日本では長年、この派遣労働の原則・精神が踏み躙られ、派遣法違反が繰り返され、派遣労働者による常用雇用への代替が行われてきました。本件申告時には全従業員370名中、正社員は155名と半数にも満たない状況となってしまいました。
  社会的な不正、法違反を告発し、視聴者に対し法令順守を広める社会的責任を負う民放企業内部での法違反は、一刻も早く是正されるべきです。
  私たちは、舛添大臣がテレビ西日本の本件派遣法違反に対し、派遣法第48、49条に基づき指導、助言及び勧告等の厳正な対応をされ、職責を果されるよう強く要請します。

                                         「宮﨑さんを支援し、国・企業に派遣法40条の5を守らせる」
                                                                                                               テレ西40条(派遣法)の会 

                                                                                                                 2008.8.13
トップへ


 イラク帰還米兵 アッシュ君と語る平和の集い

 アッシュ・ウールソン君(26歳)はウィスコンシン大学卒業。在学中、学資返済のため州兵となり、2003年イラクに派兵。帰国後「反戦帰還兵の会」に参加。ワシントン州在住。「9条世界会議」へ向けて広島~千葉の平和行進を2ヶ月半かけ、貧困と戦争の廃絶を訴えながら歩き通しました。
 今イラクで何が起こっているか。アッシュ君が貧困と戦争、平和のことについて熱く語ります。
<日  時> 8月10日(日) 14時00分~16時30分
<場  所> あいれふ 9階大研修室(中央区舞鶴2-5-1)
<主  催> アッシュ君と語る実行委員会(「民放9条の会ふくおか」も実行委員会に参加)  
<参加費> 300円
                                                                                                                 2008.7.25
トップへ

 「平和のための戦争展ふくおか」開催の案内

<日時> 7月29日(火)~8月3日(日) 連日10時~20時 最終日は17時まで
<会場> アクロス福岡
<内容> ◎パネル展示 特別展示「沙飛がとらえた日中戦争」「広島・長崎」への原爆投下ほか
       ◎市民交流ひろば 沖縄・平和の作品をビデオ上映、 市民参加コーナー
       ◎セミナー室(8月2日) 
         ・13時~紙芝居「あの日のこと そして憲法9条」 被爆者/漫画家 西山 進さん
         ・14時~「憲法9条を世界にひろげよう」 福岡大学名誉教授 石村 善治さん
         ・16時~反核医師の会 記念講演 九州大学大学院准教授 直野 章子さん
       ◎円形ホール(7月31日)
         ・11時~アニメ映画「ガラスのうさぎ」上映 入場料500円
         ・18時~合唱構成「ぞうれっしゃがやってきた」
                                                                                                                 2008.7.25
トップへ

 福大で3回目のビラまきを行いました

7月1日福岡大学正門前で、福大の若者たちに「学園に9条守れの声を、9条守れの会を拡げよう」と呼びかけたビラと恒久派兵法の危険性を訴えた県連絡会のチラシをセットで配りました。9時45分ごろ行動を開始すると、いつものとおり学校の職員が4、5人出てきて、会の行動を監視していました。ビラの受け取りは決して良くありませんが、それでも1時間余で300枚を配布しました。9人が参加、梅雨の中休みで天気に恵まれたビラまきでした。大学でのビラまきは通算10回目、福大では3回目の宣伝行動となりました。
ビラの内容PDF
                                                                                                                 2008.7.3
トップへ

舛添厚労大臣は、派遣法違反のテレビ西日本を直ちに指導せよ

          ~福岡労働局でビラまき~

5/31に発足した「テレ西40条(派遣法)の会」は、最初のとりくみとして、6/24(火)8時10分から福岡労働局前(福岡合同庁舎新館)でビラまきを行いました。連日の雨も止み、出来立てのノボリ旗を掲げ、15名の会員の参加で用意した500枚のビラを登庁時間の9時にはまき終えました。

このビラまきは、2/15に福岡労働局に申告した「宮﨑さん事件」(派遣社員として7年間働く申告者・宮﨑さんに対し、派遣先TNC・テレビ西日本が、派遣法40条の5に定める直接雇用の申し込み義務を履行していない事件)に対し、同労働局では5/14に「本省協議」の手続きがとられましたが、現在まで本省からの返答がないため、担当大臣に指導を要求するために行われたものです。
 ビラの内容は次のとおりです。

                                                                                                                                            2008.6.26
×××××××× ×××××××× ×××××××× ××××××××× ××××××××××××××××× ××××××××××××××××× ×
   
   厚生労働省は、派遣法違反のテレビ西日本を直ちに指導せよ

    
  TNCと労働局は派遣法を守れ

 福岡のテレビ局・TNCは、7年間も同社の派遣社員として働いてきた宮﨑さん(第1級無線技術士)へ、未だに、労働者派遣法40条の5に定める「直接雇用の申し込み義務」を果していません。去る2月15日、宮﨑さんは「TNCへの社員化」を求めて福岡労働局に指導の申告を行ないました。同労働局は5月14日、「本省協議」にしていると言って未だ指導をしていません。

  貧困化、格差拡大の原因は派遣労働である

 今日、年収200万円以下のワーキングプアといわれる労働者が1000万人を超え、その大きな要因が全国で324万人と増大した派遣労働者にあります。派遣労働による差別雇用・低賃金・生活不安・無権利状態は若者の将来展望をも奪い去り、昨今の社会不安を引き起こす要因となっています。1986年に労働者派遣法が施行され、99年に派遣労働の原則自由化がなされ、2000年には製造業への解禁と、度重なる規制緩和による派遣労働者の拡大は、企業の利潤拡大を生む一方で、労働者にとっては「人間の使い捨て」でしかありません。政治がつくりだした労働者の生活破壊です。派遣労働の抜本的見直し、差別雇用の撤廃が緊急の課題となっています。

 20年間、「中職審」の付帯条件を無視し続ける厚労省と民放企業

 申告者の宮﨑さんが従事する「放送機器操作」の業務は無条件で政令指定業務となったものではなく、派遣法施行直後に次の中職審付帯条件がつけられています。

 放送業務に係る派遣先の常用雇用労働者の代替を不当に促進することのないよう職業安定機関による指導等の重点対象とし、定期的に調査を実施する等により派遣労働者の就業状況等について実態把握に努め、問題があれば必要な指導(注)をおこなうとともに、法の精神に沿った適正な派遣就業が行われるよう業界自身による自主的、主体的な協議、指導の体制を整備させる。
(注)「特段の合理的理由なく漫然と労働者派遣契約の更新によって特定の派遣元からの派遣労働者を恒常的に受け入れているような場合は、派遣先の社員による業務処理にむけての体制作りを検討させる等の指導を行う」

 TNCと厚労省は派遣法40条の5に違反するだけでなく、この「必要な指導の例示」にも該当する「専ら派遣」を放置しています。

舛添厚労大臣は責任ある対応を直ちに行え

 2月8日の衆院予算委員会では、福田首相、舛添大臣は派遣労働の原則「一時的・臨時的業務への限定、常用雇用への代替禁止」を再確認しました。この政府見解は、20年に亘り指導をサボタージュし、業界の横暴を放置してきた厚労省が如何にコンプライアンスを実行していないかを示すものです。私たちは、厚労大臣が実効ある指導を行い、政治的職責を果たすよう要求します。 

「TNCに社員化を要求してたたかう」宮﨑さんを                                                        2008年6月
 支援し、 国、企業に派遣法40条の5を守らせる 
テレ西40条(派遣法)の会 連絡先092-512-7811

ビラの原物PDF
                                                                          トップへ

 第6回「九条の会憲法セミナー」開催と参加者募集について
9条の会が、「憲法セミナー」の参加者を募集しています。
  ◇テーマ 人間らしく生きる  憲法9条と25条
  ◇日時 7月12日(土) 13時30分
  ◇会場 宮﨑市民文化ホール
  ◇お話 大江健三郎(九条の会よびかけ人、作家)/暉峻淑子(埼玉大学名誉教授)/
        湯浅誠(「自立生活サポートセンター・もやい」事務局長)
  ◎申し込み FAXかメール(mail@9jounokai.jp)または電話で「九条の会」事務局へ申し込み、
         整理券をお求め下さい。事務局 FAX 03-3221-5076  電話03-3221-5075
  ◇参加費 1000円(学生500円)
     当日、受付で参加券を示してお支払いください。
                                                                                                                 2008.6.19
トップへ

TNCプロジェクト・宮﨑幸二さんを支援する
  「テレ西40条(派遣法)の会」、発足
 5月31日、福岡第一法律事務所3階会議室で「テレ西40条(派遣法)の会」の結成総会が行なわれました。
 この会は、派遣先・TNCが労働者派遣法第40条の5を守り、直接雇用(社員化)するよう求めて、福岡労働局に指導を申告してたたかうTNCプロジェクト・宮﨑幸二さんを支援し、併せて、国・資本に派遣法40条の5を守らせることを目的として結成されたものです。

参加者は在福民放のOBを中心に、民放労連九州地連、在福民放労組からの現役7名の参加があり、総勢27名と会場はほぼ満席となり、予定の2時間を30分押す熱気ある中での結成総会でした。

総会に先だっての学習会では、事務局の経過報告・当事者紹介後、代理人の井下弁護士の記念講演がありました。先生からは、「労働者派遣法制定の歴史、構造改革という名の日本株式会社の総額人件費削減計画、非正規雇用の拡大が職場にもたらしたもの」、と今日の過労死とワーキングプアを生む背景についての体系的な話がありました。続いて「TNC宮﨑事件の意義、労働組合に期待したいこと」として、この事件は地域における労働行政を変えるたたかいである。差別雇用により分断された職場での団結を取り戻すたたかいでもあると、民放労働運動への期待を述べられ結びとされました。

5月14には福岡労働局は「本省協議」を正式に決定しました。予断を許さぬ厳しいたたかいに変わりはありませんが、この第一歩の前進に確信をもち運動面での強化をはかるための励ましをうける講演でした。

続く総会は、山川氏を議長に選出し、来賓挨拶のJCJ(日本ジャーナリスト協会)福岡支部長の白垣氏から「草の根の9条の会の広まりにみられるよう、情勢は変ってきた。個人のたたかいの連携が世の中を動かすところまできている。宮﨑さんの勇気ある告発を皆で支えたい」と力強い激励をうけました。続いて、総会に寄せられた2通の激励メッセージ(朝放送OB・綱本氏、名古屋放送OB・櫛田氏)が紹介され、次に事務局(井上)から結成にいたる経過報告後、「会則・活動方針・世話人体制」の提案をうけ、討論し決定しました。
 
 最後に別掲の総会アピールを採択し、代表世話人の一人に選任された隈氏の「このたたかいは、マスコミのあり方、日本の民主主義の根幹に関わる問題である。差別雇用、ワーキングプアといわれる人たちを放置したままでは、日本の未来はない。これらの背景を正しく見据えて確信を持って前進しよう」との閉会挨拶で会を終えました。
   総会アピールClick                                                                                                                                                                                                     2008.6.2

トップへ


 西南大の門前でビラ500枚配布
5月27日、西南大でビラまき行いました。 この行動に7人が参加して、「民放9条の会ふくおか」ののぼり旗を掲げ、学生や通行人にビラ500枚を配りました。大学での宣伝は、今度で9回目、西南大は3回目の宣伝行動です。ビラの内容はこちらです。
                                                                                                                 2008.5.28

 9条世界会議開催 3日間で2万2千人が参加
 4日から6日まで、「9条世界会議」が千葉・幕張メッセで開かれました。全体会や分科会、各団体の自主企画など多彩な催しが行われ、3日間で2万2千人が参加。海外から31カ国150人が参加しました。
 マスコミも、会議の模様を報道しましたが、ここでは次の記事を紹介しますので、一度アクセスしてみて下さい。
9条に世界からエール 初の世界会議に2万人(朝日新聞) - goo ニュース 
5月9日03:01
「9条世界会議」開幕 市民続々、約3千人会場に入れず(朝日新聞) - goo ニュース
5月4日19:13
9条世界会議:千葉で開幕 1万人が「不戦の精神」考える - 毎日jp(毎日新聞)  
5月4日20:20
平和憲法を考える世界会議 「9条は希望」と評価(共同通信) - goo ニュース 
5月4日20:07
                                                                                                                 2008.5.10
トップへ

 「テレ西40条(派遣法)の会」結成総会のご案内
 TNCが労働者派遣法第40条の5を守り、直接雇用するよう求めて福岡労働局に指導を申告してたたかう派遣労働者・宮﨑幸二さん(44歳)を支援するため、下記のとおり支援する会の結成総会が開催されます。結成準備会では、支援する会への加入と結成総会への参加を呼びかけています。

     TNCプロジェクトの宮﨑さんを支援する
        
 「テレ西40条(派遣法)の会」結成総会開催
       
       日   時  5月31日(土)15時~17時
       場   所  福岡第一法律事務所 3階会議室
                 福岡市中央区大名2-10-29 ようきビル
       記念講演  井下 顕 弁護士
                                                                                                                 2008.5.5

 メーデー会場でビラまきを行う
 第79回福岡県統一メーデーが5月1日、福岡市の冷泉公園で開かれました。「なくせ貧困と格差」「ストップ改憲」「許すな増税」のスローガンのもとに110団体、1300人が結集しました。
「民放9条の会ふくおか」は、メーデー会場ではじめて宣伝行動を行い、「九条の会の環を拡げよう!地域へ、職場へ」と「派遣労働者のたたかいにご支援を!派遣法40条の5を国、資本に守らせよう」のビラを会場入り口で配布しました。会から7人が参加、ビラ800枚をまきました。集会には、九州民放OB会から20人、民放の労働組合からも多数参加し、「皆さん、頑張っている
!」と励ましの声をかけられました。
 集会後、参加者は、「平和憲法を守ろう」の横断幕を掲げたデモ隊を先頭に、明治通りをデモ行進し、市民に訴えました。
                                                                                                                 2008.5.2
トップへ

 08憲法記念日のつどいの案内 案内のチラシ
○ 戦争体験と憲法九条
   と  き 5月3日(土) 17時30分~20時00分。、
   と こ ろ 都久志会館 福岡市中央区天神
   参加費 500円
   主  催 九条の会・福岡県連絡会
       第一部 合唱構成 「ぞうれっしゃがやってきた」
       第二部 「戦争体験と憲法」を語る
           村石 正子さん、大久保 逸雄さん、西山 進さん、福田 光子さん
      第三部 各九条の会の紹介

 憲法劇 ネットカフェの妖精
   と  き 5月3日(土) 13時開場
   と こ ろ 福岡市少年科学文化会館
   入場料 前売1,000円、当日1,200円
   主  催 「憲法劇団 ひまわり一座」
      第一部 憲法講演、講師 石川 捷治氏(元九大教授)  13:30~14:00
      第二部 憲法劇  14:00~16:00
                                                                                                                 2008.4.21

 第2回定期総会で
 「民放9条の会ふくおか」に名称変更しました
 結成1周年を迎えたテレ西9条の会は4月12日、市内アミカスで第2回定期総会をひらきました。総会には15人が参加し、2007年度の活動報告および2008年度の方針などについて討論しました。
 来賓として、TNC労組の宮﨑委員長、九州民放OB会の馬詰代表世話人、JCJ福岡支部の白垣支部長があいさつをしました。
 総会では、「テレ西9条の会」の名称を、「民放9条の会・ふくおか」に変更することを決めました。
この1年間、テレ西9条の会の名で9条を守る活動をしてきましたが、もっと多くの参加と広がりを獲得するため、門戸を大きく拡げ、友人や仲間の多くの協力を得るには、テレ西9条の会の呼称に拘るべきでない。今後は在福の民放OB、現役、家族など参加の運動の中核となり、飛躍しようとの新しい一歩を踏み出す決意をこめて、名称を「民放9条の会・ふくおか」とすることにしました。
 最後に、TNCに直接雇用を求めた派遣社員の宮﨑幸二さん(TNCプロジェクト)のたたかいについて、「民放9条の会・ふくおか」は、民放に働く多くの非正規社員の雇用の安定と賃金・労働条件の向上のために立ち上がった宮﨑さんを励まし、支援する決議を行いました。決議文はこちらへ
 総会には、民放労連九州地連、KBC労組、東海放送人9条の会から激励と連帯のメッセージが寄せられました。
                                                                                                                 2008.4.16

トップへ
 九大入学式で宣伝行動
 テレ西9条の会は4月8日、福岡国際センターで行われた九州大学の入学式で、「18歳の君たちへ」と題したビラを配布しました。九大入学式での宣伝行動は昨年に続いて2度目、参加者8人で用意したビラ1,000枚を配り終えました。
「昨年よりビラの受け取りがよかった」と、宣伝参加者は手応えを感じていました。
ビラの内容はこちら
                                                                                                                 2008.4.11

 「テレ西9条の会」第2回定期総会開催のお知らせ

テレ西9条の会は、結成1周年にあたり下記のとおり定期総会を開催します。
      日  時/4月12日(土)16時~17時
      会  場/アミカス(研修室B)
          福岡市南区高宮3-3-1(西鉄高宮駅前) 電話092-526-3755
      総会終了後、17時30分から懇親会を行います。
                                                                                                                 2008.3.20

 九条の会が全国講演会 小田 実さんの志受けつぐ
08/03/09 毎日新聞
九条の会:講演会に2300人、小田実さんしのぶ--渋谷 /東京
 「平和憲法を守るという一点で手をつなごう」と設立された「九条の会」の呼びかけ人で、昨年7月に75歳で亡くなった作家の小田実さんを追悼する同会主催の講演会が8日、渋谷区のホールで開かれ、約2300人が参加した。同じ呼びかけ人で評論家の加藤周一さん、作家の大江健三郎さん、井上ひさしさん、澤地久枝さん、哲学者の鶴見俊輔さんらが故人の足跡をたどり、憲法への思いを語った。
 小田さんはベトナム反戦などの平和運動をはじめ、自らも被災した阪神大震災では生活再建支援の市民立法運動に取り組んだ。
 「戦争を止めることはできなくても犠牲者を助けることはできると考えて行動した。それが小田さんの『べ平連』の運動だった」と加藤さんは言い、「弱い者を救出することに力を注いだ」と振り返った。井上さんは「小田さんの本がある限り、私たちの中では亡くなっていない」と言葉に力を込めた。
 この日は小田さんの妻の玄順恵(ヒョンスンヒェ)さんも姿を見せた。「小さな人間が力を持ち得ること。平等。戦争と平和。彼の中にはこの三つの柱があった」と述べ、「一人でこつこつとやってこられたのは九条の会のみなさんの熱い支援があったからだと思う」と話した。最後に登壇した澤地さんは「小さな市民が動かなければ政治は動かない」と呼びかけた。【明珍美紀】
 トップへ 

 宮﨑さんの「TNCへの直接雇用要求」のたたかいを支援する

2008年2月15日、TNCプロジェクト所属の派遣労働者・宮﨑幸二さんが、「派遣先・TNCへの直接雇用」を求め、福岡労働局に指導の申告をしました。
 2月26日の世話人会では、テレ西九条の会の発会宣言の中にある、「核や、公薬害やリストラ等々で、根茎のごとく人々の各層に連なっている人間の命を守たたかい。これらに苦闘している人々と手をとりあう」の主旨に基づき、宮﨑さんのたたかいを支援することを決定しました。~転載の毎日新聞記事を参照して下さい~
 
                                                                                                                2008.3.3

*****************************************

TNC:「直接雇用の指導を」派遣社員、労働局に申し入れ

 テレビ西日本(TNC、福岡市)で7年以上、TNC子会社からの派遣社員として、番組の送信業務などに従事している宮﨑幸二さん(43)が15日、福岡労働局に対し、TNCに直接雇用を指導するよう申し入れた。

 04年3月の労働者派遣法改正で、同じ派遣労働者が3年以上働いている業務で、派遣先企業が新規雇用をする場合は、その派遣労働者に直接雇用を申し込むことが義務づけられている。申し入れによると、TNCは宮﨑さんを00年11月から派遣社員として受け入れる一方、複数の正社員を採用。宮﨑さんは昨年8月に正社員として雇用するよう求めたが、応じなかったという。

 宮﨑さんは「正社員と同じ仕事をしているが、単年度契約で待遇に格差がある。非正規雇用労働者が多い業界の現状を変えるきっかけにしたい」と話す。

 これに対しTNCは「要員計画に基づき新卒者を採用しただけ。宮﨑さんと同じ業務に就かせるために採用したわけではないので、宮﨑さんを直接雇用する義務はない」としている。【柳原美砂子】

(毎日JP)毎日新聞 2008年2月16日 西部朝刊          
 トップへ